上田綾乃の生い立ち~大和市7歳次男殺害事件の実家での異様な行動

この記事は5分で読めます

上田綾乃アイキャッチ

2月22日、神奈川県大和市の自宅において、3年前に次男(当時7)を殺害した疑いで、42歳の母親上田綾乃容疑者が逮捕されました。

上田容疑者は逮捕容疑を否認していますが、その後の捜査で容疑者の子供4人がなくなっていることや、彼女の病気、実家でのおかしな行動などが話題になっています。

上田綾乃の生い立ち、7歳二男殺害事件と実家での異様な行動についてお伝えします。

Sponsored Link

上田綾乃の大和市7歳次男殺害事件

次男殺害
2月20日に神奈川県大和市に住む上田綾乃容疑者(42)が次男殺人の容疑で逮捕されました。

上田容疑者は2019年8月、自宅で当時小学1年生だった次男の雄大君(7)の口や鼻をふさいで窒息死させたといわれています。

「何もしていない」と否認を続ける綾乃容疑者を、神奈川県警は約2年半の月日をかけて慎重に捜査してきました。

その後捜査関係者によって雄大くんの死因が低酸素脳症で、後頭部には仰向けの状態などで強い力で、圧迫されたときにできる「皮下出血」があったことがわかりました。

雄大くんの兄弟は他にも3人いますが、長男と長女は20年ほど前、弟は5年前の全員が亡くなっています。

綾乃容疑者については、故意に自分の子に苦しみを与えて周囲の関心を集めることで、自分の心の安定を得る「代理ミュンヒハウゼン症候群」だった可能性が浮上しており、これまでの子供たちの死亡と今回の事件の関連についても捜査が待たれます。

上田綾乃の子供全員殺害容疑は病気?

上田綾乃容疑者が自身の子供4人を次々殺害するという異常な事態に、彼女は病気ではないかという声があがっていました。

事件後、強固な殺意の疑惑がかかる綾乃容疑者には、故意に我が子に苦しみを与えて関心を集め、自分の心の安定を得る「代理ミュンヒハウゼン症候群」の可能性が指摘されています。

第一子の出産後、すでに何度も救急車を呼ぶという行為がなされており、周囲の視線を集めようとする代理ミュンヒハウゼン症候群の症状と一致するといいます。

綾乃容疑者は、大和市役所に当初から「代理ミュンヒハウゼン症候群」の可能性があるとして、役所からもマークされていたそうとか。

ミュンヒハウゼンはウソの冒険談を語り歩き、「ほら吹き男爵」と呼ばれた18世紀のドイツの軍人の名前で、病名の由来とされており、

日本小児科学会の資料によると、「代理ミュンヒハウゼン症候群は、子どもに病気を作り、面倒をみることにより自らの心の安定をはかる、虐待の特殊型で母親に多く見られる」ケースだという。

医師に虚偽の病状を申告したり、自らの血液を子供の血液と混ぜることで誤診断を誘導するケースから、実際に子供に危害を加えるケースまであり、綾乃容疑者が雄大くんを窒息死させていた場合、その症例の最も危険な部類になる。(文春オンライン:引用)

雄大君だけでなく、これまでの3子についても精神病の綾乃容疑者による虐待死という可能性が浮上し、奇怪で不可解な事件の解明が急がれています。

上田綾乃の生い立ち~両親の死

上田綾乃は両親と弟2人の5人家族で、神奈川県横浜市の住宅街で生まれ育ったといいます。

上田綾乃は市内の商業高校に進みますが、その頃勤め先で父親が倒れ急死するという不幸に出会います。

その上、立て続けに父の死から2年後、母親をがんで亡くしています。

上田綾乃は頼れる大人も周りにおらず、その後は弟2人と子供たちだけの、ひっそりした暮らしていたようです。

“綾乃ちゃんの祖母が玄関口で財布を取り出し、綾乃ちゃんにそっと現金を渡す姿を見たこともありました。子供だけでどうやって暮らしているのか、心配はしましたよ。”(綾乃容疑者の同級生の親)(ヤフーニュース:引用)
 

「綾乃はおとなしい子でしたね。会うのは年に1度、正月だけ。両親と2人の弟と揃って、一家でお年玉をもらいにやってくるんです。ただ、『サザエさん』のように親族が一堂に会し、一家団欒の時を過ごすわけではありません。3分ぐらい玄関先で会い、祖父は『新年も頑張れ』と一言話すだけで、お年玉を渡したらお終い。頼れる大人は、両親の他にいなかったのではないでしょうか」(綾乃容疑者の従兄)(文春オンライン:引用)

従兄によると、自宅の1kmほど先には、綾乃容疑者の祖父母と従兄らが住む「本家」があるが、「分家」である綾乃一家とは絶縁状態だったといいます。

目と鼻の先に身内が居ながらも、両親が健在の間に何かしら問題があったのでしょう、だとしても当時の綾乃の高校生と言う若すぎる年齢で両親を亡くした喪失感や、その後の生活は、想像を絶する孤独な生活だったのかもしれません。

思春期真っ只中の高校生の少女にしては、両親との別れで綾乃は本当に孤独な日々を過ごしたといえるでしょう。

Sponsored Link

上田綾乃の生い立ち~ヤングケアラーだった?

上田綾乃は父親を亡くした後、病気の母親の世話と弟たちの面倒を一人でみる状態が続き、ヤングケアラーだったといわれています。

彼女が中学生時に母親が既に乳がんを患っていたそうで、綾乃は高校も中退して、自宅で介護をしていたといいます。

弟もまだ幼く彼らの面倒をみる生活が続いていました。

それでも上田綾乃は結婚を機に実家での新生活をスタートさせることができました。

上田綾乃を知る人は「やせ形で若い、おとなしい旦那さんでした。綾乃ちゃんが妊婦のときに『体を冷やさないようにね』って話したら、『そうですね。ありがとうございます』って、その時は幸せそうに見えました。  近所付き合いはあまりなく、ほとんど出歩くことのないご夫婦でしたが、旦那さんが生まれたばかりの長男を抱っこしている姿を一度見掛けて。端整な顔ですごくかわいい子でした」だが、幸せな生活も長くは続かなかった。前述のように、結婚して授かった長男を02年に、長女を03年に立て続けに亡くしたのだ。(文春オンライン:引用)

幸せと無縁の孤独で寂しいヤングケアラーの過去が、上田綾乃の中に消えることなく、せっかくの幸せを守り切れない彼女の姿が哀れにも感じられます。

上田綾乃の婚姻歴

次男殺害事件を経て4人の子供が、いたことがわかった上田綾乃ですが、その婚姻歴に注目が集まっています。

捜査関係者によると次男の雄大くんと三男は、綾乃と現在の内縁の夫との間の子だったといわれています。

そして上田綾乃は、その前にも別の男性と結婚しており、その男性とも2人の男女の子供を授かっていたというからびっくりですね。

2人の男性から4人の子を授かりながらも、愛情を傾けることができなかったのはなぜか、子供たちの死因にも疑問が出てきています。

前夫との間でできた長男はミルク誤飲による心肺停止長女は乳幼児突然死症候群とされていますが、いずれも綾乃容疑者が手をかけた可能性がでてきており、思わぬ方向に事件が向かいつつあるようです。

乳児の突然死や、不慮の事故など、乳飲み子が育つ段階では、様々な弊害もあるかと思いますが、さすがに4人もの我が子を亡くすと言うのにはどの理由にも無理がある気がします。

上田綾乃の実家での異様な行動

捜査が進むにつれて、上田綾乃の実家での異様な行動も話題になっており、次男殺害事件との関わりが注目されています。

近隣住民の声では

“今思えばおかしなこともあったんです。飼っていた犬やウサギ、ハムスターが亡くなったあと、『実家の庭に埋めた』と言っていて。今回の事件を知った今思うと、犬を庭に埋めていたこともなんだか怖いなと思いました。あとは子供を亡くした後も平然としていて、悲しんでいる様子はなかった。なぜだかあのときの表情が忘れられないです」(文春オンライン:引用) ”

動物の死にも、また幼い子供の突然の死にも動じることない、上田綾乃の態度には疑いを皆が感じていたと思われます。

第一子出産後も、救急車を何度も呼んだり、生まれてくる子がみな乳幼児期で亡くなるなどで、周囲の目が注がれることに心の安らぎを得ていたといわれ、かわいそうにという周囲からの目がその生い立ちに不可欠であったといえそうです。

大人しく他人とのコミュニケーションも上手く取れなかったかもしれない綾乃は、この辺りから心の叫びとしてSOSを出していたのかもしれません。とはいえ自らお腹を痛めてこの世に誕生した我が子を殺めると言う事実は、やはり尋常ならない病気の可能性が高いのではと思えて仕方ありません。

周囲の大人が、もっと綾乃を気遣ってあげられたら、何かは変わっていたのでしょうか。

本人が訳の分からないまま「ミュンヒハウゼン症候群」の病に侵されて、本当に何も覚えていないとしたら、何と恐ろしい病に取り付かれていたのでしょう。

幼い4人もの子供達のご冥福を祈りつつ、今後も孤独が災いして、このような病が原因で我が子を殺害するなどの事件が起こらないような自治体での対策も必要なのだと改めて願うばかりです。

Sponsored Link

おわりに

大和市7歳次男殺害事件で逮捕された上田綾乃の生い立ちをみると、両親を早くに亡くし、弟らを一人で面倒をみるヤングケアラーだったことがわかります。2人の男性との婚姻歴があり4人の子供がいましたが、乳幼児期に死亡しており、これらについても殺害の疑惑が持ちあがっています。上田綾乃は我が子に苦しみを与え心の安定を得る「ミュンヒハウゼン症候群」といわれており、精神病の可能性が高いわけですが、4人の子供らがそのために亡くなってしまったのは本当に残念で、彼女の生い立ちの深い影響を恨まずにはいられません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 星島貴徳アイキャッチ
  2. 桂田精一子供
  3. 林真寿美アイキャッチ
  4. 嘉本悟アイキャッチ
  5. 小林誠アイキャッチ
  6. 本郷功太郎アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。