橋本志穂の栃木県母親殺害遺棄の生い立ち~母親成り済まし逃亡の果て

この記事は5分で読めます

橋本志保アイキャッチ

栃木県の自宅アパートで母親の遺体を遺棄し、母親啓子さんのパスポートを使って出国しようとしたとして逮捕された自称イラストレーター橋本志穂容疑者(28)。

橋本志穂は事件後に母親のパスポートでイギリス逃亡を図り、強制送還されましたが、母親に成り済ました逃亡劇が世間を驚かせました。

橋本志穂容疑者の生い立ち、イギリス逃亡の訳や母親の評判などについてお伝えします。

Sponsored Link

橋本志穂の栃木県上村町母親殺害遺棄

3月10日に上三川町の県営住宅の一室から50代の女性の遺体が見つかった事件で、栃木県警は26日、死体遺棄の疑いで逮捕した女性の娘の身柄を宇都宮地方検察庁に送りました。

死体遺棄の疑いで検察に身柄を送られたのは、上三川町天神町の自称イラストレーター橋本志穂容疑者(28)で、 橋本容疑者は2月中旬から3月10日ごろまでの間、母親の啓子さん(54)の遺体を自宅のベランダに放置した疑いが持たれています。

警察は橋本容疑者の認否を明らかにしていません。 警察によると、遺体には頭部や顔など刃物によるとみられる傷が数十か所あり、室内には血の跡のようなものが残されていたということです。

3月8日、母親の勤務先関係者から栃木県警に「啓子さんが2月中旬ごろから無断欠勤していて、連絡が取れない」との相談が寄せられ、その2日後、警察官が自宅を訪れたところ、ベランダで、何かにくるまれた啓子さんの遺体を発見。

啓子さんは、頬のあたりが刃物で何度も切りつけられ、顔が判別できないほどだったといいます。

栃木県警は、死体遺棄事件として捜査に乗り出しましたが、すでに橋本容疑者は、母親のパスポートを使ってイギリスに出国し強制送還され、3月に千葉県警に旅券法違反の疑いで逮捕されていました。

橋本志穂の母親成り済ましイギリス逃亡の訳

橋本志穂の亡くなった母親に成り済ましてのイギリス逃亡に注目が集まっています。

FNNが入手した情報によると、橋本容疑者は2月25日、イギリスに出国しようと成田空港へ。

ここで啓子さんのパスポートを使って母親になりすまし、無人の審査ゲートに向かいましたが通過できませんでした。すると同様の手口で、今度は有人の審査ゲートへ。 ここを通過し、イギリスに出国したのです。

ところが、イギリスの入国審査で、虚偽が発覚し、3月1日、強制送還され逮捕されました。 その後の調べで、母親の啓子さんの遺体を遺棄した疑いが強まり、再逮捕されています。

自分のパスポートがなくて、母親のものを使ったのか、国内を出てイギリスで不正が発覚する事態に、空港のチェックへの不信まで噂が多く飛び交っています。

ネット上では、橋本志穂が母親の殺害事件に関与しており逃亡を図ったとか、あるいは彼女は何かのスパイだったのかもなど、その動きに憶測が絶えません。

橋本志穂は取り調べには応じるものの、一貫性のない供述をしているといいます。

母親のパスポートを使ってなぜイギリスへ向かったのか、母親の死亡に関与しているのかなど不明な点が多い事件で目が離せません。

橋本志穂の生い立ち~

橋本志穂は、栃木県上三川町天神町にある県営住宅で、母親との2人暮らしであったといわれているようです。

橋本志穂容疑者に関してはネット上で旦那や兄弟などの家族構成も噂が出ていますが、詳しい家族の情報はまだ正式に出てきていません。

FNNプライムオンラインの記事によると、橋本志穂の小学校、中学校の学生時代は地味だったことが分かります。
「目立たないタイプで、メガネかけてる感じだよねみたいな」(小中学校の知人)

外見も比較的地味だったようで、学生時代の知人によると「絵を描くのが好きだった」ということも伝わっています。

もの静かで友人も少なかったようで、橋本志穂が事件に関与しているとは誰も思わなかったようです。

追記

橋本志穂の母親啓子さんは20歳前後で最初の結婚をして、容疑者志穂が幼少期の時、5歳年上の長男の2人を連れて夫と離婚後シングルマザーとして生活します。

その後、啓子さんは生活の為にも女だてらにトラックの運転手として勤務、ただその先で同僚として知り合った当時30代後半の地元の大地主の跡取り息子だったと言われる男性(初婚)と再婚をします。

2人の結婚には、地元大地主だった男性の家族に子連れのバツ1だった為か結構な反対にあうも、2人は周囲の反対を押し切り街の食堂を課しきって盛大な結婚式まで挙げたのだそうです。

程なくして容疑者志穂の3歳年下に弟が誕生します。が同時に母啓子はまたも離婚することに。

大地主の2度目の夫の元に誕生した末っ子のみを置いて、母啓子は連れ子だった志穂とその兄を連れて家を出たそうです。

こうした結婚離婚を繰り返し、幼いとはいえ、物心付いていただろう志穂と、実弟との別れなど影響したのでしょう。学校での彼女の存在感はまるでゼロ。彼女を覚えていない人が多いほどだったそうです。

そうした2度目に離婚後、一家は県営住宅に引っ越し事件後まで、そこを終の棲家としていたようですが、そうした母親の影響を大きく受ける家庭環境に暗い陰を落としているのではないでしょうか。

学校での彼女の存在は家庭の事は、、ほとんど離さない存在感の無い子共だったとか。そして県営住宅では月に1度の草むしりが決定事項であったようですが、橋本家率いる母親啓子らは20年来住む県営住宅で、ただの1度も、その草むしりに参加した事は無かったそうです。

離婚後シングルマザーとなった母啓子さんは、長男と長女(容疑者)を育てる為、必死で働きその成長を見守っていたように見えた、と言われています。

Sponsored Link

橋本志穂の変貌の理由

橋本志穂は、物静かで地味なタイプだったのですが、彼女の画像などでは明るい笑顔で、イベントを楽しむ姿などがあがっており、その変貌ぶりに話題が集まっています。

2度目の養父との離婚後、晴れてシングルマザーとなった母親の元育った容疑者ですが、その印象を同級生が語っています。

「確か20数年前に小学校低学年で引っ越してきたと思います、漫画のキャラクターの絵をノートに書いていて、ほとんど外で遊んでいる姿を見た事がありません。自宅にこもって良く漫画を読んでいたみたい。眼鏡をかけて大人しい子なんだけど、かと言って勉強も得意じゃなかった。宿題もほとんどやってこなかった記憶がある。」

中学の同級生の印象は
「美術部に入っていたと思う、運動や勉強はパッとせず目立つ方じゃなかった。ただこの頃眼鏡からコンタクトに変えていましたね。」

(Yahoo:引用)

この小中学時代の容疑者の事を、ほとんど覚えていないと言う人が多い程、その印象には存在感がなかったようです。

高校に入ってからは近所のコンビニでアルバイトを始めたらしい彼女の評判は
・真面目に働いていた
・性格は暗くない
・自分から話しかけてはこない
・話しかけると話す感じ
・家族の事はほとんど話さなかった

幼少期から思春期にかけての容疑者の印象は、ほとんどの人が暗い印象を持っており、明るい快活な印象を持っていなかったようです。

そんな彼女が地味なタイプからあかぬけた印象に、変貌を遂げた理由は何だったのでしょうか。

「(SNS見たら)結構はっちゃけ始めたのかな。変わったなと思います。」(小中学校時代の知人)

「具体的には知らないけど、彼氏ができて浮かれてるらしいって噂は聞いていた」(小中学校時代の知人)(FNNプライムオンライン)

変貌を遂げた理由が彼氏かどうかは、はっきりとはいえませんが、物静かな彼女を変える出来事があったのかもしれません。

橋本志穂の学生時代にはなかったはじけた感じが、周りには少し不可解なほどに写ったようで、その真相は今後明らかになっていくものと思われます。

橋本志穂の母親の評判

母子2人の間に何があったのか、また橋本志穂の母親啓子さんの評判はどうだったのか気になりますね。

事件は橋本啓子さんの職場から「従業員が2月中旬から欠勤していて連絡がとれない」と安否確認を要請したことで発覚しています。

また母親啓子さんの知人の話では、「(志穂容疑者が)高校卒業してアニメの道に入るんだって、(啓子さんは)とってもうれしそうだった」(ヤフーニュース)といいます。

橋本志穂さんとの仲にトラブルがあったかどうかはわかりませんが、職場からも心配され、志穂さんが好きな絵の道に進むことを喜ぶ普通の母親だったのではないかと思われます。

橋本志穂の事件についての詳細な供述が待たれるところです。

橋本志穂は母親を逆恨み?

被害者となってしまった母の啓子さんを知る元養父の親族によると、やはり母の啓子によって結婚離婚を繰り返し、家庭を転々とした事、実母との別れから養父との慣れない生活。

そして実弟との幼い頃の悲劇的な別れ、その後の20年に及ぶ生活でもやはり、必死にシングルマザーとしての、生活を守る為に働いたであろう母親ですが、志穂の人生の大半に父親が居た時期は無い。

そんな不幸な生い立ちを母のせいで~と逆恨みしたのが今回の究極の行動に走らせたのかもしれない、と元養父の親族が語っていたそうです。

確かに、3歳で物心付く前の実の父との別れに、その後の見知らぬ男との再婚、そしてまたも離婚。この繰り返しによって末っ子の弟との生活も引き離された容疑者は次第に自分の中で、自分がこんな生活になったのは、母親の奔放な生活によって振り回されてしまった、という逆恨み的な感情が募っていたのかもしれませんね。

母の啓子さんの遺体は、頭部や顔を中心に数十か所もの刺し傷がありました。そして春になったとはいえ、まだ肌寒いこの時期に布にくるんだだけの状態で放置して、自身は母親に成りすまし、イギリス行きで逃亡しようとしていた。

この事実からしても母親を逆恨みして人生の、やり直しを図ろうと思っていたのかもしれません。

Sponsored Link

おわりに

栃木県母親殺害遺棄事件で逮捕された橋本志穂は、学生時代は地味でもの静かでしたが、はじけた感じに変貌し、彼氏ができたからとも噂されていました。母親と2人暮らしだったようですが、母親殺害後、母親に成り済ましイギリスに逃亡を試みましたが失敗し、結局強制送還されていました。
橋本志穂の母親殺害の動機や詳細、母親成り済ましの理由についても謎が多く、今後の供述で真相が明かされることを期待しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 中尾真穂アイキャッチ
  2. 大林三佐子アイキャッチ
  3. 大山照羅アイキャッチ
  4. 中川真理紗アイキャッチ
  5. 佐藤喜人アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。