谷口光弘の生い立ち~前科も詐欺?性格は山師の家族を捨てた逃亡者

この記事は7分で読めます

谷口光弘アイキャッチ

新型コロナウィルス対策の持続化給付金をだまし取ったとされる詐欺事件で、谷口光弘容疑者が指名手配されました。その詐欺額は9億6千万円にも上り、前代未聞の巨額詐欺事件として話題になっています。

谷口光弘容は元妻や二人の息子と共謀して10億円近い給付金をだまし取り、現在は自分だけインドネシアに逃亡されたとみられていますが、その後もその生い立ちや学歴、前科などについて注目が集まっています。

谷口光弘の生い立ちに韓国籍の噂、高学歴の文武両道、前科や詐欺師並みの性格についてお伝えします。

Sponsored Link

谷口光弘の給付金9.6億円詐欺事件

家族ぐるみで新型コロナ対策の持続化給付金の不正受給に関わったとして、警視庁は5月30日、住居不詳の谷口光弘容疑者(47)を詐欺容疑で指名手配し、三重県内に住む家族3人を同容疑で逮捕しました。

元嫁と息子が逮捕されていますが、主犯格と思われる谷口光弘容疑者は海外(インドネシア)に逃亡出国したとみられています。

光弘容疑者ら家族を中心とするグループが少なくとも計960件以上の不正な申請をし、計約9億6千万円分の受給に関わったとされており、ひとつのグループによる不正受給額としては過去最大規模といいます。
 
現在逮捕されたのは、光弘容疑者の元妻で会社役員谷口梨恵容疑者(45)、長男で職業不詳の大祈(だいき)容疑者(22)、次男(21)(事件当時19歳)の計3人です。

3人は世界的コロナ渦が始まった2020年の6~8月、兵庫県や東京都などの20~50代の男女3人の依頼を受け、コロナ禍で売り上げが減ったという虚偽の内容の申請をし、持続化給付金300万円を国からだまし取った疑い。3人の認否は明らされていません。
 

3人は元夫であり父親である光弘容疑者の指示で、次男が名義人に代わって作成したうその確定申告書を税務署に提出、申告書の控えを入手し、元妻と長男が申請手続きをしていたといいます。

光弘容疑者はさらに複数の知人にも同様の役割を与え、十数人からなるグループを作り、不正申請を繰り返していたとみています。

光弘容疑者らグループは、全国から計約1780件の名義人を集め、このうち約960件以上について不正に給付金を受け取っていたといい、給付金が振り込まれた名義人からは、1件あたり十数万~数十万円の報酬を得ていたということです。

その手口は東京でセミナーまで開き「だれでもお金がもらえます」だったとか。逮捕された息子2人を東京に呼び寄せ、妻には残りの子供ら4人と三重県津市でパソコン作業に当たるなど指示していたと言います。

家族ぐるみのこの給付金詐欺では9億6千万と凡そ10億に届きそうな巨額詐欺事件として過去最大規模。各個人の名義人からは1人当たり数十万の報酬を経ていたといいます。

20年8月ごろ、持続化給付金事務局から警視庁に相談があり、事件が発覚していますが、光弘容疑者はその2カ月後の10月発覚を恐れて家族を残し独りインドネシアへ出国したとされています。

何と言う無責任な父親なのか、今後国際手配された光弘氏の逮捕の行方からも目が離せません。

谷口光弘の生い立ち~高学歴の文武両道

谷口光弘の生い立ちについて、出身は三重県出身のようですが、地元は逮捕直前まで自宅があった事から松坂や県庁所在地でもある津市ではないかと思われています。

光弘容疑者は会社員の父親と、大型スーパーの寝具売り場でパート勤務で働く母親との次男として誕生。至って普通の一般家庭に育ったハズの光弘容疑者ですが、一体平凡な家庭の次男だったようです。

そんな谷口光弘容疑者は元嫁や実子らの逮捕されている状態ですが自身は海外へ高飛び、一体どうゆう心境で未だ国をまたいで逃亡生活を送っているのか、容疑者の生い立ちをおってみようと思います。

谷口光弘容疑者は、逃亡前の数カ月前に引っ越してきたのが三重県津市久居野村町で自宅を構え、近隣住民によると、多くの若者が出入りしていた事が明らかとなっています。

そんな谷口光弘は恐らく地元が三重県であり、高学歴でスポーツも万能な文武両道だったと同級生らの証言で明らかとなっています。近所の人の証言でも「とにかく勉強のできる子」と言う印象だったとか。

その為中学時代から成績が良かった光弘氏は生徒会長に推されて務めたほどで部活では、陸上部の短距離選手でしたが頭は良いものの、目立つ存在の生徒ではなかったと言います。

谷口と言う姓は韓国籍に多いとの情報から韓国人なのでは、との噂も出回っていますが、その可能性は限りなくないに等しいようです。

今回家族ぐるみの巧妙な不正受給の手口を指南し、頭の回転が速く、進学校で優秀だったのではという噂が出ているようです。

自身の高校も三重県松坂市の進学校である私立高校を卒業。高校では進学校クラスに所属していたそうで、学生時代から利発で人より抜きんでる存在だったと同級生の証言からも明らかとなっています。

そうした血筋が遺伝したのか、今回先に母親と逮捕されている、彼の長男の大祈の出身高校も、三重県津市の進学校と言われているそうなので、やはり血は争えないのかもしれません。

谷口光弘は、手続きの煩雑な給付金について2020年5月から9月に計1780件もの虚偽申請をしていたことなどから、頭のキレる人といわれており、彼の同級生や周囲の人も頭の良さを口にしているようです。(「miko news for you」)

谷口は、中学時代は陸上部でキャプテン、高校では文武両道で知られる私立の進学クラスに進みますが、大学進学で合格が確実と言われていた早稲田大学に落ちた事から、光弘容疑者の転機となったようです。

谷口光弘の挫折からの転機

この合格確実と言われた早稲田大学に落ちた事で、彼の中の人生計画が雪崩のように崩れたのでしょう。

この後、浪人生活に入り、アルバイトとして進学塾などで働きますが彼がこの後選んだ道は大学進学ではなく「東京に行ってホストになる」と言い出したと言います。

突拍子もない光弘容疑者のこの発言に驚いた塾長が当時松坂市内で最先端の大型ブリテッシュパブを経営していたアップルパパのマスターに預かって欲しいと頼んだそうです。

「思いつきで東京にイキなりいくより、水商売の勉強をしてから行った方がイイ」そう説得されて松坂市内のアップルパパに勤務した光弘容疑者は、やはり頭脳明快で仕事の覚えも早くお店でも女性にモテモテだったそうです。

元からの自頭の良さがここでも生かされて直ぐに要領を覚え、カクテルコンクールにも出場したりとメキメキと実力をつけていったそうです。

2年間の修行を経て、その後は料理を覚える店、カクテル専門店と着実に修行を積んだ光弘容疑者は、20代前半でカウンターだけのバーサンタムールを地元にオープンします。

真面目で物覚えも早かった光弘氏は、この辺りで自身に商才があると見込んだのでしょう、店を大きくしレストランも開くなど飲食店オーナーとして歩くかに見えたが、野心家だった光弘容疑者は、飲食店オーナーだけでは満足できなかったよう。

この後、飲食店オーナーを本業としながらも不動産業への進出を目指し、宅地建物取引主任者の資格を一発で合格させ、不動産業に進出します。

飲食店に始まり、不動産業へとどんどん事業の規模を大きくし、不動産でもどんどん大きな取引をするようになり30歳で敷地面積800平米の延床面積350平米の中古豪邸を購入。

この辺りからタカが外れて、お金への尋常ではない執着が出始めてきたようです。会社を始めてから次第に派手になりお金への執着が出てきたといわれています。

谷口光弘の人物評

地元三重県で進学校だと言われていた学校を卒業している谷口光弘容疑者ですが、やはりその人物評は元々かなり優秀で切れモノだった事が同級生らの証言で明らかとなっています。

頭はイイがみんなに好かれるタイプ、接しやすく、直ぐ打ち解けて友達に慣れるタイプだったから好かれていた。と言われる程、コミュニケーション能力は学生時代から高く、その上勉強もできる学年に1人居たかも~と言う人気者だったようです。

とにかく本当に頭が凄く賢い子なんで、スポーツと勉強を両立できて、みんなから羨ましいと思われていたタイプ。

幾つかの会社経営をしてきたらしい谷口光弘容疑者から会社を引き継いだという男性は、確かにココ(頭がキレる)僕らもビックリするくらい。と評される程の切れ者だったとか。

良く出入りしていた飲食店の従業員の印象も
「昔はバーとかの経営もしていた、一時選挙に出るとか出ないとか、など噂があったが、とにかく頭が切れるところがある人」

このように、一様に光弘氏の人物評は、頭が良い切れ者と言う印象が強かったようです。

事業者としてある程度の成功を納め、大金を手にしただろう光弘容疑者は、どんどん身なりも持ち物も派手に成金使用に変化。

14年頃には赤いフェラーリーを乗り回し中古住宅とはいえ、かなりの豪邸に住み、高級時計などを身に付けて、その見た目は実業家さながらだったようです。

そうして自身の人格形成が、どんどん大きくなっていったのかもしれません、歯止めが効かない程に…

この辺りから世間の見る目も変わりチヤホヤされだした光弘容疑者は、歯止めが利かなくなり今回の巨額給付金詐欺事件へと突っ走ってしまったのかもしれません。

常に周囲にも「一攫千金だ」が口癖となり連呼する程、お金絡みのビジネスの会話を仄めかすようになっていたそうです。

Sponsored Link

谷口光弘の家族構成6人の子供!

今回自らが扇動したに違いない巨額給付金詐欺で、元嫁と自身の実子である長男次男が逮捕されていますが、何と光弘容疑者には他にも4人の子供が居るのだとか。

ネット上で明らかになっているのは恐らく現在逮捕されている妻谷口梨恵容疑者との間に、他にも三男と長女、次女、三女の4人の計6人の子供が居るとの事。

47歳にしてこの大所帯。今時6人の子供は結構な子沢山んですよね。

逮捕されている妻の梨恵容疑者は元歯科衛生士をしていた女性だそうで、この梨恵容疑者との間に、6人の子供さんが見えるとの事。

次男が19歳で未成年で氏名を出されていない事からも三男、長女、次女、三女の年齢も、恐らくまだ学生なのだろうと想像します。

自らの子供や元妻とはいえ、給付金詐欺が災いして離婚しただろう妻も逮捕された状態で、今後国際手配されている状態の光弘氏が、どこまでインドネシアで逃げられるのか、にも注目が集まります。

谷口光弘の経歴

谷口光弘の主な経歴は以下のようになっています。

2004年:29歳で不動産売買・仲介・通信販売事業の取締役
2015年:三重県で太陽光発電所の建設事業や飲食店を経営
2020年6月~8月:セミナーを開催し名義人を集め不正申請を繰り返し、コロナ持続化給付金を不正受給
2020年10月:家族を残しインドネシアへ出国・逃亡
2022年5月:世界で指名手配

進学校クラスに所属した私立高校を卒業したのち、光弘容疑者は、さっそく評判のキレキレの頭で事業家として活動を開始したようです。

その手始めは冒頭でも紹介したバー経営に始まり、宅地販売、造成工事など不動産業を生業にし、その傍ら一時多くの住宅会社が乗り出した太陽光発電などに力を入れて、当初から弁が立った光弘容疑者はかなり設けて、どんどん事業を拡大。

みるみる羽振りが良くなっていったと言います。所が、こうした事業拡大にほころびが見えだしたのが11年ころから。強引な住宅ローンを通す為の虚偽の申請で光弘容疑者が逮捕された事から、事業が一転していったようです。

この頃から順調だった不動産業がみるみる悪化、その後儲かりそうだとビットコインや仮想通貨などに手を出し、16年頃にはインドネシアで油田の開発を手掛け一攫千金を狙っていると豪語し、東京六本木に会社を設立、銀座など飲み歩いていたと言います。

だがこのインドネシア油田開発も上手くは行かず、この後19年11月当時住んでいた自宅が差し押さえとなってしまいます。

噂では彼は2つの会社に関わっており、株式会社SDS(元妻の梨絵が社長),有限会社ユニバーサルフード(谷口が社長)といわれていますが、くわしい情報は多くなく、真偽は不明です。

谷口は表向き立派な会社経営者ですが、確定申告を偽造するやり方や、いかに不正受給の成功率を高めるかといったセミナーなどを開き、申請に成功した人から報酬を得、派手な生活をしていたようです。

谷口光弘の前科

谷口光弘の詐欺の前科があるのか気になりますね。

先に紹介したように最初の逮捕は2011年自身が手掛ける不動産ローンの住宅ローンの虚偽申請で約3100万円をだまし取った詐欺で三重県警に逮捕されています。

ただこの時の虚偽申請を焼きまわしたかのような事件が今回の巨額給付金詐欺へとつながったようです。

ただ、彼は今回の給付金詐欺行為をするに辺り、自らが東京と三重を往復しセミナーを開催していたと言います。コンサルタント業の男性に相談するほど、儲け話が好きだったといいます。

彼と関わった男性は「もうけ話が好きで、すぐ突っ込もうとするタイプだが、ビジネスの知識はあまりないように感じた。」と話しています。(「朝日新聞デジタル」)

今後の捜査でもしかしたら新たな不正が発覚するかもしれません。

谷口光弘の性格は山師風?

谷口光弘は、SNSで仲間を集め、一家中心の詐欺グループを作り、三重や東京などのセミナーなどで、「誰でもお金がもらえる」をうたい文句に確定申告の偽造の仕方などを教えたといいます。

このセミナーで全国から1780名の名義を集め、そのうち半数が給付金を不正受給していたといいます。

家族や知人にも声がけし、グループで犯行に及んでいたことがわかっており、その性格は詐欺師並みではと思われます。

谷口はお金儲けに執着する一方で、詐欺師の腕前は一流とはいえなかったといわれています。

谷口を知る会社経営者男性は、7~8年前に、知人が谷口からインドネシア油田への投資話を持ち掛けられたことを語り、彼は説明はすらすらするも、話を詰めようとすると、はぐらかしたり汗だくになったりしたため不審が募り、融資を断ったとか。

谷口は一般人相手とは違い、億単位のビジネスには手を出せない気弱さもあったといえるでしょう。

Sponsored Link

おわりに

給付金9億円詐欺事件で指名手配中の谷口光弘は、その詐欺の巧妙さで高学歴の文武両道といわれるほどで、経歴では会社経営を手掛けるも、セミナー開催で不正受給を瞬く間に拡大していったことがわかっています。
谷口は頭が切れ、儲け話が好きという評判ですが、ビジネスにあまり長けておらず一流詐欺師とはいえないようで、海外逃亡がうまくいくかどうかは未知数といえるでしょう。
とは言え、妻と実子が逮捕されています、自らが扇動した給付金詐欺、国際手配された今生涯逃げ切る事など不可能に違いありません。一刻も早い逮捕と真相究明が待ち望まれます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 小林誠アイキャッチ
  2. 花森弘卓アイキャッチ
  3. 袴田巌アイキャッチ
  4. 佐竹憲吾アイキャッチ
  5. 石橋和歩アイキャッチ
  6. 山根明アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。