宮城祐太の生い立ち~地下アイドルに嫉妬で殺害母子家庭の性格と評判

この記事は4分で読めます

宮城祐太

7月11日、埼玉県に住むアルバイトの宮城祐太容疑者(37)が、東京都豊島区池袋のラブホテルで、地下アイドルをする山口ふうかさん(18)の頸部を絞めるなどして殺害した容疑で逮捕されました。

宮城容疑者は、地下アイドルだった山口さんに思いを寄せ、彼女だと思っていましたが、山口さんが他の男性と連絡を取っていることを知り嫉妬し殺害したといわれています。

現在、宮城容疑者は母子家庭だったことや、その性格や評判が注目されています。

宮城祐太の生い立ち、地下アイドルに嫉妬で殺害、母子家庭の性格や評判についてお伝えします。

Sponsored Link

宮城祐太の地下アイドル山口ふうか殺害事件

7月11日、池袋署は埼玉県さいたま市見沼区に住むアルバイトの宮城祐太容疑者(37)を殺人の疑いで逮捕しました。

7月10日から11日の未明にかけて、東京都豊島区池袋のラブホテルで、山口ふうかさん(18)の頸部を絞めるなどして殺害したといわれています。

ふうかさんはライブやイベントを中心に活動する“地下アイドル”で、昨年、メイドカフェのイベントで1日店長をしているときに宮城容疑者と知り合ったそうで、この1年で容疑者と3回ほど会っていたといいます。

宮城容疑者は、ホテルでふうかさんのスマホを盗み見し、別の男性とやりとりする通話履歴を見つけ

「“カノジョ”だと思っていた。だから怒りが爆発して、10分ほど首を絞め続けてしまった」と供述しています。

山口さん殺害後、宮城容疑者は午前4時15分ごろ、JR池袋駅西口の交番に、「人を殺してしまいました」と自首し、署員がホテルの浴室で倒れていた山口さんを発見しますが、すでに手遅れだったといいます。

事前にナイフを用意した計画的犯行で、宮城祐太容疑者は、自首するまで約12時間ホテルの客室にとどまり、自首するか迷っていたと供述しています。

宮城祐太は山口ふうかに貢いでた?

地下アイドルだった山口さんのファンだったという宮城容疑者は、山口ふうかさんに貢いでいたというのは本当でしょうか。

2人が知り合ったのは1年ほど前で、山口さんは地下アイドル経験があり、メイドカフェのイベントに参加し宮城容疑者と出会ったといいます。宮城容疑者が山口さんを気に入り、その後3回ほど会っていたといいます。

また逮捕後の供述から山口ふうかさんに貢いでいたこともわかっており、

「欲しいゲームや家電など、望むものを買ってあげた」と話していたとか。(miko news for you)

宮城容疑者は、山口さんと交際していたと供述していますが、実際は山口さんも自分を好きなのだと勝手に思い込んでいただけで、彼女に裏切られたと感じたようです。

彼女が他の男と連絡を取っていたことに嫉妬してしまった宮城容疑者の、ふうかさんを殺害するという理解しがい思い込みの凶行に非難が集まっています。

宮城祐太の生い立ち~母子家庭近隣住民の評判

宮城容疑者は、埼玉県さいたま市の見沼区にある築50年の木造2階建て、家賃6万円ほどのアパートで、母親と2人で暮らす母子家庭だったといわれています。近所の住民の評判では、

「10年ほど前から60歳を超えたぐらいのお母さんと住んでいました。息子さん(容疑者)は170センチメートルぐらいで、ちょっと小太り。会ったら挨拶はしますが、口数の少ないおとなしい人という印象です」(週刊女性プライム:引用)

別の住民は容疑者親子について、

「2人とも働いてるね。すごく早朝だったり、夕方から出かけたりしていたから、24時間営業のコンビニや夜から営業する居酒屋あたりじゃないかな。容疑者は服装からして、サラリーマンという感じもしなかったから」(同上)

また別の住民は、宮城容疑者に対して好印象を抱いていたそうです。

「つい最近、私がゴミ出しをしていたら、彼(容疑者)が手伝ってくれてね。えっ、こんなに親切な人がいるのって驚いたぐらい」(同上)

宮城容疑者は、17~22年ほど前には同区の県営団地に住んでおり、近隣住民は母子のことを覚えていたそうですが、宮城容疑者は非常に純粋で気の弱い人という印象があったともいいます。

決して悪いところがあるわけではなく、周囲の評判もよかった宮城容疑者の姿が感じられます。

Sponsored Link

宮城祐太の生い立ち~学生時代

メディアでは、宮城祐太は自称コンビニアルバイト店員と出ていましたが、学生時代などについてはあまり情報は見えないようです。

卒業アルバム写真が公開されてはいますが、詳細は報じられておらず、不明な点が多いといえます。

ネット上では、宮城祐太は独身で母親と2人暮らしといわれており、母子家庭であったといわれています。

彼についての学歴や経歴についてはよくわかっていないようですが、今後新たな情報が出てくるのではないかと思われます。

宮城祐太の性格

宮城祐太容疑者の性格について、彼の小中学校時代の同級生は、

「勉強も運動もできなくて、明るい子でもなかった。地味で目立たない子だったから、友達も少なかったと思う。彼は母子家庭で、経済的にも恵まれていなかったですが、少なくても人を傷つけたり、日常的に悪いことをしたりする人間ではなかった」(週刊女性プライム:引用)
と語っています。

他にも同級生は「付き合ってもいない二人がラブホテルに行くのだろうか。そこは不思議だなと。彼(容疑者)は最終的には罪の意識に苛まれて、自首したんでしょうね……」(週刊女性プライム)と話しています。

前述の近隣住民の声をみても、よく働き、大人しく純粋などという比較的よい評判だった宮城祐太容疑者。

母子家庭の苦労もあったでしょうが、地下アイドルの山口さんと出会い、わずかの間に心を奪われ純粋に好きになり、彼女に信頼を寄せたのでしょう。

友人のいうように、殺害してしまってから罪の大きさに気付き、自首しており本当は気弱で山口さんにうまく気持ちが伝わらないもどかしさがあったのかもしれませんね。

僅か18歳で約20歳も年上の男性に命を奪われてしまった、ふうかさんが一番の被害者なのは言うまでもありませんが真面目に親子2人で暮らしていただろう宮城容疑者の母親の気持ちを考えると、それはそれでいたたまれない気持ちになってしまいます。

コミュショの独身男性の拗らせた愛情がもたらした殺害は、地下アイドルと言う、身近で手の届く存在でありながら相手の恋心を利用したお客とのやり取りにも問題があったのでしょう。

本来なら営業だよな、と気が付かなければいけないところを行き過ぎた営業努力によって時には若さ故ホテルまで行ってしまう関係になった事が女性慣れしていない容疑者の壮大な勘違い(彼氏)を生んでしまったとしたら…

被害者山口ふうかさんのご冥福をお祈りします。

Sponsored Link

おわりに

地下アイドル女性殺害事件で逮捕された宮城祐太容疑者は、母子家庭に育ち、近隣住民の評判では大人しくよく仕事もし、優しいなど好印象だったようです。学生時代など詳しいことはわかっていませんが、同級生によると、宮城容疑者は地味で目立たない子で事件を起こすような人間には見えなかったといいます。
宮城容疑者が、地下アイドルだった山口さんに嫉妬した上の犯行といわれていますが、彼の性格上きちんと付き合いを重ねたわけでなく、相手とのコミュニケーション不足が事件を招いたといえるでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 田上不美夫アイキャッチ
  2. 石井陽子アイキャッチ
  3. 嘉本悟アイキャッチ
  4. 遠藤裕喜アイキャッチ
  5. 矢野富栄アイキャッチ
  6. 三瓶博幸アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。