福岡女性刺殺事件少年の生い立ち~母親の毒親は異常なレベルな兄の証言

この記事は6分で読めます

福岡女性刺殺殺人事件アイキャッチ

2020年8月に福岡市の商業施設で、面識のない女性(当時21)を刺殺したとして、殺人罪などで起訴された住居不定の少年(17)に対し、福岡地裁から懲役10年以上15年以下の不定期刑が言い渡され、判決が確定しています。

当時15歳の少年の起こした無差別殺人で話題になりましたが、少年の母親の毒親が異常なレベルという兄の証言などから、彼の異質な生い立ちと事件の関連が指摘されています。

福岡女性刺殺事件少年の生い立ち、母親の毒親は異常なレベルな兄の証言についてお伝えします。

Sponsored Link

福岡女性刺殺事件とは

当時15歳の中学生だった少年は、2020年8月28日、福岡市市中央区の大型商業施設「MARK IS 福岡ももち」で包丁2本を盗み、面識のなかった女性(21)の後をつけ女子トイレに侵入、個室から出てきた女性の首などを包丁で刺して殺害。

さらに、施設内にいた女児(当時6)を逃走する際の盾にしようとして女児の母親を包丁で脅しました。女性には10か所以上の刺し傷があったといいます。

 少年は「間違いありません」と起訴事実を認め、後に少年に対し懲役10~15年の不定期刑が求刑されました。(確定)

公判では、事件の重大性を踏まえて刑事処分を科すか、少年の更生を期待しての保護処分が妥当かが争われた。少年は被告人質問で、被害女性に謝罪の言葉を述べる一方、自身の更生については「すぐには人は変わらない。クズはクズのままだと思う」と発言していた。
(中山直樹)(朝日新聞DIGITAL)

銃刀法違反容疑で現行犯逮捕された少年は、事件2日前に少年院を仮退院し、福岡県内の更生保護施設に入所したばかりで、その翌日この施設を抜け出し、事件を起こしていたこともわかっています。

福岡女性刺殺事件は母の身元引受人拒否が始まり

少年の証言により、彼の起こした福岡女性刺殺事件は実母の身元引受人拒否が始まりといわれています。

“女性と相対した際、女性に自首をすすめられたというが、このとき「母親と姿が重なり、怒ってしまった」ために事件を起こしたと証言した。少年院の仮退院時、身元引き受けを当初は承諾していた母親が、直前になって断ったことを思い出し、立腹した……というのが少年の主張だ。”(Yahoo:引用)

公判では少年に対する心理鑑定を行った大学教授が証人出廷し、少年の半生を明かしたことがわかっていますが、少年は幼少期から暴力的であり問題行動だらけで、両親の離婚や性的問題などを多々抱える家庭環境にあり(後述)、2019年には少年院への入院を決定していたといいます。

そこで退院をめぐる母親の身元引受人拒否が引き金となり、帰る場を失くした少年が事件に至ったといわれています。

15歳少年の生い立ち~小学校時代の評判と発達障害

当時15歳の少年は、20歳で結婚した両親との間の第三子で末っ子、6歳上の兄と、4歳上の姉がいたといわれています。

少年については、3歳児検診で注意散漫、多動、粗暴性を指摘され、保育所でも他児への噛みつき、頭突きなどの暴力、職員への暴力などがみられたそうです。

2012年に少年は小学校に入学しますが、他の児童の首を絞めたり、学校を飛び出したり、また学校のガラスを割るなどの行為がみられ、発達障害であったといわれています。

2014年、少年が9歳の頃、父親が不倫をして両親が別居を開始、以後も少年の暴力が増発します。少年は登校を渋るようになり、ゲームに埋没、『小学校3年生の頃、暴力を振るうこと、開き直った』と話していたとか。

10歳の頃には母親に連れられて精神病院を受診し、薬物療法を開始するも、母親が投薬を管理できないためほどなく中断、その後母親は前もって本人に告げることなく、少年を児童相談所に入所させようとしましたが「暴れて保護できない」ため、また別の病院へと入院することに。

結局、少年は児童心理治療施設や、児童自立支援施設、精神科病院など、各所で暴力騒ぎを起こして転々としていきました。

Sponsored Link

15歳少年の人前で○慰行為が止められない闇

驚く事に事件前の少年の経歴を調べるにつれ明らかとなった事の1つに、少年には人前での○慰行為が止められないといった特徴がみられていたことも指摘されています。

彼が○慰行為を始めたのは小学校低学年の頃で、心理鑑定した大学教授によると「極めて早熟」といわれています。

かつて施設でも“施設で人目を憚らず○慰行為をしている”と報告があったそうだ。(FRIDAY DIGITAL)

彼の暴力行為のひどさや、異常な性癖は、それまでの家庭環境が大きく事件に関与しているといわれ、注目されます。

“2022年7月7日には第2回公判が開かれた。X(少年)は被告人質問にて、弁護側に家庭環境などについて聞かれると
「親とうまくいかなかった、兄弟ともうまくいかなかった」「喧嘩でよく兄に首を絞められた」などと明かし、弁護側に「病院に行っていたが、何を診断されたのか」と問われると「病院でADHDと診断された」と説明、家族の態度が変わったかを聞かれると「みんなが変わったし、母親が一番変わった」「(母親が)腫れ物に触るような感じになった」と述べた”
(Wikipedia:引用)

身近な親兄弟から距離を置かれ、不安と孤独が、15歳少年をさらに追い込んだといえるでしょう。

15歳少年の生い立ち~母親は毒親は異常レベル

冒頭で紹介したように少年の両親が二十歳と言う比較的早めの結婚をしたことが明らかとなっていますが、その少年の母親の毒親ぶりは異常レベルで、子供の問題行動の原因となったといわれています。

「兄や少年に対して、幼児期や小学校低学年の頃から、子の求めに応じるまま、タバコやエアガン、アダルト雑誌を買い与えていた。そういった事例はあまり聞いたことがない。子と関係性が結べないのでビギニング(ものを与えることなど)により、思い通りにしようとしたのでは」(FRIDAY DIGITAL・心理鑑定を行った大学教授)

また少年の育った家庭では深刻な性的問題があったとし、

少年の家庭では、少年の父親が所有するアダルトコンテンツを少年が目にすることができる環境にあり、また両親の性交を少年が目撃したこともあるという。さらには「兄が母親に性的行為をした」こともあるという(同上)

この驚くべき家庭内での閉ざされた空間で、異常な親子間の性行為や、両親の性行為と言う通常なら見せるべきではない行為を、平気で子供達に見せていたという事実や環境からも、異常な精神状態へ陥った要因の1つと言えるでしょう。

家庭における性的問題も異常レベル、福岡女性刺殺事件でもわいせつ目的とされていますが少年の曲がった性的指向が根強く残っていたといえます。

15歳少年の生い立ち~兄が語る狂って当然の証言に驚愕

事件に関連し、15歳少年の兄の証言によると、「弟が狂って当然」という証言をしており注目されました。

少年の育った家庭には「身体的虐待、ネグレクト、性的虐待、心理的虐待、すべてが観察される。家庭内暴力が日常化していた」のだという。

一例をあげると、母親は少年が精神科に入院しているときに少年にアダルト雑誌を差し入れしようとして見つかったことがあった。

調書によると、少年の兄はそんな母親について「母親が弟の性的興味を助長した。母と関わっているとおかしくなってしまう」と語っている。

「40年を超えるキャリアがある私からしても、信じがたいような虐待行為が行われていた。極めて不適切な養育環境だった」(公判での教授の証言)(Yahoo:引用)

また母親から少年への心理的虐待もあったとされ、母親が日頃から「少年に死ねばいい」、「お前なんかいらん」、「死ね」と浴びせかけていたとか。

恐らく心身共に人格形成がされるだろう幼少期から青年期の重大な時期に、当たり前の如く母親の愛情を求めながら、それらは与えられず想定外の異常な誤った形で与えられ、少年の精神状態に多大なる影響を与えた。

成人以降と違い幼少期から青年期には通常一番身近である両親であり、最も母親は父親より更に特別な存在であるにも関わらず、その実母から受けた以上な家庭環境がもたらすネグレスト、性的虐待、身体的虐待、心理的虐待などが生い立ちを背景にして混乱と苦悩に満ちるものだったといえるでしょう。

15歳少年への祖父から見た少年

両親の離婚問題や、家庭不和の状態から一時期幼少期を祖父と過ごした事がある少年。

15歳少年は施設を転々とし、両親の離婚も抱えることとなり、鹿児島県内に住む祖父は「自分が引き取っていれば」と後悔したそうです。

少年は、自然に囲まれた静かな集落で小学校高学年まで過ごし、祖父と一緒に畑に出たりする「明るく元気ないい子」だったといいます。

少年は高学年からは家族から離れて施設で過ごしていますが、祖父とは数年前施設から電話で話したそうで「じいちゃん元気?頑張っているよ。」などと話していたそうです。(人生パルプンテ)

学校や施設で、乱暴者で手におえない問題児として転々とさせられ家族のつながりも薄くなった少年を、祖父でさえ救いきれなかったことが悔やまれます。

Sponsored Link

15歳少年犯罪後の母のコメント

15歳少年の犯罪後2021年、被害者女性の母親は代理人弁護士を通してコメントを出しています。

「少年を娘と同じ目に遭わせたいが、してはいけないとずっと苦しみ続けている。21歳で命を奪われた娘はどんなに悔しく恐ろしかっただろう。少年には一生刑務所に入っていてほしい。」(参照元:南日本新聞社)

少年を「一生刑務所に」という母親の悲痛な姿があわれでなりません。

(被害)女性は、渡米や資格取得など夢を書き連ねた「やりたいことノート」を作っていたという。母親は「これから今まで以上に成長をしていくはずでした」と悲しみ、少年は「刑事処分を受けるべきです。自分の罪を考えさせるべきです」とした。(朝日新聞デジタル:引用)

何の面識もない女性を無残な方法で死に至らしめた罪は重く、少年の犯罪に重刑をと願う母親の思いが強く響きます。

おわりに

福岡女性刺殺事件で21歳の女性を刺殺した当時15歳少年は、懲役10年以上15年以下の不定期刑が確定しましたが、小さい頃から彼の暴力や発達障害はすさまじく、両親の離婚や性的虐待など家庭内の問題が多発した環境に置かれていたことに驚愕します。
母親の毒親は異常なレベルで、狂って当然という兄の証言の通り、明るく元気と祖父の言う少年の姿はもろくも崩れ、乱暴で孤独な姿に変わってしまったようです。一生刑務所にいてほしいとコメントした被害者女性の母親の痛みは消えず、今後も少年犯罪の重さは議論されていくものと思われます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 柿本知香アイキャッチ
  2. 久保木愛弓アイキャッチ
  3. 宮城祐太
  4. 三橋歌織アイキャッチ
  5. 高橋祐也アイキャッチ
  6. 土谷正実アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。