山本巧次郎の生い立ち~剣道少年の学生時代評判と束縛DVの豹変の訳

この記事は5分で読めます

山本功次郎アイキャッチ

大阪堺市女子大生刺殺事件で、交際相手の女子大生女性を刃物で刺し死亡させた容疑で逮捕された大学生・山本巧次郎(23歳)。

彼は交際相手の大田夏瑚(20歳)さんにDV行為をしていたといわれています。

山本巧次郎は、学生時代は優秀な剣道少年であったことがわかっていますが、女性へのDVという豹変ぶりが注目されています。

山本巧次郎の生い立ち、剣道少年の学生時代評判と束縛DVの豹変の訳についてお伝えします。

Sponsored Link

大阪堺市女子大生刺殺事件

“22年8月26日午後10時40分頃堺市西区津久野町の路上で「男が女を刃物で刺している」と通行人の男性から110番通報がありました。
警察が駆け付けたところ、女性が倒れていて刃物をもってそばにいた男が女性を刺したことを認めたため、殺人未遂疑いで現行犯逮捕しました。
逮捕されたのは、近くに住む大学生・山本巧次郎(23)で女性は上半身を複数か所刺されていて、搬送先の病院で死亡が確認されました。
犯行に使われた刃物は刃渡り15cmぐらいの包丁で、警察の調べに対して、山本容疑者は女性は交際相手だと話していて「刺したことは認めるが殺そうとしたかは思い出せない」と供述しているということです。”
(引用:Yahoo!ニュース)

29日になって山本巧次郎容疑者は、「(被害女性の)大田夏瑚さんがマンションから飛び降りた」と供述しており、大田夏瑚さんはマンション4階のベランダから転落した後、瀕死の状態で追い打ちをかけるように山本巧次郎容疑者に刺された事が明らかとなっています。

太田さんは肋骨(ろっこつ)や骨盤を骨折、現場近くの自宅マンションからも血痕が見つかり、警察が詳しい経緯を調べています。

どのような形であれマンションから転落して身動きが取れない瀕死の状態らった太田さんに、山本容疑者は凶器となった刃渡り15㎝の包丁で上半身を中心に複数個所指し、強い殺意があった事は否めない状態だったと言えるでしょう。

山本容疑者は逮捕後の事情聴取で「刺した事は間違いないが、殺そうとしたかは思い出せない」と供述している事が分かっています。

山本巧次郎の生い立ち~剣道少年の学生時代

大阪市出身の容疑者山本は、何人家族なのか詳細は分かっていませんが、彼の過去を知る同級生によると、目上の人には従順で年下にも優しい一面を持つ好青年だったといいます。

また障害を持つ兄がいたようで、兄想いゆえか医療系の勉強をしていた事もあったとか。

常軌を規した行動で交際相手である女子大生を殺害するという異常な行為を働いた、山本巧次郎の剣道少年の学生時代に話題が集まっているようです。

山本巧次郎の剣道の腕前は全国大会に出るほどだったというからびっくりですね。

山本巧次郎が所属していた道場は、剣道界では創立は1972年の名門「三劔会(みつるぎかい)」。貝塚市の三劔会は歴史ある剣道の道場で、指導を受けていたとされています。

山本巧次郎も熱心な剣道少年だったらしく、小学3年生(平成20年)の時に大阪の剣道大会「第38回大阪武道協議会少年少女剣道大会」に出場し、3位入賞という成績を修め、小学校6年生の時には雑誌にも掲載されているようです。

ただ順調だった小学生時代とは打って変わり中学に進学すると、山本は中学3年の3月、「第37回 全国スポーツ少年団剣道交流大会」に出場し、大阪代表として個人戦を戦っています。

小学生、中学生と剣道に打ち込んできた山本巧次郎も、中学の時の成績は初戦敗退で努力に見合った成績を出す事は難しく、剣道に没頭していた小学校から中学時代とは打って変わり高校進学と同時に剣道を辞めてしまったようです。

ダメなりに諦めず、そこから上へという闘志はなかったのでしょう。

山本巧次郎は浪速高等学校に進学したようですが、剣道部には在籍しなかったことがわかっています。

それなりに良い成績を収め、励んできた剣道少年にどんな心境の変化があったのか気になります。

山本巧次郎の評判

山本巧次郎の評判について、彼の印象について、よく知る中学時代の同級生によると、大変「ユーモア」があって、「信頼って言うか面白いからみんながやってくるっていう感じ」だったというから不思議です。

意外な事に山本は友達も多く、人気者であったといい、前述のように優秀な剣道少年でスポーツもできたのですから、幅広く知られる人物だったといえるでしょう。

元々はとても事件を起こすような人物ではなかったはずですが、この事件の前にはそんな彼の姿とは相反する態度が目撃されています。

同じマンションの近隣住民によると、頻繁に彼の部屋からドンドンドンという大きな音が聞こえ、男性の怒鳴り声が聞いたことがあったとか。

殺害された女性とは交際し同棲までしていたことがわかっていますが、最近は別れ話が原因なのか、もめることも多かったといわれています。

Sponsored Link

山本巧次郎のサイコパスな一面

意外にも少年時代には面白かしくモテていた次期もあった山本ですが、その反面一度スイッチが入ると、とことんコントロールが効かなくなり頭が真っ白になり話も通じない状態に度々なっていたといいます。

その為、仲間内でも時折ブチ切れた山本が友人らと取っ組み合いの喧嘩に発展する事が少なくなかったといいます。

当然仲裁に入る仲間らが必至になって止めたようですが、それでもそうした兆候は数カ月に1度あったそうで一度怒りの沸点に達すると手が出るレベルのキレ方をして怒りをコントロール出来るタイプの人間ではなかったといいます。

そうした過去の行動からもサイコパスな一面を持ち合わせた厄介な存在として、仲間内では印象的な存在でもあったようです。

ただキレることさえなければ普段は小心者、人を殺すようなタイプでは無いと言われているだけに、今回の大田さん殺害も彼の供述通りに
「刺した事は間違いないが殺そうとしたかは覚えていない」が妙に納得出来てしまう発言でもあります。

別れ話の痴情の縺れで、怒りが沸点に達した山本が大田さんに対して頭が真っ白になった状態で起こした殺人事件だった。いかにもサイコパスだと言われる山本らしい異常な行動で彼女を殺害したのだとしたら…

あまりにも被害者となり殺害されてしまった20歳の大田さんが気の毒で仕方ありませんね。

山本巧次郎と被害女性へ告白から同棲の急展開

山本巧次郎容疑者と同棲していた大田夏瑚さんは、大阪物療大学の3年生でしたが、高校は三重高校出身だそうです。

ちなみに9月1日の文春オンラインの報道で、山本巧次郎容疑者と大田夏瑚さんが同じ大学に通っていたことが明らかになりました。

“2人は同じ大学に通っていました。山本容疑者は留年していたようで、少し年齢差のあるカップルです。”
(引用:文春オンライン)

ですが、9月3日の週刊女性PRIMEに、山本巧次郎容疑者は物療大学の学生ではないという学校関係者の話が掲載され、真相はわかっていないようです。

山本と大田さん出会いの詳細は不明ですが、2人は2年前には付き合っていたようで、当初は仲も良かったといいます。

交際し同棲していたのに、山本から大田さんへの恐ろしいDV、山本から彼女に別れを切り出す(山本の知人の証言)という急展開が何とも理解しかねるところです。

山本巧次郎の束縛DVはいつから?

山本巧次郎の、大田さんに対する束縛DVはいつから始まったのでしょうか。

殺害された大田さんは交際当時から彼氏である山本巧次郎からのDVの悩みを知人に打ち明けていますが、山本がお酒を飲んではDVをし、最近は大田さんの足に青あざや、顔の腫れがあったのだとか。

2021年までは2人は仲の良い印象だったものの、最近はこじれ揉めていたといいます。文春によると、その理由となったのが、山本の「異常な嫉妬心」と伝えており注目されます。

“交際当初はトラブルなどなかったが、交際期間中に山本容疑者の様子が変わっていったようです。山本容疑者は嫉妬深く、気に入らないことがあると暴力をふるったりなど、過激な行動をとっていた。大田さんは友人に相談するなどしていましがた、府警には相談に来ていなかったようです”(:文春オンライン)

大田さんが自分に注目してくれないような気がすると、不安からか言葉より暴力が先に立っていったようで、山本巧次郎の彼女への束縛DVは交際期間中からすでに始まっていたようです。

学生時代剣道でも、人柄でも注目されながらどこか不完全燃焼だったのか、恋愛でもどこか満たされない山本巧次郎の嫉妬心が彼を豹変させ、不運にも大田さんを攻撃してしまったことが残念でなりません。

Sponsored Link

おわりに

大阪堺市女子大生刺殺事件で逮捕された山本巧次郎は、学生時代は全国大会にも出るほどの剣道少年であり、友人からもユーモアがあり人気があるというよい評判の生徒でした。ところが、被害に遭った大田さんとの交際、同棲がはじまりますが、仲がこじれ、彼の交際期間中からの束縛DVがさらにエスカレートしていき事件に至ったことがわかります。
彼の曲がった嫉妬心が、DVとなって女性に苦痛を与え殺人に至りましたが、男女の仲は2人にしか分からない事があったにしてもまだ若く未来輝く可能性に満ちた大田さんを殺害した事に変わりはなく決して許される行為ではありません。太田さんのご冥福をお祈りすると共に事件解明の為にも事件の詳細が明らかになる事を祈るばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 柿本知香アイキャッチ
  2. 外尾計夫アイキャッチ
  3. 梯沙希アイキャッチ
  4. 小暮洋史アイキャッチ
  5. 佐竹憲吾アイキャッチ
  6. 阿部定アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。