井出裕輝の生い立ち~船橋18歳少女殺人事件容疑者の鬼畜の思考回路

この記事は5分で読めます

船橋18歳殺人事件

2015年千葉県で、命乞いする当時18歳の少女、野口愛永(まなえ)さんを畑に生き埋めにした残忍な犯行で注目された「船橋18歳少女殺人事件」。

彼女を車で連れ去った犯人の湯浅成美、井出裕輝、中野翔太ら容疑者達にも大きな注目が集まりました。

事件を主導したとされる井出裕輝には複雑な生い立ちがあり、湯浅成美は18歳で、野口さんの友人だったことなどが話題になっています。

船橋18歳少女殺人事件や、井出裕輝の生い立ち、鬼畜の思考回路についてお伝えします。

Sponsored Link

船橋18歳少女殺人事件驚愕の内容

「船橋18歳少女殺害事件」は、2015年4月20日の未明、当時18歳の野口愛永(まなえ)さんが、10代から20代の男女4人によって車で連れ去られ、千葉県芝山町の畑に生き埋めとなり窒息死させられた事件です。

犯人は、野口愛永さんの高校時代の同級生・湯浅成美(当時18歳)、その湯浅成美と肉体関係のあったという住所不定無職の男・井出裕輝(当時20歳)、2人の友人で無職の中野翔太(犯行当時20歳)に、湯浅成美の友人で東京都葛飾区の鉄筋工だった当時16歳の少年を加えた4人でした。

殺害された野口愛永さんは、かつては湯浅成美と仲の良い友人関係でしたが、2人の共通の友人から、野口愛永さんが借りていた、中学の卒業アルバム(夜の仕事の身分証代わりに必要として借りていた)や衣類、数十万円の借金などをいつまでも返さない事が原因でトラブルになり、関係が悪化していたといいます。

湯浅成美の怒り、憎しみは強くなり、犯行動機についても野口さんとの金銭トラブルや卒業アルバムの返却がなかったことだと話しています。

湯浅成美は後に野口愛永さんとの連絡が取れなくなった事に不快感を覚え、肉体関係にあったという友人・井出裕輝に相談、野口愛永さんを拉致し、現金を奪った後で殺害する事などを話し合い、殺害を計画したといわれています。

船橋18歳少女殺害事件については、逮捕された犯人4人のうち2人が未成年であったことも大きな話題となりました。

特に主犯格とされる湯浅成美が事件当時18歳であったため、判決が難しいとされていましたが、湯浅成美、井出裕輝、中野翔太はそれぞれ無期懲役が確定しています。

加害者が未成年での無期懲役はこの事件が初めてだったことからも、如何に事件が十代の少女がきっかけとなり起こした事件としては悲惨で残忍な事件だったのかが伺いしれます。

容疑者井出裕輝の生い立ち

「船橋18歳少女殺害事件」で主導的な立場にあったといわれるのが、当時最年長だった20歳の容疑者、井出裕輝です。

井出裕輝は、2歳の頃に実家に預けられ、父親と別居しているようです。母親についての情報は見えていませんが、父親の元で育てられたものの何かの事情で、2歳で実家へと預けられたようです。

その後、井出は16歳〜17歳の頃に再び父親と同居しますが、すぐにまた別居したといいます。

井出の父親は裁判で、息子の裕輝と別居していても行き来しており、意志疎通を図っていたという証言をしていましたが、一緒にいた期間はわずかであり仲が良かったとはいえないと思われます。

また父親は被害者少女について、「自分にも娘いるので」と悲痛な思いを話したとされています。

井出裕輝に安住できる家庭環境はなかったとみえ、肉体関係にあった湯浅成美が唯一自分に近い人物であったことがわかります。

容疑者湯浅成美の生い立ち

この事件の発端となった野口愛永さんの殺害を、他の男性容疑者らに持ちかけたといわれるのが、当時まだ18歳の湯浅成美です。

湯浅成美は両親、祖父、弟2人と共に暮らしていましたが、近隣住民によると野口さんが湯浅成美の家によく泊りに来ていたといいます。

湯浅成美と野口さんは、県立船橋古和釜高等学校の同級生で、当時は仲の良い友人だったというからびっくりですね。

湯浅成美は中学時代は、テニス部に在籍していたそうです、後輩の面倒見が良く、テニスがうまく評判もよかったようですが、高校生になると急変し、深夜に男性のバイクに乗っているところを目撃されています。

湯浅成美の生い立ちや家族などの情報はあまり出ていませんが、千葉県船橋市在住でアルバイト生活を送っていたらしく、「船橋18歳少女殺害事件」の少し前にも非行行為を起こし保護観察処分を受けていた事などが明らかになっています。

中野翔太の生い立ち

井出裕輝と共に、野口さん殺害の犯行に関わったのが中野翔太です。裁判の前に精神鑑定を受けた中野翔太は、軽度の知的障害がある事が判明しています。

中野翔太は中学までは普通に学校に通い陸上部に所属しており、自分が知的障害という自覚はなかったそうです。

裁判での陳述では、中野翔太が幼い頃に母親が家を出ており、父親も別の女性と再婚、姉や弟と共に祖母に育てられたようです。中野は祖母とあまりうまくいかなかったようで、逮捕後も家族や友人など誰も面会に訪れていないという事でした。

中野は、井出裕輝に車を洗車させられたり、買い出しに行かされたり、彼の指示に従う使い走りのような立場だったようですが、幼い頃両親と離別するという共通点が2人にはみえ、どこか似た者同士つながるところがあったのでしょう。

Sponsored Link

船橋18歳少女殺人事件後の言動と思考回路

井出裕輝らの船橋18歳少女殺人事件後の言動と、鬼畜の思考回路が有り得ないと話題になっています。

彼らは野口愛永さんを殺害した後、その様子を周囲に堂々と話しているのです。

湯浅成美は、事件後の20日午前5時から10時頃にかけて、複数の友人に電話で「生き埋めにしてやった」とか、「根性焼きしたら魚みたいにはねた」「めっちゃビビってた」などと自慢げに話し、「誰にも言わないでね」と釘を刺したとか。

また、中野翔太も同じく20日の夕方頃、友人にLINEで「今の俺は最強」「人を容赦無く殺せる」「ちゃんと痛めつけてからね」など驚愕の内容を送信しており、彼らの鬼畜の思考回路には絶句します。

このような本人らの信じられない吹聴もあり4月21日には早くも警察署に「少女が埋められたらしい」という通報が入り事件が発覚。

4月23日には湯浅成美、中野翔太、鉄筋工の少年の3人が逮捕され、逃走を続けていた井出裕輝も翌24日には警察署へ出頭し、4人全員逮捕に至ったのです。

残忍な事件を起こした容疑者らが、自ら事件を自慢げに暴露するという心理状態に恐ろしさを覚えると同時に先に紹介した中野翔太のみならず、みな若さのみを理由には出来ないレベルの知的な問題があったのでは?と思えて仕方がない事件後の言動に驚きしかありません。

およそまともな人間が行い発した行動だとは思えないという意味あいで、やはり何等かの頭の問題があったのでは?と思えて仕方ありません。

船橋18歳少女殺人事件の判決

2015年に起きた事件とあり船橋18歳少女殺害事件の判決がすでに確定しています。

湯浅成美、井出裕輝、中野翔太の3人には、第一審で「無期懲役」の判決が下されました。

中野翔太や湯浅成美は、それぞれ最高裁判所まで争う構えを見せましたが、控訴、上告ともに棄却され無期懲役の判決が確定しています。

井出裕輝は、起訴内容のうち、殺害は認めたものの「強盗殺人」では無いと主張しており、無期懲役の判決を不服として控訴しますが、やはり無期懲役が確定しています。

井出は生き埋めや穴掘りも全て中野が実行しており、自分は関わっていないと主張していましたが、中野に指示していたのは明白で、当然訴えは退けられました。

湯浅成美については、事件当時18歳の少女に対して無期懲役が初めて下された判例となり、大きく注目されました。

容疑者らは、裁判中に被害者家族へ謝罪の問われても反省している様子はなかったといわれており、彼らが人生をかけて償うのはもっともといえるでしょう。

Sponsored Link

おわりに

船橋18歳少女殺人事件で逮捕された井出裕輝ら容疑者の生い立ちは、両親との別離や家族との疎遠などの闇を抱えており、それだけに結びつきも強く、野口さんの友人だった湯浅成美が仕掛けた殺人にも躊躇なく関わったものと思われます。
事件後の殺害暴露で彼らの鬼畜の思考回路に視線が集まり、容疑者らはその若さにもかかわらず無期懲役の刑が確定しました。彼らは人を殺めたことの大きさに気付き始めているのかどうか、彼らの更生には長い時間がかかりそうです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 木嶋佳苗アイキャッチ
  2. 遠藤裕喜アイキャッチ
  3. 森翔馬アイキャッチ
  4. 本郷功太郎アイキャッチ
  5. 武藤勇貴アイキャッチ
  6. 井本光アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。