片井裕貴の生い立ち~祖父も金持ちな華麗な評判が裏腹過ぎ?

この記事は5分で読めます

片井裕貴アイキャッチ

9月8日、京都府警は20歳の泥酔いさせた女子大生に性的暴行を加えたとして、同志社大学アメフト部に所属する片井裕貴容疑者(21)ら4年生部員4人を準強制性交の疑いで逮捕しました。

事件の主犯格だった片井裕貴については、週刊誌の報道などで祖父も金持ちの評判が見えており、家庭では品行方正の良い子という裏腹過ぎの事実が明らかになっています。

片井裕貴の生い立ち、祖父も金持ちな華麗な評判が裏腹過ぎについてお伝えします。

Sponsored Link

同志社アメフト部4人女子大生性的暴行の卑劣さ

泥酔させた女子大学生(20)に性的暴行を加えたとして、京都府警は9月8日、同志社大学アメフト部に所属する片井裕貴容疑者(21)、山田悠護容疑者(21)、浜田健容疑者(22)、牧野稜容疑者(21)の4人の4年生部員を、準強制性交の疑いで逮捕しました。

「事件が起きたのは今年5月21日未明です。4人と女性は京都市内の繁華街のバーで出会い、この日が初対面でした。4人はカクテルなどの酒を約3時間、女性にしつこく飲ませて泥酔させ、片井容疑者の自宅に連れ帰った。その後、午前4時半~午前5時半ごろ、性的暴行をした疑いが持たれています。複数の防犯カメラに女性を抱き上げる4人の姿が映っていたことや、スマホで暴行の様子を撮影したことも判明しています。かなり悪質な犯行と言わざるを得ません」(Yahoo:引用)(全国紙社会部記者)

4人は行為自体は認めた上で、「女性と認識の違いがあったかもしれない」などと逮捕時に供述しています。

名門同志社アメフト部レギュラー4人が、面識のない1人の女性に声をかけ性的暴行した上にその様子を録画したいたという卑劣さに注目が集まりました。

片井裕貴の生い立ち~家族の評判が品行方正

片井裕貴の家族は、祖父、両親がおり、片井は3兄弟の長男だったそうです。

報道では、片井裕貴は円満な家庭で育ったとされ、家族の評判は品行方正だったというから驚きです。

近隣住民は片井や家族についても良い印象があったようで

「あそこは3兄弟で、みんな野球をやっていました。兄弟が家の前の道路でキャッチボールをやってる姿を見てました。近くの公園はキャッチボール禁止なので、人が来ないかとても注意しながらやっていた記憶があります。お父さんがスポーツマンで、厳しくしつけをしていて、あそこの兄弟は私らなんかにもきちんと挨拶してくれてました。近所でも“いい子たちに育ったねえ”と評判で、典型的な円満家庭でしたよ。彼1人でやったんじゃないでしょ。お酒か回りに合わせたのかだと思います」

また別の近隣住民も
「事件を起こしてしまったお兄ちゃんは3兄弟のうち長男。関西ではみんな憧れの同志社大学のアメフト部に入ってしっかりと活躍もしていたし、下の子たちにとっても憧れの存在でした。一流商社への就職もきまっていたと聞きます」
(NEWSポストセブン:引用)

片井裕貴の祖父も彼については

「小学校に入ってから野球をやりだして、中学、高校と続け、アメフトは大学に入ってから始めたんです。礼儀正しい子やのに、こんな事件を起こして本当に残念。私自身ほんまに悔しい思いです。子供の頃から優しくて親孝行、気遣いもできる子やった。3人きょうだいの長男で、下の子たちも尊敬していました」(片井の祖父・文春オンライン:引用)

ちなみに片井裕貴容疑者の両親の職業については明らかでなく、近隣住民はエリートサラリーマンではないかと話しているようで、祖父は以前建設会社に勤務し、現在は自営業ということです。

片井裕貴の生い立ち~学歴は優秀そのもの

片井裕貴の中学校と高校は清教学園という私立に通っています。大学も名門の同志社大学に通っており、それなりの教育を受けてきたことがわかり、学歴は優秀そのものといわれています。

特に同志社大学アメリカンフットボール部「WILD POVER」は、関西学生リーグ一部に所属し、部員は120名を超える名門。片井はじめ、事件の容疑者4人はチームのレギュラーとして活躍していました。

同部はリーグ優勝は過去2回、かつて大学日本一を慶応大学と争ったこともある古豪でしたが、近年は戦績が低迷していたといいます。

今年2月には、2018年に起こった反則タックル問題で存続すら危うかった日大アメフト部を立ち直らせた橋詰功氏(59)をヘッドコーチに招き、強豪復活を期して、今シーズンに賭けていたところでした。

片井らは知人によると、練習中も後輩に優しくアドバイスをしたり、練習外でも面倒見が良く、成績が芳しくない後輩には単位が取りやすい授業を教えたり、過去問も教えたこともあったといわれています。

4人とも早々に大手有名企業に内定をもらっていたといわれており、そのような彼らがなぜ有り得ない事件に関わったのか気になります。

Sponsored Link

片井裕貴の祖父は金持ちのコメント

事件について片井裕貴の祖父のコメントが注目され、かなり金持ちだったことも噂になっています。

片井の祖父は、事件後のインタビューで、商売をしていることが明らかになっています。

「一流の商社に就職も決まっとったんや。私の商売でつながりがある会社なんやけど、『口聞いたろか』と言うても、『自分なりに頑張っていきますから』言うて、ツテも使わんと実力で入ったんや。こんな喜ばしいことはなかった。今回の事件があって、全部パーになるやろうけどね…」
(引用元:文春オンライン)

祖父の会社が一流商社と繋がりがあり、口利きで入社も可能という文春の記事からは、片井の実家は「金持ち」と想像できます。

また、文春では片井裕貴容疑者の祖父が、今年のお盆前に別荘でに会ったとも話していました。

(ご両親は何と?の質問に)「『マイナスからのスタートでも私が支援したる、そんな心配すんな!』と両親には言ったけど、息子の将来を危惧して心配しとった。やったことは本当に最悪最低やから、それは戒めないかんけども。でも私はね、本人は後悔して必ず再起できると信じている」(文春オンライン・祖父)

実家の両親の職業は明らかにはなっていませんが、祖父が高い立場か、大きな会社の経営者で何でもできる裕福な育ちだったことは明らかです。

片井裕貴の表の顔と裏の顔

実は円満家庭のいい子だった片井が、性的暴行の主犯格ということで、彼の表の顔と裏の顔が注目されています。

彼の大学の友人によると

「4人は彼女を作ることに熱心でした。4人のなかに彼女がいない人がいて、4人で色々アドバイスをしあっていたと聞いています。主にマッチングアプリを利用していたようですが、なかなかうまくいっていなかったのでしょう。同級生の女の子にも“誰か彼氏欲しい女の子を紹介して”とお願いしていましたし、夜は若者が集まるスポーツバーに出かけて女性に声をかけていたと聞いています。卒業までに彼女を作りたかったのでしょうか……」
 4人の逮捕を受け、アメフト部は無期限活動停止を発表。(NEWSポストセブン:引用)

逮捕された片井には、金持ちで名門大学アメフト部でレギュラー、一流商社に就職内定という人もうらやむ優秀な表の顔と、女好きの裏の顔があったことがわかります。

大学生とはいえ男性4人が1人の女子大生を泥酔させた挙句、4人での強姦行為だけでも許されない鬼畜の仕業、それに付け加えて携帯でその様子を録画していたというのだから片井容疑者らが言う「認識の違い」で済まされる問題ではありません。

表面は優秀で文武両道の好青年だったとしても、酒の席でハメを外したレベルでは済まされない今回の事件こそ容疑者らの本当の顔ではないのではないかと思えて仕方ありません。

Sponsored Link

おわりに

女子大生性的暴行事件で逮捕された片井裕貴は、実家は金持ちで名門同志社大学アメフト部レギュラーとして活躍する優秀な学生でしたが、その表の顔と裏腹に、女性に声がけする女好きの裏の顔があったことがわかっています。
彼の祖父のコメントから実家はかなりの金持ちで、彼の人生は思うままにできるような発言がみえ、片井裕貴も好き放題に過ごしてきたお坊ちゃまだったのだろうと思われます。金持ちゆえの示談で終わってしまうのかと心配されていますが、後を絶たないこうした事件を無くす為にも厳しい処分を下して欲しいと願うばかりです。今後の動きに注目です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 市橋達也アイキャッチ
  2. 神田司アイキャッチ
  3. 大月孝行アイキャッチ
  4. 鈴木泰徳アイキャッチ
  5. 勝田州彦アイキャッチ
  6. 青木恵子アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。