小野勇の生い立ち~高校は真面目な性格!壊れた訳は離婚がきっかけ?

この記事は5分で読めます

小野勇アイキャッチ

北海道小樽市の女子大学生・瀬川結菜(せがわゆいな)さん(22)の遺体が、札幌市にある小野勇(おのいさむ)容疑者(53)の自宅アパートで見つかった札幌女子大生死体遺棄事件。

ツイッターなどから、逮捕された小野勇の学生時代や元自衛隊員の経歴、離婚や家族について話題になっています。離婚後はうつの症状も抱え療養していたといわれています。

小野勇の生い立ち、高校時代は真面目な性格、壊れた訳は離婚がきっかけについてお伝えします。

Sponsored Link

小野勇の札幌女子大生死体遺棄事件

2022年10月3日昼頃、小樽市内に住む大学生瀬川結菜さん(22)が自宅から外出後連絡が途絶え、家族が10月7日に小樽署に行方不明届を提出しました。

同月8日、瀬川結菜さんの足取りから札幌市の小野勇容疑者(53)の自宅に監禁されている疑いが浮上し、家宅捜索の結果、瀬川結菜さんの遺体が発見されました。

小野勇容疑者は8.7センチの折り畳みナイフを所持し、死体遺棄の疑いで現行犯逮捕されました。

司法解剖の結果、瀬川結菜さんの死因は首を圧迫されたことによる窒息死と判明し、行方がわからなくなった翌日の10月4日頃に死亡したとみられています。

小野容疑者は「殺してほしいと依頼され殺した」と供述していました。

その後小野容疑者は瀬川さんの首を絞めて殺害したことをほのめかし、部屋からは携帯電話も見つかっています。

小野容疑者のものとみられるツイッターには、事件をうかがわせる投稿が立て続けにされており、 「普段通りに生活してる やっぱ壊れてるなぁ」「ちゃんと供養する」などの言葉があがっています。

捜査関係者によると小野容疑者は「瀬川さんが行方不明となる前にも、会ったことがある」という趣旨の話をしており、出会いのきっかけは「SNSで知り合った」としています。

小野容疑者の知人によれば、10年前くらいに『2人殺した』と聞いたことがあると言っていたともいわれ。こうした情報について、警察もそれらの真偽を含めて慎重に調べを進めています。

小野勇の生い立ち~家庭内暴力の父のDV

小野勇容疑者は、幼少期は札幌市で家族と暮らしていたようです。

彼の小学校入学時の写真が公開されており、白いタイツにアニメ柄の上履きを持ちきちんとしたなりでたたずむ姿から、お坊ちゃまとの噂が多くみられます。

彼が小さい頃には、父親が母親に暴力をはたらくなど愚行をしていたようで、学生時代は小野がそれを力づくで止めていたといいます。(「約束のそらの果て」)

父のDVがあったとはいえ、父とは仲が良かったようですが、父親は2019年に脳梗塞で他界し、その後母親は施設に預けているといわれています。

小野には兄がいるともいわれていますが、音信不通で交流がなく孤独を深めていったといわれています。

小野勇容疑者は「無事に父の葬儀が終わりました」と家族写真をインスタに投稿していました。「不謹慎な喪主」とハッシュタグを付けていることから小野容疑者は長男だと思われます。

「父親の遺骨を壺に入れて部屋で保管していました。母親や兄弟とは疎遠になってしまったようでしたが、父への愛着は相当強かったようです。『《勇》という名前は、お父さんとお祖父さんが新選組の近藤勇が好きだったからつけたんだ』と嬉しそうに話していました。」(知人女性)(文春オンライン:引用)

小野勇容疑者は遺骨を部屋で保管するなどしていたといい、父親を思う気持ちが強かったようです。

Sponsored Link

小野勇の生い立ち~高校時代は成績優秀

小野勇の凍結される前のツイッターには、中学高校時代硬式テニス部と剣道部に所属していたという情報があったようです。

1984年に高校に入っており、ツイッターでは新設校と記載されていたといいますが詳細な情報はわかっていないようです。

彼はテニスラケットを購入しサークルも立ち上げていることがわかっており、テニスは大人になった今でも趣味の一つとして続けているようでした。

運動部に所属しながら勉学もこなす高校時代を送り、成績優秀だったのではといわれています。

また高校を卒業してから、小野は自衛官やタクシー運転手の職を経験していますが、知人によると「ごく普通で気さくな人」との評判もありました。

またSNSでは自身について「陸上自衛隊の格闘部隊」で指導官を務め、海外の戦地での実戦経験もあると説明していました。

自衛隊での勤務や、指導官を務めるまでになるには、努力が必要なので、ネットでは「努力家?」という意見もあがっており、最近の2022年4月には、ウクライナのビザを申請したが発給されず「役に立ちたかった」とも綴る一見真面目な部分も見せています。

小野勇の経歴

小野はSNSで銃やナイフの画像を多数投稿しており、自身の経歴について元自衛官で、傭兵として海外などで実戦経験があることも彼のツイートからわかっています。

小野容疑者は、高校卒業後就職に失敗したことで、自衛隊の道に進んだといいます。

初めて働き始めたのは北海道・千歳の駐屯地にある陸上自衛隊第7師団71戦車連隊で、通信業務を担当していたといい、小柄で体力がなかったそうですがなんとか6年間働きました。

階級は3曹終わっており、海外紛争に傭兵として参加したといわれていますが、実はこれらの経歴には嘘も含まれていたようです。

「小野さんから『お国のために』なんて言葉は聞いたことがありません。自衛隊に入ったのは『生活のため』だったんでしょうね。階級は3曹で終わってますが、なれるはずもないのに『もうすぐ2曹になるはずだ』と自分を買い被っていました。  多額の借金がバレた後も、自分は優秀だと勘違いしている感じでした。自分の世界や価値観の中で全てが完結していて、全く周りが見えていない。ボスニアの紛争に傭兵として参加したとツイッターに書いていたそうですが、『自衛官も務まらなかったやつがよくいうよ』というのが、正直な感想ですね」(陸上自衛隊時代の小野勇容疑者の同僚A氏)(文春オンライン:引用)

また小野が自衛隊をやめるきっかけとなったのが酒や女に使い果たした300万円以上の借金だったとか。借金が隊内にバレた途端、小野勇は失踪し、その後正式に除隊となりました。

小野勇の性格や評判

小野の陸上自衛隊時代の同僚によると、彼は空想癖が強すぎ自分の世界に入り込みすぎるためか「ロボットと会話している気分だった」といいます。

また虚言癖もあったようで、

“千歳のキャバクラの娘たちを『彼女なんだ』と隊内で自慢げに話すことがありましたが、デートをする姿は一度も見たことがない。(中略)よくよく会話を聞いてみると、一回飲みにきたことがあるだけだとわかった。”(週刊文春:引用)

このような虚言癖は、最近の事件の捜査にも影響しているようです。

“小野容疑者のものとみられるツイッターには「3人目かぁ」など、過去に瀬川さん以外の人を殺害したことをほのめかす投稿がありました。 捜査関係者によりますと、小野容疑者は「ツイッターで複数人の殺害をほのめかした投稿はウソだった」という趣旨の供述をしていることがわかりました。 警察は投稿や供述の真偽を慎重に調べています。”(ヤフーニュース10月21日)

他にも、小野が自衛隊を辞めるきっかけが借金でしたが、彼にはキャバクラやスナック、風俗店に通いお金を湯水のように使うだらしなさがあったといわれています。

休日に風俗店やキャバクラに出かけては、女性に貢いで、すすきので金曜夜から月曜朝まで過ごすなどかなりの女遊び好きだったようです。

Sponsored Link

小野勇と離婚後に壊れた可能性

小野はバツイチで今年18歳の娘がおり、30代半ばで結婚したものの2年半で離婚します。ただ娘とは離婚後は会えておらず、「会いたい」と悲しそうな素振りで話していた事も分かっています。

小野は、結婚当時は自衛隊を辞めておりタクシー運転手をしながら、家族3人仲良く暮らしていたようですが、離婚後に壊れた可能性が浮かんでいるようです。

小野勇は、結婚後も夜間中心の仕事がら、近所付き合いや仕事でのコミュニケーションなどがうまくいかなかったといいます。

小野はかつて自宅アパートとは別の団地で奥さんと娘の3人で暮らしていましたが、いつの間にか2人は出て行ってしまったといいます。

妻と娘が出て行ってしばらくしてから付き合い始めた若い彼女も、小野と同じく鬱の症状を抱えていたことが分かりました。

小野の知人によると、小野勇は数年前から精神疾患がひどく、仕事を辞め療養中だったといいます。

彼は、SNSでも2018年5月には精神を病み自宅療養をしていることを明かしていました。

自信のSNSでも処方された睡眠薬や抗うつ剤の画像のほか、「僕には何もない」「生きてる価値なくね?」といった内容の投稿も。

またタトゥーの写真や所持しているナイフの写真、エアガンのコレクションをアップすることもあり、奇妙な様子も度々みえました。

知人によると、彼の症状は進行する一方で病気に苦しんでいて、周囲にはお金がないともらし生活保護を受けていたと話していたそうです。

瀬川結菜の生い立ち~成績優秀ヤングケアラーとイジメが絶望の理由

おわりに

札幌女子大生死体遺棄事件で逮捕された小野勇は、家庭内暴力DVの父親を亡くしており、高校は真面目な性格で成績優秀といわれていました。高校を卒業後は、元自衛隊員の経歴を持ち6年勤めますが、離婚後鬱の精神疾患が酷く悩んでいたことがわかります。
瀬川さん以外の複数人殺害の可能性がみえていたものの、彼の虚言癖で嘘だったことがわかり、真相は再び混沌としているといえます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 木嶋佳苗アイキャッチ
  2. 嘉本悟アイキャッチ
  3. 飯森裕次郎アイキャッチ
  4. 宮本一馬アイキャッチ
  5. 光山和希アイキャッチ
  6. 岡崎一明アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。