野崎幸助の生い立ち~資産はサオ師の職業で死因はまさかの腹上死?

この記事は7分で読めます

野崎幸助アイキャッチ

紀州のドンファンとしてその名を馳せた野崎幸助さんが先日お亡くなりになりました。

急死との事で詳しい死因の発表がされてないですがその莫大な資産やかつて一代で資産家と成った彼の経歴にはまさかの過去があったことを知り驚愕しています。

今年2月には55歳年下の嫁と3度目の結婚をした野崎幸助氏の生い立ちや意外なルーツを追ってみようと思います。

最後まで若い女と愛を追い求めた彼の死因はまさかの腹上死なのかも~と思える野崎氏のご冥福を祈り女に情熱を捧げた男の一生を追ってみましょう。

Sponsored Link

野崎幸助が死去

デートクラブ

思い返せば野崎氏がメディアで話題となったのは2016年2月23日和歌山県田辺市で、若い女性との性的関係にあった通称ハーフモデルの女性に総額6000万円相当の金品を持ち逃げされた事で一躍、事件となり話題となりました。

その当時の年齢で既に齢70歳を超えた老齢資産家の野崎幸助氏の、およそ想定外のスキャンダラスな若い女性との性的関係や、それらを隠そうともしない大胆な発言で一躍注目されます。

『いい女を抱くためにお金持ちになった』と恥ずかしがる素振りも無く、むしろ自慢げにその人生観と自身の資産家としての成功ぶりを堂々と話す野崎氏は、その後、恐らく人生初である著書『紀州のドンファン』を発行します。

それから2年後の2018年5月24日、自身最期となる野崎氏は77歳で自宅にて倒れて帰らぬ人となります。

死亡当時の死因は怪死とも言われていましたが事件後、ほどなく明らかとなったのは急性覚醒剤中毒死と言うよもやの怪死です。

当時77歳だった野崎氏は必要以上に健康状態にも気を付けて日々を過ごしていたにも関わらず、急性覚醒剤中毒死との死亡原因。

注射痕が無い状態での覚醒剤の中毒死と言う事で、当然死亡時より3ヵ月前に婚姻していた55歳年下の若妻に、あらぬ疑惑が浮上します。

あまりの急死でしたので当然と言えば当然ですが、何より死亡解剖による死因も想定外の覚醒剤とあり尚更この紀州のドンファン死亡後は野崎氏の死因と残された莫大な遺産を巡って様々な話題となったのです。

生前から自身の生涯を自慢げに『いい女を抱くためにお金持ちになった』と豪語した野崎氏のこれまでの生涯は、こうしてあっけなく幕を閉じだのですが濃厚な他殺説が消えない状態のまま、3年に月日が経過したのです。

もはやこの紀州のドンファンの怪死は犯人不在のままお蔵入りになるのでは、と思ったドンファン死亡から3年後の21年4月28日、ようやくと言うがやっぱりと大方の疑惑の通り、55歳年下妻の逮捕と言う最悪の結果となりました。

野崎幸助プロフィール

氏名   野崎幸助(のざき こうすけ)
生年月日 1941年(昭和16年)
18年5月24日  享年  77歳
出身地  和歌山県田辺市生まれ
最終学歴 中学
職歴   鉄屑拾い・訪問販売・不動産・金融業

野崎幸助の生い立ち希代のサオ師の始り~

野崎氏は1941年和歌山県田辺市出身の酒屋の7人兄弟の3男として誕生。

時代は戦前の大方の家庭がそうだったように野崎氏の家庭も貧乏な家庭に産まれます。

幼い頃は生前のイメージとは違い、大人しく目立つ存在でもなく同級生からイジメられるような事さえあったと言う野崎氏ですが7人の子供の中でも3男と男兄弟で末っ子だった為か両親はとても野崎氏を可愛がったそうです。

そんな野崎氏も中学卒業と共に働く事になり最初に始めた仕事は鉄屑拾いを始めたようです。

混沌とした時代に先行きの不透明さを感じた、当時の幸助氏は当時ひょんな事から畑にあった肥溜めに捨ててあるコン〇ームを見つけたそうです。

時代は時代でも男と女の営みが絶える事はないのだな、との想いに至ったのか、まだ若かった野崎氏は、それを見て閃いたのがコン〇ームの訪問販売を始めます。

鉄屑を広いで日銭を稼ぎながら商売としてコン〇ームの訪問販売を開始します。

現代とは違い物自体が極端に少なく、でも需要過多で今程、何の楽しみも無い時代に農家に限らず男女の楽しみの一つとして絶対の需要があったことを当時の野崎氏は嗅ぎ付けたのかもしれません。

野崎氏自身も初体験は14歳でそれ以降まさに死ぬまで現役を貫いて自身曰く『1日3回は欠かさない』と女性との性的関係を豪語していました。

もちろん薬など無用だったようです。

そして話は戻りますがそのコン〇ームの訪問販売では、現代程コン〇ームが販売されておらず需要過多だった当時に男女の必需品でありながら、一般人には簡単に手に入らない代物だった背景があるのでしょう。

野崎幸助少年は、その需要と供給を従来の千里眼で見抜き、訪問販売として自らが売り歩く事を実行します。

田舎の農家がメインの家庭の主婦に、

『コン〇ームはいりませんか?』と尋ね歩きます。

当然お堅い女性に追い返される事も、あったそうですが当然若い少年だった野崎氏を見た主婦の逆のバージョンもあり

『商品の効果を教えてくれませんか?』と頼まれたことも多々あったとか…

生前の野崎氏曰く、大半が年上の好みではない女性ばかりだったそうですが、背に腹はは変えられないとの思いから野崎少年はお客の無理な要望に応えたそうです。

現代で言う所の実演販売を実行。

それが功を際し売り上げは、うなぎ上りだったそうです。

当時のサラリーマンの月収の3倍を稼ぐまでに成功した訪問販売で野崎少年は、すっかり自信の商才に目覚めたのでしょう。

サオ師さながらの八面六臂の活躍で成功の階段を駆け上がった野崎氏の実行力も凄すぎます。

まさに生涯を通して女性とは切っても切れない関係だった野崎幸助氏の捨て身の実行力。

そこでの成功がきっかけとなり、それらの資金を元手にして不動産や金融業への成功者へと駆け上がり若山では希代の
実業家として90年代には若山県で長者番付2位となる程の資産家となります。

今ではコン〇ームの訪問販売?と聞いただけで怪しさ満点ですが、戦前の日本の物資事情を考えると、とてつもなく珍しく、貴重品だったのかもしれません。

そして古今東西、異性への興味がいつの時代も途切れる事が無い人間の三大欲求にある事を考えても、渡りに船状態で若い野崎少年のコン〇ームの実演販売は革新的な商売だったのかもしれませんね。

しかもただの説明だけではなく身を挺しての実演販売です。

実際、当時から野崎氏は小柄で愛嬌があったので営業が上手かったそうです。

そうした野崎氏本人の売り込みが女性の間で評判が評判を呼び、当時の田舎の主婦の間で飛ぶように売れた、と言うのもにわか話では無いような気もしてしまいます。

Sponsored Link

野崎幸助の資産と紀州のドンファンとして

訪問販売で成功した野崎氏は、その後、本格的に貸金業を開始。

バブル期には女優の仁支川峰子をイメージキャラクターに使用して会社はうなぎ上りでみるみる巨額の資産を構築したと言います。

ピークの時の貸付金額が200億あったと言われる程巨額の金を動かす実業家となります。

一時国税局にも高額所得者として名を並べる程の資産家として彼を成長させまさに裸一貫から成り上がった野崎氏。

ただ、温厚そうな見た目とは裏腹で、貸金業での取り立ては暴力団にも引けを取らないレベルの熾烈な取り立ても行ったらしいですが…

そのせいで過去2度刺された事もあり地元では野崎氏を良く言わない人も多いともいわれているようです。

でも本人は、この辺りの領域に来たら、もう外野の戯言状態だったのでしょう。

馬事雑言とばかりに我が道を生きた野崎氏。

ビジネスでは厳しい取り立てをしても女性にはめっぽう弱く回りくどい落とし方を好まず至ってストレートに大金をチラつかせモノにする、を繰り返していたようです。

生涯で女性につぎ込んだ金額を自ら4000人相手に30億だと豪語する野崎氏。

性に対する飽くなき欲求と女性への真実の愛を求める気持ちは最後まで果てる事なかった氏の最期は、あっけないものでした。

『いい女を抱く為に成功したい』の欲求そのままの
王道人生を追求した稀有な存在だったのでしょう。

大金を使ったと豪語した男性で『紀州のドンファン』として話題の著書も発売し、堂々と自分の欲望を追求してきた彼の自己主張は、だたのエロジジイと言い切るには豪快過ぎるのも事実です。

野崎幸助の好みの女がカッコいい

 彼の欲求は一つ『いい女を抱きたい』

16年2月にデートクラブで知り合ったモデルに金品強奪で警察に訴え事件化して全国区になった野崎氏。

警察の事情聴取で『売春やよ』と言われるも独身であるが故、気が合えば結婚さえ厭わない事を主張した野崎氏。

野崎氏の持論はこうでした。

「買春とは言わない。感謝の気持ちとしてお礼を渡しているだけ」

そう云い放ち、一晩30万から40万の金をチラつかせ若く美し女を次々と落としたようです。

あくまで効率を考えたうえでの大人の自由意思で男女の関係になっていたと主張を曲げない彼の女性を獲得する為の手段として大金を使うのも
財力ある男の唯一無二の確実な方法だったのかもしれません。

ただ、ふてぶてしいまでの言い切りぶりは、若さは無い、でも金はある。金が欲しい女に若い女が好きな財力ある男が女に金を盾にくれてやるのが何が悪い、と言わんばかりな状態も恐ろしいですが。

野崎氏のぶれない女性観とその好みの女像はやはり只者ではなく、飽くなきイイ女を追求してきたからこその女性観を持ち合わせていました。

好みのタイプは

20代半ばの若く大柄でグラマラスな女性が好み、小便臭い若い娘に興味はなく、世間で問題とされる児童買春の心配は自分の好みには無いときっぱり。

一見筋の通った女性論を持つ野崎氏には妙な説得力があったのも確かです。

このブレナイ欲求が効率の高さを極めて若い頃はクラブの女性に通ったりなどもあったようですが晩年は2016年2月にテレビで報道され話題となったデートクラブで知り合った女性との大人の交際からのスタートダッシュがお気に入りのパターンだったようです。

2度の結婚歴があった野崎氏ですが当初は独身。

その後、最期の原因となる55歳年下の須藤早貴容疑者(若妻)と死亡する3ヵ月前に入籍した状態だった野崎氏。

野崎し曰く、いい女性との出会いさえあれば男女の仲はフィーリング。

なのでデートクラブで体の付き合いから始まっても本当に気が合うなら結婚も厭わないと言うのが野崎氏自身の持論です。

実際今年の18年2月23日には55歳年下の21歳(自称モデルと3度目の婚姻関係を結んだ矢先のわずか3ヶ月後の死去でした。

野崎幸助の死因はまさかの腹〇死

志半ばとは言わないままも新たな出会いで21歳の妻をめとった77歳の野崎氏。

だがその想定外の急死に世間が騒然としたのはあれだけの人物であったにも関わらずその死亡原因が明らかになっていない事。

殺人事件ではないとは思いつつ・・・

そして年齢的にも急死だって不思議でもない77歳だった野崎氏ですが嫁が21歳。

2月23日に結婚して3ヶ月の新婚です。

1日に3度の性〇為は欠かせないバリバリの現役男である事を常々ポリシーとしていた野崎氏を想いこう思いました・・・

腹上死?

自宅で亡くなられたとの事警察が10人程自宅に詰めかけ秘書である女性に後に分かる事とし死因の説明はできないと明かしたと報道されました。

腹上死ならば野崎幸助の人生に悔いは無しという幕締めとなったのでしょうか。

莫大な財産の行先を想像しただけで目眩がしそうですが腹上死されたのなら3ヶ月の新妻でも頂かないとですよね・・・

故人本人も想定外の急死と想像しつつ、やはり人生は自分が思うより短い、だからこそ自分の欲求を知り、まがう事なく追及することが出来た野崎幸助さんは本当の意味で人生の成功者だったのでしょう。

Sponsored Link

嫁の画像あり!経歴がAV嬢のヤバすぎな過去!
須藤早貴の生い立ち~実家の父親は医師?高卒AV出演の大嘘な経歴
須藤早貴がローランド太客?ホス狂歴は高校時代のぶっ飛び半生の闇

おわりに

それにしてもコン〇ームの実演販売からのまさに裸一貫からスタートさせて実業家として大成功をおさめ最後まで飽くなき女性への愛を諦めず追求したて叶えてきた野崎幸助氏。サ〇師さながらの訪問販売から最後まで好みの女を抱く事にこだわり続け全てを叶え手にしてきた野崎幸助氏の生き様はある意味かなりアッパレなのではないでしょうか。ご冥福をお祈りしたいと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 前澤友作アイキャッチ
  2. 孫正義アイキャッチ
  3. 高田明アイキャッチ
  4. 小佐野賢治アイキャッチ
  5. 岩崎弥太郎アイキャッチ
  6. 出光佐三アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。