日光東照宮の眠り猫の伝説が深イイ!彫刻家の逸話と由来や意味が壮大

この記事は4分で読めます

眠り猫

日光東照宮には様々な彫刻があり神厩舎にある
「三猿」が有名ですが、回廊にある「眠り猫」
の彫刻も忘れてはいけません。

穏やかな表情で居眠りをしている猫の彫刻ですが、
実はこの眠り猫にはとても深イイ伝説があるのです。

また、眠り猫の彫刻家もとてもスゴイ人なので
どんな人物かも知っておきたいところでしょう。

今回は、眠り猫やその作者である彫刻家についてを
ご紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

日光東照宮の眠り猫は伝説と由来

眠り猫
日光東照宮の眠り猫、確かに可愛いのですが

「なぜこんなところに猫?」

「大事なところに猫がいる意味は?」

と疑問に感じた人もいるでしょう。

実はこの猫、寝ているフリをしていて
主人である徳川家康公が眠る奥社を守って
いる
と言われてます。

主人が眠る神聖な場所には
「ネズミ(不浄なもの)1匹も通さない!」

というような、とても深い意味が込められて
いるのです。

そして眠り猫の彫刻をよく見てみると
表情は寝ているようにも見えますが
寝ているワリには足を結構踏ん張っています。

不浄なものや不審なものが来たら
いつでも飛び掛かれる姿勢を取っている眠り猫は
とても頼もしい家康公の守護者だったのです。

眠り猫の由来や伝説の意味を知ると、また一層
奥深く神秘的に思えて灌漑深いですね。

日光東照宮の眠り猫と雀の彫刻の意味

猫と雀

眠り猫の彫刻の裏側には何故か「雀の彫刻」
あるので「何の意味があるんだろう?」と
疑問に思ったことがある人もいるでしょう。

起きている猫が雀なんか発見したら
すぐに飛び掛かって食べられてしまいますよね。

ヒヤヒヤする光景に見えますが、実はこの構図には
「猫が眠っていれば雀と共存していける」という
平和と安定への願いが込められているのです。

また、それと同時に警戒心の強い猫が居眠り
できるような平和さや雀のような弱い存在でも
安心して過ごせる世の中になってほしい
という
深い意味も込められています。

本来であれば敵対(食物連鎖)の関係である
2つの動物が争ったり奪い合ったりしない平和な
世の中を表現したこの彫刻…

かなりいい意味が込められた彫刻ですよね!

日光東照宮が世界遺産になるのも納得のこだわりよう。

きっと全ての物に意味があるのでしょう。

眠り猫も三猿も、知れば知るほど奥深いです。

Sponsored Link

眠り猫の彫刻家左 甚五郎(ひだり じんごろう)の逸話

左甚五郎

眠り猫の彫刻家は、
「左 甚五郎(ひだり じんごろう)」という
江戸時代初期に活躍したとされる伝説的な彫刻家です。

彼には様々な逸話や伝説があり、

「左甚五郎の腕の良さに嫉妬した大工に右腕を切り落とされた」

なんて恐ろしい話もあります。

そのため、「左」の姓を名乗ったなんて話も…
(単に左利きだったからという説もあります)

そんな左甚五郎ですが、日光東照宮の眠り猫だけでなく
全国各地に様々な彫刻を残しています。

彫刻の腕はまさに天下一品、伝説級のもので
左甚五郎の彫った動物はあまりにもリアルなため
「魂が宿っている」と言われるほどでした。

埼玉県の秩父神社にある「つなぎの龍」も左甚五郎の
彫刻ですが、この龍には魂が宿っており、夜な夜な田を
荒らしているなんてウワサが立つほどだったそうな…
龍

現実的に考えると「そんなバカな…」と思いますが、
確かにとてもリアルな彫刻…!

実物の龍は見たことありませんが、今にも
飛び出してきそうな迫力がある彫刻ですね。

また、左甚五郎の逸話は落語などにもなっており、
「木彫りの鯉」という噺は左甚五郎の腕前や
カッコよさを存分に堪能できる噺になっています。

ネタバレすると、左甚五郎を名乗ってやりたい放題
だった偽物を本物の左甚五郎が「木彫りの鯉」
テーマに彫刻の腕前勝負をし、結果として圧勝する噺です。

一見ブサイクだった本物の左甚五郎の木彫りの鯉
でしたが水の中に入れるとまるで生きているような
姿で周りの人々はとても感動し、誰もが本物の
左甚五郎と認めました。

そして最後は左甚五郎の

「鯉は水の中にあってこそ鯉と言えましょう」
というカッコいい決めセリフ。

落語なので脚色や虚構の部分があるでしょうが、
木彫りの鯉をはじめ、左甚五郎の逸話はたくさん
あるので興味があれば調べてみると楽しいかもしれせんよ。

江戸時代の伝説の彫刻家なので、潜ると色々また
面白くも凄い伝説の発見があると思います。

今から300年近く前に現存していた人物ですからね。

眠り猫は徳川家康の象徴?

徳川家康

前述したように、眠り猫は家康公の守護者で
あると言われていますが、一説では

「眠り猫は家康公の象徴」

とも言われています。

何もないときは眠っているけど、実は完全に
眠っておらずチャンスが訪れたらカッと攻撃を
しかけて成功を手中に…

という家康公や江戸幕府を表している説もあるのです。

また、寝ているようで実は眠っていない眠り猫の
様子は、家康公の神経質で用心深い性格を表している

という一説もあります。

どちらにしても300年近く続いた当時の徳川幕府を
象徴する建築物として世界遺産とされる日光東照宮
には全ての物に意味や伝説が宿されているのかも
しれませんね。

Sponsored Link

関連記事
日光東照宮の観光所要時間とルートやモデルコースおススメが知りたい
日光東照宮の三猿の歴史ストーリーに秘密が?四匹目の除外理由の謎
日光東照宮の三猿の由来は孔子?日本固有じゃない世界共通の三猿論
日光東照宮の御朱印や御朱印帳の種類!所要時間の平日休日の違いも
日光東照宮のパワースポット場所や効果に意味!待ち受けおススメも
日光東照宮の御朱印や御朱印帳の種類!所要時間の平日休日の違いも
日光東照宮のお土産ランキング!貰って嬉しい自分に欲しいおススメも
日光東照宮周辺ランチ穴場!湯葉からソバまで子連れ家族も大満足
日光東照宮の三猿の修復は失敗?顔の激変は必然なのかミスなのか?

おわりに

眠り猫についてのまとめは、次のとおりです。
・寝ているフリをして、主人である徳川家康公を守っていると言われている
・敵が来たらいつでも飛び掛かれる姿勢を取っている
・眠り猫の彫刻の裏側にある雀の彫刻は「強者と弱者が共存できる平和な世の中」への願いが込められている
・眠り猫の彫刻家は「左 甚五郎(ひだり じんごろう)」という伝説的な彫刻家
・左甚五郎は全国各地に様々な彫刻を残しており、あまりのリアルさに「魂が宿っている」と言われるほどだった
・眠り猫は寝ているフリをしている様子から、一説では「家康公の象徴」とも言われている
日光東照宮の眠り猫、可愛いだけかと思ったら平和な世の中への願いを込めたり家康公を表したりと実はかなり深い意味がある彫刻だったようですね。
次回眠り猫を見ることがあれば、また違った角度から眠り猫を楽しむことができそうですね。
と、言うか個人的には、今回の内容を知って更に日光東照宮に行かなくては~と言う気持ちになりましたがみなさんは如何でしょうか?行かなくては~ですよね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 日光東照宮御朱印アキャッチ
  2. 幼少期
  3. 人力車
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。