ク・ハラ兄公開の遺書内容の真実!兄妹仲が分かる哀しい生い立ち

この記事は4分で読めます

クハラアイキャッチ

2019年11月24日、日本でも活躍していた
記憶が新しいKARAの元メンバーのク・ハラ
さんが韓国の自宅で死去されました。

現在のところ、詳しい死因や理由は公表
されておりません。

そんな中、ハラさんの実兄が自筆のメモを公開
すると発言したことから遺書内容が話題と
なっています。

一体、溺愛した兄が語るハラの遺書内容とは
どんな内容だったのでしょう。

Sponsored Link

ク・ハラプロフィール

氏名 ク・ハラ (ハングル表記: 구하라)
生年月 1991年1月13日
    2019年11月24日(享年28歳)
血液型 B型
出生地 大韓民国光州直轄市(現・光州広域市)
身長   163cm
体重   48㎏
兄弟  兄
職業  歌手、女優
趣味  写真撮影、読書、ジム(運動)
特技  車の運転

ク・ハラのデビューから再期まで~

子供の頃から芸能界に夢があり、各プロダクションの
オーディションを受けながらインターネットショッピング
モールのモデルをしていました。

2008年にKARAのメンバーが脱退したことを受け、
公開オーディションが開催され、そのオーディションに
合格します。

同年発表された「Rock U」からKARAのメンバー
として活動を始めます。
kara
KARAの中では、「クールなお嬢様担当」として
愛されていました。

近年は活動の拠点を日本に移した事から親日家として
東日本大震災の被災地への支援として1億ウォン
(約720万円)を寄付
するなど、日本での認知度や人気
がある元KARAメンバーとしても知られています。

KARAとしてデビュー後、韓流ブームとKポップブーム
の流れから日韓両国にて活躍してきましたが、2016年に
ハラさんを含むオリジナルメンバー3人が所属事務所との
専属契約が終了。

事実上KARAは解散することとなりました。

その後、新しく他の事務所と専属契約を締結し、
歌手や女優活動を再開します。

2019年には日本の芸能プロダクションの
プロダクション尾木と契約し、活動拠点を
日本に移します。

しかし、移籍前の2019年5月に自殺未遂し、一命を
取り留めたものの同年11月24日に韓国の自宅にて
遺体で発見されました。

警察は事件性がないと判断しており、自殺と
見られています。

ク・ハラ兄公開の遺書内容の真実

僅か28歳の若さで自らの命を断ったハラさんが
亡くなられた自宅から自筆のメモが見つかります。

ハラ死亡の報道から3日後の11月27日に出棺を
行ったことに伴い、実兄が自筆のメモを公開すると
発言したことが話題となっています。

今現在わかっているメモの内容は

「自分の身辺を悲観する内容」だったそうです。

文章は非常に短いもので、今後のスケジュールと
最後の1行には

「自分を愛せなくて、ごめんなさい」

という趣旨の文章があり、これが事実上の遺書と
考えられているようです。

晩年のハラさんは様々なトラブルを抱えており、
交際していた男性とのトラブルや東日本大震災の
寄付を引き金に昨年から続く日韓の慰安婦問題や
徴用工問題なとの流れで韓国は以前より更なる
反日家が増加したと言われています。

冒頭での活動拠点を日本に移した事に始り昨年は
交際していた男性とのリベンジポルノ問題が重なり
誹謗中傷されたことや事務所トラブルにも見舞われて
いました。

2019年5月の自殺未遂事件後には、うつ病を患って
いるとの報道もありました。

また、2019年10月14日に親友であった女性
アイドルグループf(x)の元メンバーの歌手の
ソルリさんが自殺したことも今回のハラさんの死に
関係しているのでは?

という意見もあります。

ハラさんが遺したメモには第三者を批判する内容は
一切綴られていなかったとのことです。

メモの内容については公開され次第、追記
していきたいと思います。

Sponsored Link

ク・ハラ兄妹仲が分かる哀しい生い立ち

一世を風靡した一流アイドルとして華やかな
イメージの強いハラさんですが、その生い立ちは
悲しいものでした。

ハラさんの両親は7歳の頃に離婚し、兄妹で
親戚中をたらい回しにされた挙句、祖母の家に
引き取られ育ったようです。

ハラさんの両親はハラさんが有名芸能人になった
途端に現れて、特に父親は経済援助をハラさんに
求めてきた
ようです。

また、高校生時代には、家庭環境の影響もあり、
いじめにあっていたという話もあります。

学校の人気者である男子学生がハラさんの事を
好きになり、そのことを妬んだ女性の先輩に顔が
変形するほど殴られた事もあった
とか。

しかし、そんな境遇にめげず

「いつも謙虚で懸命な人であれ。価値のある人生を生きなさい。」

という育ての親である祖母の言葉を大事にして
夢へ向かって努力を重ねてきたようです。

愛情たっぷりで育ててくれた祖母もハラが歌手として
デビューした姿を確認するように2011年1月に他界し、
ハラさんは深い悲しみに包まれました。

そして、そんな苦境を一緒に耐え忍んだ実兄とは
深い絆で結ばれていたようです。

KARAとしてトップアイドルで成功した頃、韓国で
放送されたバラエティ番組で実兄がサプライズ登場し、
「嬉しくてたまらない」と涙を流し兄の腕に抱きつく
姿が放送されたことがありました。

今回の訃報に伴い、実兄がハラさんとのSNSの
やりとりを公開しており、そちらも二人の仲の良さを
うかがわせるやりとりになっています。

ハラの死後3日後に更新したハラの兄のSNSの
過去のスクショ内容です。

「今ようやくこのように写真を投稿してみます。愛してくださってありがとうございます。会いたいよ、僕の妹」
「どうか兄さんのお願いだ..悪い考えはせずに苦しまず、健康に気を付けて、時が流れたら結婚もして子供も持ってまだ残っている年月をずっと良く過ごして欲しい..」

妹の幸せだけを心から望んだ兄の切実な願いが
届かなかった事が、とても切ないですね…

Sponsored Link

ク・ハラのリベンジポルノ内容が闇?土下座と元カレ傷画像も絶句

おわりに

寂しい生い立ちや過去を乗り越えて掴んだはずの華やかな世界で成功して全てを手に掴んだはずのハラにとっての本当の幸せとは何だったのでしょう。
もしかしたら彼女が本当に望んでいた世界はスターでも有名人でもなかったのかもしれません。わずか28歳という若さで自らの命を断ち亡くなってしまったク・ハラさんに心からのク・ハラさんのご冥福をお祈りいたします。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 中山美穂アイキャッチ
  2. 冠徹弥アイキャッチ
  3. 西城秀樹アイキャッチ
  4. ジェジュンアイキャッチ
  5. 西城秀樹アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。