芝野虎丸の大学は?兄弟に東大生の家族と性格は名前通りの強気が持ち味?

この記事は4分で読めます

芝野虎丸アイキャッチ

10代での史上初となる名人となった囲碁界の
新星芝野虎丸(19歳)。

若干19歳の彼の大学や高校、兄弟に現役東大生
と言われる家族や本人の優秀さなど、見た目とは
裏腹な強い名前にギャップある性格など、芝野虎丸
名人の今を追ってみようと思います。

Sponsored Link

芝野虎丸プロフィール

氏名    芝野虎丸「しばのとらまる」
年齢   19歳(19年10月時点)
生年月日  1999年11月9日
出身地   神奈川県相模原市
職業    プロ囲碁棋士
所属    日本棋院東京本院
身長   165cm
体重   45キロ
趣味   犬・猫・インコの世話 カラオケ「米津玄師が十八番」 ボウリング

芝野虎丸の高校や大学はどこ

芝野虎丸九段「しばのとらまる(19歳)」は今年
10月7日と8日の2日間に渡って行われた第44期名人戦で、
史上最年少で7つもタイトルを獲得た人物です。

また2017年7月31日に行われた囲碁の第26期竜王戦
決勝戦では、余正麒七段「よせいき(22歳)」に勝利し
史上二人目の若さで見事初タイトルを獲得し七段昇段を
果たしました。

2014年4月にプロになってから2年11ヶ月でこの快挙は、
史上最短記録になるそうです!

そして竜王戦の翌年の4月29日には日中竜星戦が
行われましたがそこでも優勝。

そんな彼の卒業した高校や現在の大学は、どんな
学校に在籍しているのでしょう。

地元である神奈川県相模原市で育った芝野九段は
相模原市立鶴園小学校を卒業したのは確かな情報です。

ですが、その後どこの中学校に通っていたのか
までは分かっていません。

ただ兄弟では兄の龍之介、二段が中高一貫校である
東京大学附属中等教育学校に通学していたので、
もしかしたら同じ学校に通ってるのではと囁かれています。

これについてはあくまでお兄さんが通っていたと
いうことですから全く違う学校の可能性もあります。

そして既に中学2年時にプロ入りを果たした芝野九段は
高校に通っていません。

お父様は囲碁棋士ではありませんが彼の為に囲碁の
専門書1000冊以上を揃えたそうです。

高校に通って勉強が忙しくなり囲碁をする時間が
少なくなるより、将来の可能性を信じ囲碁に集中して
欲しい思いもあったのかもしれません。

大学に関しても今のところ情報はありませんが、
公式戦がない時は1日約10時間も囲碁に取り組んで
いるそうですから恐らく囲碁一筋ではないでしょうか?

囲碁を始めたきっかけがテレビゲーム
「ヒカルの碁」にハマったのがきっかけで
囲碁の面白さにハマったと言われる虎丸さん。

あの将棋界で旋風を巻き起こした藤井壮太さんも
将棋の伸びしろが十代で飛躍的に伸びると言われる
事から高校進学でさえ、かなり迷われての進学を
選んだと言われています。

それ程、素人では未知の世界で、この貴重な十代に
吸収する能力が飛躍的であることの証明かもしれません。

Sponsored Link

芝野虎丸の兄弟も東大生と優秀過ぎる面子

まず、はじめに現在時の人となっている芝野虎丸さん
4人兄弟の次男なのだそうです。

二男二女に両親と言う家族構成で、その兄弟が
囲碁界に旋風を巻き起こす虎丸さんに負けない
優秀な兄弟だと話題になっています。

先ほどご紹介しましたが彼のお兄様は、東京大学
教育学部附属中等教育学校
に通われています。

高校も東京大学附属高等教育学校で、その後、
東京理科大学経営学部に進学したことが分かっています。

東大附属の中高一貫校は偏差値55・東大経営学部は
偏差値60~62とどれも高レベルな難関校ですので
非常に頭が良い方なんですね。

龍之介二段は17歳の時にアマチュア日本一を決める
大会で日本一に輝きました。

学校に通いながら囲碁でも優秀な成績を収めるなんて
なかなか出来ることではありません。

現在は講師としての活動もされており彼の能力は
まだまだ未知数です。

また妹のすずさん(16歳)は過去に囲碁の全国大会で
3度も優勝した徳島岡女子学園に所属しています。

すずさんは1年生の時から主将という重要なポジションを
務めた他、第13回全国高等学校囲碁選抜大会女子九路盤戦
では優勝という輝かしい実績を作りました。

まだアマチュアとはいえ今後お兄さん達に追い付く
ことも全然考えられます。

また芝野九段にはお姉様もいてなんと東大に行って
いるのだとか!

まさにハイスペックな兄弟と言える彼らの成長は
まだまだ止まらないでしょう。

確か藤井壮太棋士のお兄さんも東大生だったはず・・・

恐るべし囲碁界と将棋界の新星ですね…

その昔、米長永世棋聖が言ったとか言わなかったとか
言われる言葉を思い出しました。

「兄達は頭が悪いから東大へ行った。自分は頭が良いから将棋指しになった」

恐るべし、将棋界と囲碁界…ですね…

凡人にはもはや理解不能な領域なのでしょう…

芝野虎丸の性格は見た目とギャップな強気が持ち味?

丸~く柔らかい笑顔から、その見た目は優しく穏やかな
性格に思える芝野九段。

彼が修行していた「洪(ほん)道場」の洪清泉
「ほんせいせん」四段(37歳)は

「おとなしい子で騒いで叱られたことなど一度もない」
と断言します。

今回の最年少タイトル獲得で話題になったのが虎丸
さんの囲碁の打ち方です。

彼のスタイルは、囲碁版に囲碁を置くとき、決して
音をたてずに置くスタイルが有名なのだそうです。

将棋も囲碁も、当然ながら静寂な雰囲気の中、頭脳勝負
で打ち付ける勝負なので、多少勝負所では力が入って
時には碁盤にバチバチと音を立てて置くことがあっても
決して不思議ではありません。

でも虎丸さんは決してそうした囲碁の置き方はしない。

理由は「音を鳴らして周囲に迷惑をかけたくないから」

物凄い、猛烈な名前を付けてもらいながら、この繊細さ。

また過去には対局後に感想を聞いただけで泣いて、
しまったこともある
ようですので、当時の彼は
それほどメンタルが強くなかったことが分かります。

しかし対局経験を重ねていくにつれて少しずつ自信を
付け、例え格上の相手でも絶対に物怖じせず常に最強の
一手を繰り出すスタイルを持つまでに至りました。

特にネットを通じた対戦では複数の中国人棋士らと
1日だけで30局も打ったといいます。

実際芝野九段の試合を見てみると厳しい戦局で表情から
苦しんでいる相手がいる一方、「冷静さ」を崩さず激しい
対局に挑んでいました。

普段通り打てばどんな相手でも関係ないとまで
言えること自体かなり肝の据わった人物に感じますね!

Sponsored Link

おわりに

囲碁界の強豪を次々に打ち破る芝野九段はまさに囲碁界のホープ。こうなると将棋界に藤井聡太七段(17歳)がいるように囲碁界に芝野虎丸あり!と囁かれるようになってもおかしくありません。これからの囲碁界を是非牽引してもらいたいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 仲邑菫アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。