彦田嘉之の生い立ち~経歴もぶっ飛びの彦田商事息子の評判とヤラカシ

この記事は5分で読めます

8月2日首都高湾岸線沿いで高級車ポルシェの
暴走で死亡事故を招いた彦田嘉之容疑者(50)。

兼ねてよりツイッターなどで話題になるほどの
高級車ポルシェで暴走していた彦田嘉之容疑者
の驚きの経歴と、身勝手な今回の事故を招いた
要因が生い立ちにも関係ある事。

地元では知らぬ人が居ないレベルの彦田商事の
息子の評判と過去のヤラカシが今回の悲劇を
招いたとしたら極刑に処されるべきなのかも
しれません。

全く笑えない彦田嘉之容疑者の生い立ちを
追ってみましょう。

Sponsored Link

彦田嘉之の首都高ポルシェ追突事故

彦田嘉之ポルシェ

2020年8月2日午前8時15分頃、彦田嘉之容疑者(50)が
愛用のポルシェで川崎市の首都高速湾岸線を、およそ
228㎞/時速の猛スピードで走行し、男女2人(夫婦)の
乗る国産車を追い越そうとし追突しました。

国産車の助手席にいた女性が路上に投げ出され死亡し
運転席の男性も搬送先で死亡し、彦田容疑者は過失
運転致傷の疑いで現行犯逮捕されました。

彦田容疑者のポルシェに追突された車に乗っていた
被害者は内山仁さん(70)と妻の美由紀さん(63)。

妻の美由紀さんは追突の勢いで車両から飛び出した
状態で死亡、夫の仁さんも、その後死亡が確認されて
います。

事故後の調査で、彦田容疑者の運転していたポルシェには
ブレーキ痕がなかったことが判明しています。

彦田容疑者には怪我はなく、彼が警察の取り調べで

「なぜ事故を起こしたのかわからない。」

「スピードを出し過ぎちゃった。」

「100キロ以上出していたのは間違いない。」

などと他人事のように話す無責任な姿にも
ネット上の注目が集まっています。

彦田嘉之の4000万円ポルシェの威力が凄い

ポルシェ

逮捕された彦田容疑者が乗っていた愛用車の
ポルシェはドイツのスポーツカー・ポルシェの
最高モデル。

型は「ポルシェ911GT2RS」で、価格は約4000万円と
高級で、見た目も派手なデザインで知られています。

この4000万円ポルシェの威力も凄く、

「周りの車が止まって見える。」

と言われる、ほどの最強カーとしてとても有名
なのだそうです。

停まった状態から時速100キロに達するまで3秒も
かからず、最高時速は340㎞/時速という破格の車です。

このような高級車ポルシェが高速で走る姿は
首都高でもかなり目立ち、ツイッターでも彦田
容疑者の危険な運転を何度も目撃したなどの
コメントが投稿されていたようです。

彦田容疑者は普段からとんでもないスピードで
愛用のポルシェを走行させるのを楽しんでいたといい、
このポルシェ事故以前にも交通事故を起こしていた
ことも明らかになっています。

走る車だからこそ走らせたい、と言う願望があるのは
当然なのかもしれませんが、あまりに身勝手な暴走が
招いたこの事故を彼は、どう思っているのでしょう。

マナーやルールを守れない人は二度と車の運転を
するべきではないと思います。

法律改正で徹底して彦田嘉之容疑者のような危険
人物には処罰して欲しいと願うばかりです。

Sponsored Link

彦田嘉之の生い立ち~彦田商事の華麗なる経歴

生い立ち
彦田嘉之容疑者(50)は、江戸川区葛西地区
を地元に両親と弟の4人家族で育ちます。

彦田嘉之容疑者が現在50歳ですが弟は一回り程
年下でかなり年齢差のある弟だと言われています。

地元では知らない人が居ないレベルの庭園付きの
大豪邸に住む彼の先祖は祖父の代まで農家で海苔の
養殖などもしていた一家。

土地を売って莫大な遺産を得た彦田一家は母親も
ミス江戸川の資産令嬢と言うお嬢様。

とにかく金や財産があった彦田家では嘉之容疑者は
子供の頃から相当甘やかされて育ったようです。

小学校の頃、既に問題児で地元の中学に進学できず
学区外の遠い中学校に通うハメになりますが、その
原因が彼の手癖の悪さが理由だったとか…

小学6年生の時に裕福な家の子供の腕時計を盗み
問題になり、地元の学校に行きにくくなったから
というもの。

他にも彼の知人によると、彦田容疑者はかなり
甘やかされて育っており、若い時から欲しいものは
何でも買ってもらえていたとも言われています。

彦田家は戦後の土地有成金の家系で、地元では
お金持ちでかなり有名な家柄であるといいます。

資産家令嬢だった母親も真っ赤なトヨタ・コロナに
乗って嫁入りし、家族皆車好きで倉庫には50坪程の
車庫に高級車が連なっていたそうです。

彦田容疑者は高校卒業後は車の整備会社に就職しますが、
後に親が立ち上げた彦田商事(株)の役員となり、実質的
経営を任されるなど華麗な経歴を持つことになります。

彦田商事役員として彼は、江戸川区西葛西にある
昭和シェル系のガソリンスタンドや地元では不動産
経営をしていることがわかっています。

会社の役員は代表取締役を含めて4人で、役員の
苗字は全て彦田で家族経営のようです。

彦田容疑者の本家にあたる親族が経営する会社
「彦新運輸株式会社」も同じ江戸川区にあり、こちらは
きちんとした方が多いという情報も出ています。

彦田嘉之の評判

お金持ちで家族経営の会社役員という華やかな
経歴の陰で、彦田嘉之容疑者の評判はさほど
輝くものは見当たらないようです。

お金に困ることが無く、無免許運転もし、
スポーツカーで人をひきかけることもあった
他にも、地元ではかなり有名な走り屋だったとか。

高級車で走る車を多く所有していたことから
あおり運転もしていたことで知られる人物
だったようです。

また彦田容疑者はポルシェ事故を起こした日に限らず
日曜日は湾岸線を走ることが日課で、首都高を利用する
人々の間では暴走する「オレンジのポルシェ」として
かなり有名な存在だったそうです。

彼の弟によると彦田容疑者は普段は国産車に乗り
荒い運転はせず、安全運転と言っていますが、親族の
言葉であり信用に欠け、高級ポルシェに乗りただ自慢し
見せびらかしに過ぎないとする意見が多いようです。

相手の車を大破させるほどの凄い衝撃で起こした
ポルシェ追突事件の後の淡々とした振る舞いや言動にも
被害者への思いやりが感じられず、ネット上でも批判が
絶えません。

恐ろしい事に、この事故の当日彦田容疑者のポルシェに
は自身の息子も同乗していた、と言うから驚きです。

被害者夫婦二人は、ほぼ即死状態の死亡でしたが
彦田容疑者の息子は腹の打撲だけで済んだそうです。

明らかに暴走して他を圧倒する走りが自慢だった
だろうポルシェで実の父親の暴走によって目の前
で何の罪もない夫婦が死亡した事を息子はどう思うの
でしょう。

一つ間違えたら自分でさえも死亡していても
全く可笑しくなかった事故なのです。

当たり前ですが、彦田嘉之容疑者には2度と車には
乗れないような処分を切に願います。

ポルシェなら高級自転車も販売してるので罪を
償った出所後は自転車ノミにして欲しいと願います。

彦田嘉之の指2本ヤラカシがヤバすぎ

彦田嘉之容疑者の悪評はそれだけに留まらず
身体的特徴として、片方の手の指の2本が
無かった
ことがわかっています。

しかも指が2本無い理由が、もって生まれての
特徴なら致し方ないにしても彼の場合は全く
違う理由から指が無いとの情報があります。

彼が指を無くした理由は、

「中学生の時に牛乳瓶に火薬を詰めて爆弾を作ろうとしたときの破裂事故によるもの(関係者証言)」

というもの。

火薬を自分で作るというのも目的が、わかりませんが
かなり危険な学生だったことは感じられます。

その他にも無許運転で自損事故も起こしており、
指2本を無くしていたことでハンドル操作に
支障があったと言われています。

20代の時にも父親に買ってもらったという
ベンツで人をひきそうになったこともあるとか。

指がうまく使えない状態がありながら、高級車に
乗りたいがために日常的に走行し、派手な運転を
するパフォーマンスに溺れ、事故を招いた。

危険と背中合わせの運転を甘く見て、高級車で走る
自分に酔いしれていた彦田容疑者の慢心が現れたもの
といえるでしょう。

身勝手気ままなお金持ちのお坊ちゃんが招いた今回
の事故は間違いなく避けられる事故だったと考えると
被害者となった内山夫妻が気の毒で仕方ありません。

お二人のご冥福をお祈りします。

Sponsored Link

おわりに

首都高ポルシェ追突事件で逮捕された彦田容疑者の生い立ちは、一族が大地主の大金持ちで甘やかされて育ち、親の立ち上げた彦田商事の役員としてガソリンスタンド経営などに関わる華麗な経歴がありました。
一方で彼は4000万の高級ポルシェを首都高で暴走させる走り屋としても有名で、中学生時に爆弾作りで指2本無くしたり無免許運転を繰り返すなどのヤバすぎる過去があり、今回のポルシェ追突事件にも反省の様子がなく世間の非難を浴びています。
お金にも仕事にも恵まれた生い立ちや、簡単に高級車を手に入れ乗り回す自由な生活に溺れ、自ら起こした事故にも未だ夢の中のような発言をする彦田容疑者が本当の後悔を味わう日が来ることを願わずにはいられません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 交通事故
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。