紅林麻雄の家族や息子に子孫は?不審死も当然な拷問王の冤罪の数々

この記事は5分で読めます

紅林麻雄アイキャッチ

今となっては世間でも知られる悪評高い伝説の
刑事としてその名を知られる紅林麻雄。

彼が作り出した冤罪の数々は、卑劣極まり無い
方法で数々の死刑判決から無期懲役と言う結果を
導きだしています。

その男の行った愚業のせいで、どれほどの無罪の
人間が苦しみ亡くなっていったか。

今も存在する司法の闇の頂点とも言える紅林麻雄
の息子や家族や子孫は今も途絶えてないのか?

拷問王と呼ばれた彼の辞職後すぐの死は天罰
なのか、不審死とも言われる紅林麻雄警部の
時に静岡県警のエースと呼ばれた男の冤罪の
数々を追って見ようと思います。

Sponsored Link

紅林麻雄の拷問王の鬼畜の仕業

紅林麻雄(くればやしあさお)は、一時は日本警察に
この人ありと言われた英雄で、相手が誰であろうと
自白をさせる取り調べ能力や僅かな証拠から事件を
解決に導く推理能力にも長けていました。

昭和時代に起きた凄惨な事件として誰もが知る袴田事件
・浜松連続殺人事件・二俣事件・小島事件
など凶悪で
難解な事件の解決に大きく貢献した彼は、数々の表彰を
受け1963年わずか55歳の年齢で多くの人達に惜しまれ
亡くなります。

紅林麻雄は1963年に定年退職し同年亡くなった後も
しばらくの間は静岡県警が生んだ警視庁屈指の辣腕刑事と
信じられてきました。

しかし実際の彼はアリバイの捏造や、ありもしないものを
真実にするなど数々の違法行為を行っています。

拷問・供述書の捏造・真犯人からのワイロと、とにかく
噂に出る事は真っ黒過ぎる紅林麻雄警部は時の静岡県警
のエース警部だったそうです。

そのなかでも特に残酷なのは自白を強要したりするのに
使った執拗な拷問行為です。

例えそれが事件と何の関係もない一般人であっても拷問王と
呼ばれる紅林の手に掛かれば、否定しようと抵抗しても
無理やり犯人に仕立て上げてしまいます。

紅林の拷問は、それは凄まじく「無実を訴えようとする度に」
激しい拷問を繰り返されたそうです。

例えば小島事件で逮捕された被告は自白を引き出す為に

「顔を平手と握り拳で20~30回位、足を前後より15回位殴る蹴るを繰り返し、更には正座中も膝の上で2~3分ずつ力一杯踏みつけた」

と言います。

この時、取り調べ室には紅林の他に彼の部下も数人
いましたが、止めるどころか違法行為に加担していた
というのだから驚きです。

もう一つ有名な事件を挙げるとすれば味噌製造会社専務
一家殺害放火事件「通称 袴田事件」でしょうか。

袴田事件の被疑者に至っては炎天下にも関わらず1日平均
12時間も過去な取り調べを行いました。

泥酔の常習者が監禁されている部屋の隣に収容し大声を
上げさせ一切眠れないようにしたこともあります。

最終的には深夜早朝問わず複数人で警棒で殴る蹴るの暴行
を与えてトイレさえ取り調べ室に便器を持ち込み調査員の
前で垂れ流しにさせると言う、およそ違法レベルでは語れない
屈辱の限りを尽くして強引な自白に導いています。

こんなに執拗な拷問をしていたら例え無実でもそりゃあ
「私がやりました」となってもおかしくありません。

事実、この取り調べで強引な「自白」で犯人決定とされた
袴田巌氏は、その後一貫して無実を訴えて、実に48年ぶり
の2014年冤罪として釈放されています。

Sponsored Link

紅林麻雄の冤罪の数々

名刑事とまで言われた紅林は島田事件や小島事件などの
数々の事件で、無実の者に執拗な拷問をし無理やりありも
しない証拠を作り上げたことは今日までの警察で負の遺産と
なっています。

彼が関わった事件のなかでも酷い拷問があったことで
知られる袴田事件を例に挙げると、殺人罪で逮捕された
被疑者には直接的な証拠はありませんでした。

あるのは紅林が関与した取り調べの調書だけで、裁判では
これを参考に容疑の確認が進みます。

被疑者として逮捕されたのは袴田巌さんは元プロボクサーを
やっていた人物です。

逮捕した主な理由は過去にプロボクサーの経歴があるからと
言う信じがたい理由で、袴田巌さんを犯人として仕立てあげた
紅林麻雄。

実際、状況証拠となる物はありましたが、どれも信憑性を
欠くもので、袴田さんが犯人だと確信するに至る証拠は
ありませんでした。

また1948年11月29日に起こった飴製造業一家殺人事件の犯人
とされた少年にはアリバイがありました。

しかし紅林は自らの功績を作るためありもしない真実を
でっち上げます。

当時紅林の部下だった山崎兵八元巡査は死刑判決を急ぐ為に
警察署の土蔵で拷問するよう指示されたと語っています。

このように紅林は捜査責任者だったのをいいことに、その立場を
悪用し後に無罪が確定、若しくは無罪の可能性があった人物が
あたかも罪を犯したように捏造していました。

その数は驚異的な数で

1948年11月29日  幸浦事件(死刑判決後・無罪)
1950年1月6日   二俣事件(死刑判決後・無罪)
「同僚警察官の告発で冤罪が明らかとなる」
1950年5月10日   小島事件(無期懲役判決後・無罪)
1954年3月10日   島田事件(死刑判決の後・無罪)
これに、まだ無罪確定されていない、
1966年6月30日   袴田事件(死刑確定後・裁判の再審判決・最高裁に特別抗告中)

までが、紅林麻雄の行ってきた自白によってつくられた
冤罪だと言われています。

天罰
ちなみに、今だ特別抗告中の袴田事件では、一審静岡地裁で
死刑判決に関わった裁判官が実名公開の上、良心の呵責から
裁判官を依願退職し、事件の冤罪を訴えています。

あまりに非道な紅林麻雄の主導する取り調べを告発した同僚
山崎刑事には、何と自宅が不審火に合い、しかも精神異常者
として告発し、その後警察から追放までしています。

もはや、ここまで来たらヤリタイ放題の紅林麻雄が当時
の静岡県警で、どれほどの力を持っていたのかが分かる
警察の闇ではないでしょうか。

しかも同僚からの告発があったにも関わらず、それらを
問題とせず起訴した検察官もいたのです。

恐ろしい司法の闇を感じざる得ません・・・

これらの冤罪の数々が紅林麻雄が、いかに壮絶な拷問の
数々から、やっても無い殺害をやったと自白に至らしめて
きたかが分かると思います。

紅林麻雄の別名は「拷問王」だったそうです。

Sponsored Link

紅林麻雄の家族や息子に子孫は?

これ程の鬼畜の仕業によって、自らが警察と言う
組織の中で出世街道を駆け上がってきた卑劣な男
紅林麻雄の家族や息子など子孫が気になります。

紅林については数々の事件で無実の罪の人に冤罪を
着せた人物として、その違法行為の数々はネットでも
多く取り上げられています。

一方で彼に子孫や家族がいるかということも気になる方も
いると思います。

そこで調べてみましたが少しの情報も見つかりませんでした。

そもそも彼が結婚していたのかも分からないので何とも
言えませんが、55歳まで生きた人物で警察官だったことを
考えると結婚していたとしてもおかしくありません。

また一時は優秀な警察官と見なされ御殿場署次席警部まで
出世ますが、捜査を担当した事件の犯人と見られる人物達が
無罪となってからは状況が一変します。

警察内外から厳しい非難を浴びたと言われる紅林ですが、家族や
息子・子孫がいたとすれば彼らも拷問王の血縁者ということで
苦難があったのだと思います。

冤罪で捕まったり、紅林麻雄の強引過ぎる拷問によって
事情聴取中に死亡した青年の事を考えたら比較になりませんが・・・

それ程、紅林麻雄は非道な愚業の数々を行っています。

正直言って親族なら前を向いて、世間に顔向け出来ない
レベルではないでしょうか・・・

家族は関係ないと思いつつ、この経緯からいって
そして被害者や冤罪を受けた人たちにとってあまりに
長すぎる年月と苦痛は取り戻せません。

紅林麻雄の不審死と最後 

過去に捏造した事件が次々とバレたことで次席警部
という地位も辣腕刑事としての名誉も失った紅林。

拷問王として無実の人々に行った非道な行為の数々が
明らかになった後は激しい批判をされることは多く
ありました。

彼はこの時点でかなり精神的に疲弊していましたが
反省するどころか開き直りあくまで自分が正義だという
立場を貫いていました。

そうしている間に次々と自分が担当した事件で被疑者
の無罪が確定していき、1963年7月には辛浦事件も
無罪になりとうとう精神も限界を迎え依願退職します。

そして依願辞職からわずか1ヶ月半の同年9月には
脳出血で死亡します。

今までの疲労が重なった上でのことだと言われていますが
当時の資料は少なく本当に脳出血だったのかは定かではありません。

紅林麻雄のやってきた、あまりにも非道な過去の愚業から
その死を天罰とまで言う人もいたそうです。

ただ思うに一切の罪を償う事なく法的に処罰される
事もなく、コロリと亡くなった事を考えると天罰とは
言え、あまりにも軽い死に思えて仕方ありません。

おわりに

現代でも警察官が強引な取り調べをすることもありますが、拷問王とまで言われた紅林ほどの違法行為はなかなかないでしょう。既に死亡した彼を法の下で裁くことが出来ないの何とも言えない気持ちになりますね。警察だからとは言え絶対はないと言う証拠として今も語られる伝説の拷問王紅林麻雄の行ってきた愚業を繰り返されては困ると心から願います。
そして未だ無実判決が正式に出されていない袴田巌さんの無実が一時でも早く証明され国が見合う賠償金を払い心安らかな余生を送れますように、と願うばかりです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. フジコヘミングアイキャッチ
  2. ダイアナ妃アイキャッチ
  3. 栗城史多アイキャッチ
  4. 吉野彰アイキャッチ
  5. 勝新太郎アイキャッチ
  6. 辻井信行アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。