サンプラザ中野の娘の生い立ち~名前は同情?父の告発はお門違い?

この記事は5分で読めます

サンプラザ中野アイキャッチ

2019年文春オンラインの過去に反響の大きかった
記事BEST5で、エンタメ(男性)部門第3位に
なったのが、サンプラザ中野くん(59)の話題です。

前妻との娘が中野くんからの中絶強要に始まる
家庭崩壊を告発したことでした。

サンプラザ中野くんは人気バンド「爆風スランプ」
のボーカルで、スキンヘッドにサングラスの特異な
風貌とパワーある歌唱力で「Runner」のヒットなどで
広く知られています。

有名シンガーの実の娘が父親を告発するという
前代未聞の出来事に注目が集まったわけですが、
そのきっかけになった中野くんの娘の生い立ちや
娘の同情する名前、父の告発はお門違いかについて
まとめてみました。

Sponsored Link

サンプラザ中野プロフィール

名前:サンプラザ中野くん
本名:中野裕貴
生年月日:1960年8月15日(59歳)20年5月時点
出身地:山梨県甲府市
職業:作家。ミュージシャン
身長:181㎝
体重:74㎏
血液型:B型
学歴:早稲田大学政治経済学部政治学科除籍
代表曲:Runnner、大きな玉ねぎの下でなど
参加ユニット:爆風スランプ
所属:アミューズ

サンプラザ中野の娘が父を告発した内容

想定外のサンプラザ中野の素顔として話題となった
実の娘からのスキャンダルは結構パンチが効いた
内容で世間をにぎわせます。

サンプラザ中野くんの娘(33)が父親を告発した
内容は簡単に以下のようになります。

・サンプラザ中野くんが、実娘を妊娠中の
前妻に中絶を強要した。

・父親が「よい子」という名前を娘につけ、
周囲からからかわれたりイヤな思いをした。

・娘が小学2年の時離婚し、約束していた月
40万円の生活費が3年で途絶え、母娘は困窮した
生活をしなければならなかった。

独特のキャラクターで大変な人気のあった大物
シンガーだったサンプラザ中野くんのイメージとは
違った、ひどい父親像が見えてくる衝撃の内容で
世間を驚かせました。

サンプラザ中野の娘の生い立ち

サンプラザ中野くんは誰もが知る「Runnner」が
ヒット中の1989年3月にデビュー前から付き合って
いた同い年のOLと入籍発表しています。

その時2歳の娘がいたのですが、これが今回の
告発者ということです。

当時のサンプラザ中野くんはまだ学生で給料も
少なく、活動も貧弱な時代であったので娘が
できたときも喜べずにいたようです。

当時のサンプラザ中野の言い分はこうだったそうです。

「自分は弱小プロにいる状態で責任は持てない。産んだところで育てられるのか?俺は知らない。」

「堕ろしてください。お願いします。」

身勝手にも交際する女性が妊娠した事で豹変した
ように子供の堕胎を願い出たというのです。

確かに男らしくない、情けないとも思える
こうした言動は決して褒められる行動とは
言えませんが何も珍しい話でもありません。

でも相手女性(サンプラザ中野の娘の母親は)
結局は当人(父親)に反対されながら、前妻は
娘を出産すると言う決断を選びます。

母娘にとっては幸せに満ちた形でなく、その後
父親と一緒に暮らせないなど不遇な時代だったと
いえます。

Sponsored Link

サンプラザ中野の娘の名前は同情する?

そうして産み月になり出産して産後の乳飲み子
の名前の届け出を出す期日ギリギリに子供の父親
であるサンプラザ中野に名前を付けてくれと懇願
した所、吐き捨てるように付けたと言う名前が

「よい子」だったのです。

はい、サンプラザ中野くんの娘の名前は「よい子」です。

サンプラザ中野くんや周囲のスタッフにも中絶強要
されて身の危険を感じた母は、シェルター施設に身を
隠し出産。

その上でやっぱり父親である男性に名前を付けて
欲しいと女心で訴えたのでしょう。

そうして出生届を中野さんに送りましたがそこに書かれた
名前が「よい子」と書かれていたのでした。

爆風スランプの最初のアルバムの『よい』から
名づけたといいますが、娘にとっては悪夢のような
出来事で周囲からもからかわれたり、大学受験でも
受験票を見た教員に鼻で笑われたりしたそうです。

中野くんの娘は結局大学生で現在の名前に改名します。

「よい子」になった経緯はともかく、つけた名前の
響きが誰にも皮肉っぽく聞こえ、女の子の人生を
左右することにもなり、哀れで同情してしまいますね。

サンプラザ中野の娘の告発はお門違い?

現代では世間できらきらネームを付けられて
しまったことに同情が集まる一方で、娘の
サンプラザ中野くん告発はお門違いだという批判的な
意見も出ているのが事実のようです。

最盛期にあった中野くんが前妻に中絶強要したことは
決して男らしくもなく人としても最低なのは言うまで
もありません。

そのせいで何ら罪のない娘が小2で離婚という不幸な
境遇にあったのも事実でしょう。

でも、そうした過去は、かなり前のことだったにも
かかわらず、その後の離婚後の養育費未払いや財産分与
への不満など今更のように母娘が金銭問題を列挙して
きたことが根底にあるようです。

サンプラザ中野くんが再婚することになり、相手が
子供を身ごもっていることを娘に伝えたところ、娘が
送ったメールも驚きでした。

「離婚もしくは死別した際に財産の半分が配偶者のものになるのはご存知でしょうか。」

ネット上では実の子どもなのに、こんなことを
話すのはおかしいとか、結局お金目当てといった
噂が飛び、人生は自分の責任ではといった辛辣な
ものが出ています。

娘にとってはサンプラザ中野くんが無責任にも交際相手
を妊娠させて堕胎を強要した極悪人に思えるのでしょう。

でも思うのですが、そうした男性を選び、そこまで
言われながらも出産を決意したのは彼女の母親です。

見方を変えたら何とか娘が誕生した事をいいことに
嫌がる男と結婚したものの結局、気持ちが無かった夫が
家庭を顧みない放任主義の父親であったことが許せない
と言われても晴天の霹靂ではないでしょうか。

両親に意思の疎通が通常の良好なパートナーや夫婦
関係にある男女の関係ではなかった事。

それによって二人の子供である自分が名前初め
父親の無責任な行動で嫌な想いをしたことは確か
なのでしょうがその責任全てを父親のサンプラザ
中野に押し付けるのは少し違う気がしてしまいます。

いつまでも告発でダメージを負わせようという
意図があったのでしょうが、33歳で既に改名もし、
近年は父親との関係も回復した後のことで私的な
金銭トラブルを公にしたことに疑念は残ります。

「家庭崩壊」告発という悲劇を通して、その裏の
金銭問題の泥沼がクローズアップされてしまった
ことで離婚夫婦のもつ大きな闇まであらわに
なったといえるでしょう。

この母親の決断こそが微妙ではないか?
とも思えるのですが…

確かに、とはいえ自分の血を分けた子供である事は
間違い無く扶養の義務はあったでしょう。

でも、両親の不の遺産をいつまでも有名人だからと
父親を告発して遺産の心配をする彼女が尚更哀れに
想えてしまうのです。

もう既に30歳を超えた大人の女性です。

父親と母親とは縁がなかったし自分も薄かった。

父親は新な家庭を持って幸せにやっている。

それならそっとしておこう…

何故そうおもえないのでしょう。

家庭を持ち子供を持ったなら遺産はどうなるのか?

では父親のサンプラザ中野も呪われた気分にしか
なれないと思うのです。

実際人生最大の汚点だと思われかねない行動を
何故親子していつまでも父親を責めるのか。

そんなに嫌なら結構ですよ、で済む話かなと
思うのですが…有名人の父親だとそうはいかない
のでしょうか…

申し訳ないけど理解に苦しみます。

個人的には筆者なら母親に文句を言いたいですね。

Sponsored Link

おわりに

サンプラザ中野くんの想定外な家庭のスキャンダルは、望まなかった子供である娘からの告発でした。若気の至りとは言え本人が腹の底から後悔しているでしょう。名前の「よい子」は確かに微妙です。愛を感じられない命名と不誠実な養育費の未払いなどサンプラザ中野くんにも責められてしかりの対応ではあると思いつつ、このような話は世の中履いて捨てる程ある話です。そうした話を聞くたび、男が悪いのは当然ですが、でもそんな男性を好んで選んだのは誰でしょうと思うのです。全て男性が悪いとは到底思えません。ましてや有名人だからと遺産の心配をするあたり第三者が見ても正直気持ちが悪いな、と感じる親子関係ですよね。こんな告発をしても父親であるサンプラザ中野くんに死してなお責任を取らせようと藻掻く姿は出生をハッキリと拒んだのに娘を出産した母親の執念と同じではないでしょうか。自分で自分を惨めにするような行動は辞めてお互い適当な距離を取って暮らせばよいと思うのは他人だからなのでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. デヴィッド・ボウイアイキャッチー
  2. 田中和将アイキャッチ
  3. 川嶋あいアイキャッチ
  4. 田代まさしアイキャッチ
  5. エミネムアイキャッチー
  6. 松任谷由実アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。