内田春菊の生い立ち~子供時代の父親からの性的虐待と義理父の現在

この記事は5分で読めます

内田春菊アイキャッチ

義理父からの性的虐待や両親の離婚・実の母との
壮絶な過去を自伝として発表して反響を呼んだ
ファザーファッカーの著書を持つ内田春菊。

若い頃から奔放な男性遍歴を持ち、4人の子供の
父親はそれぞれ別の男性との間に設けた事でも知られる
内田春菊の生い立ちには、壮絶過ぎる実の母の裏切りと
義理父からの性虐待があった。

彼女の波乱に満ちた生い立ちとファザーファッカー
の主役とも取れる母と義理父についても追ってみようと
思います。

Sponsored Link

内田春菊の生い立ち~両親の離婚と子供時代

内田春菊(本名 内田滋子)は漫画・小説で
類いまれなる才能を開花させただけでなく
女優やエッセイスト等幅広い分野で活躍
している人物です。

現在では社会で自身の才能を思う存分役立てて
いる彼女ですが、耐え難いほどの壮絶な子供時代を
過ごしたことでも自伝「ファザーファッカー」
その壮絶な過去を明かしています。

内田春菊は1959年8月7日長崎県長崎市に
生まれました。

この時既に実の父親は家庭内暴力を振るい家に
生活費も入れないという輩の男でした。

いくら頼んでもお金を入れようとしない父親に
ホステスをやっている母親はとうとう愛想を
尽かし離婚します。

そして家にお金を入れてくれる男として後に
義理父となる男を家族として迎えます。

ただ、この新しい父親も普通の性格ではなくかなり
気性の激しい人物でした。

既に別の妻がいる状態で内田の母親を内縁の
妻にしています。

また小学校時代から漫画を描き始めた内田を見た
彼は、子供のくせにマセていると言い漫画を描くことを
禁止してしまいます。

それでも内田春菊は漫画を描くことをどうしても
辞められません。

リスクがゼロではなかったけど手のひらにすっぽり
収まる豆漫画を作ることを思い付きます。

彼女は幼少期から頭が良く回る子供だったんですね!

前述したように義理父は何かと辛く当たる人物
だったので家に居場所がありませんでした。

そして当時にしては彼女曰く早熟だった内田春菊は
中学生になると早くもボーイフレンドが出来ます。

家に居場所が無かった彼女は彼をよき相談相手として
様々な悩みを気軽に話していたそうですが、若い
男女が仲良くなるということは当然身体の関係に
進展します。

昭和40年代の中学生に今ほど性の情報が入る環境に
なかった事もあり、避妊の知識もなかったので
そのまま妊娠してしまった彼女は中絶をします。

だけども幼少期義理父から受けてきた性的虐待
これを期に加速することに・・・。

そんな過酷な時を耐えてきた彼女もとうとう我慢の
限界が来ます。

高校在学中は自分が描いた漫画と授業料だけ
持って家出を決行します。

これが原因で高校は退学、慶応義塾大学には
進みますがこちらも退学になります。

内田春菊の生い立ち~母は何故義理父に娘を売った?

内田春菊の母親は内田の実の父親と離婚後、生活の為に
家にお金を入れる男性を選んだと触れましたが、新しい
父親の性格的には変わったことが嫌いだったり娘を
ストレスの捌け口にしていたんだと感じます。

漫画制作に反対・更には度重なる性的虐待・・・何故
母親はこのような人物に娘を託したのか気になります。

内田春菊の母親についてよく調べてみると、どうやら
夫の性的虐待については知っていたようです。

ですが義理父のこともそれなりに愛していたようで
娘の身の安全よりも彼との関係性を重要視していた
ようです。

学生時代から、かなり早熟でマセていたらしい内田
春菊ですが、最初の性的虐待のきっかけは彼女の
中学時代からの妊娠です。

その当時出来てしまった子供を堕胎するのに、義理父が
性行為することで「つついたら、子供が下りるかもしれない」

との義理父の発想から、義理父が義理の娘である当時の
内田春菊に性行為したというのです・・・

正直にわかには信じがたいですが、この内容は彼女の
自伝「ファザーファッカー」にも明らかにされています。

しかし、それを容認した内田春菊の母親が恐ろしい・・・

そしてその「つっつく行為」以降義理父の性的暴行
はエスカレートしていった・・・

同じ同性として、実の娘への性的虐待の事実を
知っていて無視を決め込んでいた母親が信じられ
ません・・・

物心付くか付かないかの娘の身体を義理父に捧げた母
の罪は計り知れません。

かなりイカレタ母親と、義理父だったのは間違い
ないでしょう。

Sponsored Link

内田春菊の家出と32年間の母子断絶まで

それでも当時まだ子供だった内田春菊は、長い間
辛く当たってきた義理父もいつかは変わってくれるはず!

と考えていたのかもしれません。

でもそのキャパシティを越えた時、[こんな家は嫌]
と家出します。

むしろよくそんな壮絶な過去に耐えてきたなと思います。 

当時の僅かな受験料だったかの3000円ほどのお金を
持って着の身着のまま彼女は毒親の元からようやく
離れる事を決意するのです。

そうして、各地を転々しながらも、両親が反対していた
漫画家で生計を立てる事に成功した内田春菊。

毒母とは言え実の母親や妹への想いは途絶えてなかった
彼女は、漫画家としてそれなりに成功して母と妹を呼んで
一緒に暮らそうと東京に呼び寄せます。

彼女は、これで家族(母妹)とみんなで協力しあって
生活が送れると思っていました。
 

でも母親と妹の考えは全く逆の考えで彼女を
当てにしてばかりで全然働かない母と妹がいました。

しばらくこういった生活が続いた後彼女は、ようやく
母親の魂胆に気が付いたのです。

「母は私を頼ってるんじゃない お金があるから近づいてきたんだ」
と。

それと洗濯を頼んだ時も乾燥機がないと出来ないから
お金が欲しいと言ったそうです。

貯金額の残高を教えてくれなどの、分かりやすい質問も
母親は彼女にしてきたそうです。

学校に通っていた頃は勉強を頑張っていた彼女は
成績が良かったそうです。

よく母親に成績を褒められていたそうですが
今思うと自分にではなく成績に対してだけな
気がしたと本人が語っています。

そうして、ようやく母親の自分に対する本性に
気が付いた内田春菊は27歳で母と妹と絶縁します。

その後、35年間も母親と妹との仲は絶縁するに
至ります。

結局のところ自分の理想を行く娘の姿を見るのが
誇らしく安心出来たのかもしれませんね。

自分だけが可愛かったのではないでしょうか?

義理父への性的虐待に始り、成功した娘への生活依存
など、生活する為に義理父を招き入れ、そして娘の身体を
差し出した女です。

異常な母親意外何と言えるでしょう。

断絶は遅すぎたと思う程、賢く利発だった内田春菊も
どこかで、母親を信じたかった思いか、生活を共にしようと
呼び寄せたのに~です・・・

この断絶を決意した時彼女の実の妹は姉の内田春菊に
こう言い放ったそうです。

『私の結婚費用は出してくれるんでしょうね!』

母親が言い含めていたのでしょう・・・

親子でも兄妹でもこうなると他人以上に増悪の
対象とならざる得ないのは致し方ないのでは
ないでしょうか・・・

哀しすぎます・・・

Sponsored Link

内田春菊の義理父の現在は?

彼女の母親はかなり癖の強い女だったことは明らかですが
義理父も義理とはいえ自らの価値観を娘に押し付けた
人でなしです。

自分の性欲を満たす為に、白雉な母親を利用して
義理の娘に性暴行したゲスな男。

更には性的暴力も長い間行ってきたことを考えれば
異常な性格と言えるでしょう。

当然彼女は父親に対して悪いイメージしかありません。

義理父については生い立ちやその後の情報が
見つからないので何とも言えません。

良い部分で分かっているのは将来を期待された
営業職で家にもきちんとお金を入れていたことだけです。

この当時は男尊女卑が常識でまかり通っていた
ようですが、
「娘に自分の子供を生ませようとまで考える」父親は
流石にどうかしていますね。

娘が家出してから両親がどういった仲だったのは
分かりませんが、最終的に母親は義理父と離婚しています。

母親はそれなりに愛していたかもしれませんが
両方共癖が強いので、いつまでも一緒にいるのは
いろいろと障害が多かったのだと思います。

内田春菊の年齢が現在59歳なので、まだまだ義理父も
充分存命しているのでしょう。

この壮絶な生い立ちを詳しく知りたい方はファザーファッカーをどうぞ!

ファザーファッカー (文春文庫)

新品価格
¥745から
(2019/3/22 13:14時点)

いかにも長生きしそうな男です。

本の40数年前に、連れ合いの女の娘に性行為を平然と
行った男です。

きっと長生きされるでしょう。

おわりに

壮絶過ぎる生い立ちを経て漫画家として自らの腕1本で成功した内田春菊は、その後、それぞれ父親の違う4人の子供をこの世に生み落としています。波乱に満ちた生涯は、生い立ちから現在も進行形なのかもしれませんね。
近年は大腸がんとなり、自らの女性の引退も仄めかしていた内田春菊の波乱に満ちた生い立ちは、それさえもどこかで糧にして生きてきた彼女の生き様そのものなのかもしれません。
やはり人間のする事が、どんな獣より恐ろしい、内田春菊の生い立ちを振り返る時そう思えて仕方ありません。
だって自分だったら?正常な神経で生きていられるでしょうか?どこか諦めにも似た感情とそれでも人生を生き抜いてきた彼女に猛烈な生命力を感じざるを得ません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. なかにし礼アイキャッチ
  2. 芥川龍之介アイキャッチ
  3. 太宰治アイキャッチ
  4. 内田春菊アイキャッチ
  5. 瀬戸内寂聴アイキャッチ
  6. 林真理子アイキャッチー
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。