菅義偉の生い立ち~若い頃の集団就職から現在までが究極の下克上

この記事は7分で読めます

菅義偉の生い立ち

安倍政権を担う官房長官として、または「令和」
叔父さんとして存在感を発揮する菅義偉氏。

安倍晋三総理の辞任発表にて一気に総裁選へ
出馬となった菅義偉氏の生い立ちに改めて
注目が集まっています。

若い頃の一念発起ともいえる集団就職を決意した
遠い昔から現在までをたどると菅義偉氏の生い立ちは
まさに政治家としては究極の下克上を体現している稀有
な存在のようです。

次期総理確実と言われる菅義偉氏の生い立ちから
現在までを改めて追ってみようと思います。

Sponsored Link

菅義偉プロフィール

名前:菅義偉(すが よしひで)
生年月日:1948年12月6日(71歳)20年9月時点
出身地:秋田県雄勝郡秋ノ宮村(現湯沢市秋ノ宮)
学歴:雄勝町立秋ノ宮小学校・雄勝町立秋ノ宮中学校
   秋田県立湯沢高等学校・法政大学法学部卒
家族:妻・息子3人
特技:空手2段
意外な事:下戸
趣味:渓流釣り・ウオーキング
好きな食べ物:パンケーキ・麺類

菅義偉の生い立ち~秋田の雪深い田舎に誕生して

義偉の死房長官として確実な仕事ぶりで活躍してきた
菅義偉氏の生い立ちは総裁選出馬でも出生について
話されたように秋田県の雪深い土地で誕生しています。

両親と姉2人の長男として誕生、下に弟の4人兄弟
として農家を営む菅家に誕生。

父親は満州で戦後を迎え故郷に帰郷後は農業を営むも
将来を見据えて当時としては革命的だった「イチゴ」
栽培に目を付け「秋の宮いちご」のブランド化に
成功します。

その後も地元の名士として、秋の宮生産出荷組合長や
雄勝町議員
など勤め2009年に他界するまで秋田県の
地で勇士として生涯を過ごします。

母親は教員をしながら家業の農業も手伝い一家は
戦後生まれの菅氏の年代からしても比較的裕福な
家庭だったようです。

ただ、そうした環境の中、当然農家の長男として
育った菅氏の事を両親も兄弟も誰もが跡取りとして
疑いの余地が無い環境で菅氏は育ちます。

でも本人の中には、何か当たり前に家業を継ぐ
という与えられた椅子に座る事に違和感を感じて
いたのでしょう。

ゆくゆくそれは現実となり、菅少年は秋田
とは程遠い東京の地にこそ、今とは違う生活が
待っているだろう、「何かが変わるだろう」
感じていたようです。

菅義偉の生い立ち~学生時代

菅義偉生い立ち 
学生時代の菅氏は、今の優等生ぶりとあまり
変わらない少年だったようで勉学も優秀。

運動神経も抜群の文武両道を地で行く優秀な
青年だったようです。

実際、小学校の同級生だった方の話によると
小学3年生から中学まで学級委員長を務める
ような存在だったとか。

人物像も、当時から、大きな声で騒いだりする
ヤンチャなタイプではなかったようです。

自己主張も強くないタイプだったことから
存在感は無いタイプだったようです。

ただスポーツも万能だったから相撲から野球
バスケに陸上とアチラコチラから優秀な成績
だった菅氏は引っ張りダコ状態だったようです。

秋田の豪雪地帯と言う土地柄スキーも得意な
少年だったとか。

実家が裕福だったのでは?と思う一つの指標
として当時とても珍しかった漫画「冒険王」
を菅氏の家では定期購買していたそうです。

今では漫画くらい誰もがお小遣いで買える人が
大半だと思いますが昭和20年代生まれの農家の
息子が定期購買する漫画を購入してもらえる、
というのは、かなり特別な家だったと想像できます。

それが証拠に「冒険王」見たさに菅氏の家には
定期的に漫画発行日には自宅に同級生らの行列が
出来ていたんだそうです。

並ぶ同級生らに先に読ませてあげ、自分は夜読むと
言う優しい一面もありました。

実家もまぁまぁの裕福な家庭だった
と言えるエピソードだと思います。

まさに文武両道の少年が、菅家の跡取りとして
休みには家業も手伝う優しい子共だったので
将来は、長男として家業を継いでくれるだろうと
両親の誰もが疑わなかった事でしょう。

Sponsored Link

菅義偉の集団就職は最初の一念発起

そんな中高校も卒業し、当初、そこそこ余裕の
あった菅家の父親、和三郎さんは大学進学をして
その後は教員にでもなって家業を継いでくれればいい。

と考えていました。

既に、そのころには上の姉二人は母親と同じく
高校教員として勤めていたそうです。

しかも菅家は、まさに教員一家で母親初め叔父や
叔母も教師だったとか。

当然学業優秀な長男にも、大学に進学して教員に
なってくれれば満足だ、と思っていたのでしょう。

ただ本人には、望めば手に入る目の前にある
そうした生活は不満でしかありませんでした。

「何かを変えたい。」

「望めば手に入る教員なんてなりたくない」

心のどこかで親の望みとは裏腹に菅少年の心の
中には、このまま周囲の思惑通りの人生なんてまっぴら
御免、とでも考えていたのでしょう。

成績優秀で実家も比較的裕福だった菅家ですが
何と親の想いとは裏腹に集団就職で東京に行く
という決断をするのです。

この長男の決意に父親の和三郎さんは大層
怒りましたが、それでも菅氏は一念発起。

恐らく、それまで両親にわがままも言わず
家業の農業を手伝えと言われたら素直に
畑も手伝う優しく素直な息子だった事でしょう。

ただ、この時だけは両親の大反対を押し切り
彼が決めたのは東京への集団就職でした。

この一念発起こそ家出同然の集団就職だった
そうです。

菅義偉の若い頃の夢と現実

夢と希望を持ち菅少年が高校卒業の18歳で
向かった先が東京都の板橋区にある段ボール
工場
での生活です。

明確な夢はなくとも「何となくこのままでは嫌だ」

「何かを変えたい」

「東京なら何かが変わるかもしれない」

そんな雲をつかむような気持で、でも明確に
このままでは「イヤだ」という意思のみで故郷を
後にした菅少年。

当時の集団就職は、基本働く先が無い程田舎
だったり田舎で上手く就職できそうに無い若者
や、また実家が貧困で残った家族に仕送りをする
為の集団就職が大半でした。

何もかもをもっていただろう菅氏が家を出る
理由とは違う理由で集団就職として街へと
上京している人が大半だったのです。

でも、菅氏が夢見た生活は段ボール工場で
見出す事は当然できませんでした。

「このままではダメだ」と気が付いた菅氏は
新たに軌道修正するべく大学への進学を決意します。

すぐに思考を切り替え、大学の為の費用を溜める
べく築地での皿洗いやら台車での荷物運びなど
昼夜を問わず働き私学で一番学費が安かった法政
大学の夜間部に進学。

この2年遅れでの大学進学で法政大学の法学部へ
入学します。

ここで空手部に入部して理不尽過ぎる体躯会系の
上下関係にも不満を持ちながらも、耐え忍び努力を
欠かさず空手2段の上位を取ったそうです。

もちろん大学卒業までの費用もかかる為ガードマン
やカレー店でのアルバイト、新聞社での雑用など
職を選ばず自らの学費も捻出します。

恐らく一言実家に頼んだら喜んで支援してくれた
でしょうが、そこは勘当同然で故郷を後にした身。

誰にも頼らず、この頃から全ての決断と決意した
目標に向かって全て自己責任として向き合い対処
していきます。

Sponsored Link

菅義偉の政治家としてのスタート

1973年に無事法政大学を卒業した菅氏は改めて
建電設備株式会社(現・株式会社ケーネス)に就職。

この時点でも、何か、何か?と飽くなき情熱が
満足する事はなかったのでしょう。

本を読んでいながら菅氏は

「この世の中は政治が動かしているんじゃないか」
という一つの答えに到達します。

この政治家に「人生を賭けてみよう」
新たな菅氏の中の目標ができます。

思ったが最後、そのとっかかりとして政治家と
知り合いたいと思った菅氏は法政大学の法学部の
知り合いに横浜の小此木(おこのぎ)彦三郎
(衆議院議員)を紹介してもらいます。

そこですぐに秘書となり政治家への第一歩を
スタートさせるのです。

ここでの小此木彦三郎氏の秘書を11年務め
38歳で横浜市議会議員選挙に初出馬を果たして
います。

菅義偉どぶ板選挙選を乗り越えて

当時の菅氏には小此木彦三郎氏の事務所で
知り合った真理子夫人との間に3人の息子さんが
居ました。

菅氏30歳の時、真理子夫人25歳の菅氏の
一目惚れだったそうです。

そんな二人の結婚後は順調に3人もの子供さんに
恵まれています。

ただ初の横浜市議会議員選挙当時の息子さんの
年齢が上から6歳、3歳、3ヵ月だったそうです。

現職議員は自民党の有力議員で、世襲政治家でも
無い地元出身でもない、誰の後ろ盾も無い状態の
菅氏には周囲からの猛烈な反対の中かなりの苦戦を
強いられたと言います。

その為この横浜の地で菅氏が行った選挙運動こそ
自分の足で一軒一軒歩いて回るどぶ板選挙です。

今でも地域の小さな選挙区ではあるどぶ板選挙
ですが、看板も無い、地盤も無くコレと言う後ろ盾
もなかった菅氏も例の漏れず背水の陣を敷いて落選を
避ける為の唯一無二の方法としてこの戦法を戦います。

1日に300軒を歩き、選挙終了までに訪ねた件数は
3万軒!

あまりの過酷な選挙運動から、あるお昼休憩の
お蕎麦屋さんでは気を失いかけたこともあった程
その選挙運動は過酷だったそうです。

当然毎日歩き回る靴もボロボロになり、見かねた
支援者が靴をプレゼントする事もあったとか。

そんな政治家としての第1歩を見事当選と言う形で
ゴールを切った菅氏。

その後は言わずもがなで横浜市議会議員の中でも
脈々とした仕事ぶりと存在感で「影の横浜市長」
呼ばれる程の活躍をして国政に出ます。

菅義偉の自負は世襲政治家でない叩き上げ

これほどまでに初の選挙運動で苦労した一つの
大きな理由が菅義偉氏は世襲政治家で無い事に
関係があるのではないかと思います。

歴代総理の面々を見ても、現在の安倍晋三総理初め
向こう約50年もの長きに渡り、世襲政治家ではない
総理大臣は居ないのです。

もちろんこれは菅義偉氏が、大方の予想通り次の
総理になれば、の話ですが、万が一菅氏が総理に
なれば、田中角栄元総理大臣以来の世襲政治家から
脱却した総理大臣の誕生となります。

先の初選挙となった横浜市議会議員を9年務めて
その後1996年47歳で国政へと出馬。

衆議院議員となったのは47歳の時です。

この時に神奈川2区から当選した他の2人こそ
現在の河野太郎防衛相と環境相の小泉進次郎です。

如何に国政へのハードルも高いのかが分かるかと思います。

知らぬ人は居ないとは思いますが河野太郎防衛相
の父親は元衆議院議員の河野洋平氏です。

その父であり、河野太郎氏の祖父に当たる河野一郎
は元副総理を
務めたまさに三代に渡る世襲政治家。

対する小泉進次郎も、実の父親に元総理の小泉純一郎氏
その祖父の小泉純也には衆議院議員、防衛庁長官。

曾祖父の小泉又二郎は横須賀市長、衆議院副議長
務めた3代以上の世襲政治家のご子息です。

この中に秋田県から集団就職で何の後ろ盾も無い
所から自らが汗水流して稼いだお金で法政大学
法学部を卒業し現在の官房長官まで駆け上がって
きたと言う事実に改めて驚愕します。

どれ程、この菅義偉氏の生い立ちから現在までの
成り立ちが稀有な存在であるかが分かるのでは
無いでしょうか。

また、秋田の故郷を飛び出した18歳の少年時代
から裸一貫で現在の地位へと上りつめた自負が
ある菅義偉氏は3人の息子にも、世襲政治家反対
の想いから、こう言っているそうです。

「もしなるなら他の県へ行って出ろ」

自分と同じ茨の道を歩いてでも、政治家を目指すなら
やってみろ、という想いから出た言葉ではないでしょうか。

ちなみに麻生副総理初め、今回の総裁選出馬のを
表明した岸田文雄氏も自身の息子さんを秘書に
しています。

あ、菅義偉氏を推した二階幹事長も確か三男を
秘書として後継者に目論んでいると言われています。

それほど権力の力は一度掴んでしまうと離し難い
魅力があるのでしょう。

永田町では決して珍しくも無い世襲政治家への
道を三人もの息子が居ながら、わざわざ

「やるなら他の県へ行って出ろ」と突き放す
この言葉こそ菅義偉氏自身が、そうではない道
(世襲政治家)ではない道からの究極の下克上
を叶えてきた自負としているのかもしれません。

叩き上げの政治家として!

影の権力者 内閣官房長官菅義偉 (講談社+α文庫)

新品価格
¥902から
(2020/9/7 18:42時点)

ふたりの怪物 二階俊博と菅義偉

新品価格
¥1,760から
(2020/9/7 18:42時点)

おわりに

国政に出ると誰もが野心として総理の椅子に座りたいと考えると言われています。ポスト安倍に全く意欲が無いと言いながらお膳立てされての濡れてに粟の状態となった菅義偉官房長官は本当に総理への意欲はなかったのでしょうか?
筆者は生い立ちから現在までの、完全なる叩き上げの政治家人生を振り返ると、野心アリきで今回の総裁選も絵に書いた餅ではなかったと思えて仕方ありません。狙って慣れるモノではない総理となって菅義偉氏が政治家の集大成としてどんな政治を見せてくれるのか?ほぼ出来レースと言われる総裁選のその先が今から気になりますね。まだまだ何かしらやってくれそうな実はダークホースだった菅官房長官の究極の下克上はもしかしたらこれからが本当の幕開けなのかもしれません。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 玉城デニーアイキャッチ
  2. 小池百合子アイキャッチ
  3. マクロン大統領アイキャッチ
  4. 伊藤博文アイキャッチ
  5. 丸山穂高アイキャッチ
  6. サンナマリンアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。