麻原彰晃の性的修行内容と井上嘉浩に強制した戒律が胸クソ悪すぎる

この記事は4分で読めます

麻原彰晃アイキャッチ

18年7月にようやく死刑執行されたオウム真理教教祖
の麻原彰晃。

死刑執行された今もなお不気味な存在として語られる
彼の当時の姓的執行内容がエグくて異常者である事を
示すかのように語られている。

宗教を楯にして彼が洗脳させた信者の数は数知れど
洗脳の度合いは様々で性的修行を喜んで受け入れた
女やそれを否定された男性信者達の最後。

異常者麻原彰晃の行ってきた無慈悲でおぞましい
内容を追ってみようと思います。

Sponsored Link

麻原彰晃の性的修行内容がやっぱり異常者

やはり知る程に異常者だったことを否定できない人間
それが麻原彰晃という人物ですが性的修行の内容が正直
好きモノ以前のレベルで気持ちが悪いです。

彼が信者らに強制した事。

そして自らの性的思考を強要した事。

それらを教祖とあがめて洗脳されていた女性らは
性的ターゲットとして求められる事を名誉と感じて
居た事。

これら全てがやはりオウム真理教の異常さを物語る
象徴の一つだと言えるのだと改めて実感するばかりです。

自身を徳川家光の生まれ変わりとしてオウム真理教にも
大奥制度を使用。

入信時に女性信者は写真を撮られ、その中から好みの女性を
麻原が好きに選ぶ。

実際に面談して麻原が気にいれば性行為を行い、この時
女性が処女ならばターギニーとして(愛人)に昇進する。

性行為の場所は40畳にも及ぶ風呂場で部屋や風呂場で行われ
延べ100人にも及ぶ愛人やターギニーを順と性行為を行って
おり、この行為の間中本妻の妻は部屋の前をうろうろしていた
との事らしいです。

性的修行内容

麻原彰晃曰く神聖な儀式として行われていたらしいが・・・

・自分の精〇を信者に飲ませる
・麻原の精〇を信者の女性らに口移しさせ合う
・女性信者の陰〇を小瓶に入れて名前を付け保存(100本)あった。

もはや書いていて気絶しそう・・・

Sponsored Link

麻原彰晃が井上嘉浩に敷いた鬼辞令がクソ過ぎる

・夫婦で入信しても出家した後は別々に住む事
・配偶者、恋人同士も性行為は禁止

今回麻原彰晃と時を同じくして死刑執行された
7名のうちの一人である井上嘉浩に至ってはオウム
の申し子とまで言われ最後は死刑でこの世を去るも
最後まで女性との経験(性的関係)が無い状態で
この世を去ったとされている。

彼は25歳の若さで教団幹部へ登り詰め麻原
とも最後まで行動を共にしたと言われる人物です。

でもその彼に対して麻原彰晃のしたことはあまりに
無慈悲。

若くして麻原に妄信していた彼は19歳の時教団の
部下と恋に落ちたという。

それを自分の息子だとか、戒律を破ったとか言い
激しく攻め立て当時の麻原はコンテナに閉じ込め
4日間の断食を命じたという。

水一滴さえ飲ませず井上に戒律を叩き込んだのだ。

自分は100人もの愛人を囲ってヤリタイ放題
にヤリまくり、敷いては20人以上とも言われる
子供を儲けて、わずか19歳の自分に妄信する未来
ある優秀な若者をこうして罰して洗脳させていったのだ・・・

この無慈悲とも取れる行動は井上ならず全ての
オウム幹部や処刑された人物に通じる共通点でも
あるが・・・自らは否定して女性を拒むならまだしも
求めていた時期に妄信した麻原によって戒律を破った
と激しく攻め立てられた井上の地獄のような人生。

オウム幹部の中でもイケメンと言われる井上の
当時を知る女性信者で彼女は当時の井上を慕って
いたという・・・

その女性の取り調べでの証言がこちらです。

「井上さんから冷たくされてさみしいと思った。すがりついたら、驚いて逃げ出した。『女性に触られると自分のエネルギーが抜かれる』と言って極度に避けていた」

井上嘉浩はこの供述にたいして

「エネルギーが抜けるというか、カルマ(=業)が交換される」

「触られないようにした」

と語り、加えて、

「私も性欲の破戒をしたことはあります。今でも童貞であるんですけど」

あっぷあっぷ:引用

これはいわゆる童貞宣言でもあり、それを告白する
井上氏は恥ずかしそうでもあり、でも誇らしげだった
というから恐ろしい・・・

っというより悲しい・・・

完全に麻原に洗脳されまくった慣れの果てが
まさかの童貞・・・

井上嘉浩初め他の死刑因の死刑執行は正しかったのか?

必ずしも正しいとは言い難い、この麻原彰晃こそが
悪の温床である事は間違いないのに・・・

何故としか言いようがありません。

麻原彰晃の子供の数に気絶しそう

こうした結果本妻との間に6人の子供。

愛人との間には15人の子供がいると言われています。

麻原彰晃の罪こそもっと明確に問われるべきであって
やはり他の死刑因の死刑執行は、この人物の人生さえも
左右した麻原彰晃と同列での死刑執行はやはり納得が
いくとは言い難いのではないでしょうか。

犯罪もろとも、麻原彰晃の罪はあまりに重すぎます。

Sponsored Link

おわりに

何が麻原彰晃をああさせたのか?不幸な生い立ちや幼少期の生活は決して恵まれた生活ではなかった麻原彰晃。それでもそんな人は五万と居るし、どうして、こうも多くの赤の他人を巻き込んで人生をメチャクチャにしてしまったのか?また何故高学歴な人物が揃いもそろい麻原彰晃ごときに妄信したのか?それらを死刑執行された幹部にこそ問うべきだったのっではないか?と初めて死刑執行に疑問を感じました。一人の狂った男麻原彰晃の罪は死んでも許される罪では無いと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 上祐史浩アイキャッチ
  2. 細木数子アイキャッチ
  3. 麻原彰晃アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。