橋下徹の生い立ち~父親の出身地と貧困生活に嫁のあげまんも凄い

この記事は5分で読めます

橋下徹アイキャッチ

大阪府知事・大阪市長・維新の会などで
活躍していた橋下徹さん。

どんな相手でも論破する姿が爽快で強烈なリーダー
シップと過去に居なかったタイプの個性の強さで
タレントとしても現役弁護士としても活躍する橋下徹
さんの生い立ちが想定外に壮絶だったようです。

両親の離婚や貧困だった幼少期の事、大阪府知事時代に
問題として取り上げられた出自の問題。

数々の困難と貧困から現在まで成り上がった橋下徹さんの
側にはそれを支えた妻典子さんの存在が欠かせません。

何故妻があげまんだと言われるのか?
何も持たなかった彼が現在に至るまでには彼女なしでは
得られなかっただろう今があると思えて仕方ありません。

今回は橋下徹さんの生い立ちから今を追ってみましょう。

Sponsored Link

橋下徹の生い立ち~両親の離婚と貧困

橋下徹さんは、1969年に東京都で生まれます。

幼少期は東京都渋谷で過ごしたそうですが、物心
ついたころには両親は離婚しており、母子家庭の
長男として母と妹と3人家族で育ちました。

その後小学校5年の頃には大阪府へ
引っ越ししているようです。

中学1年の時に母親が再婚します。

母親と現在の父親にはとても助けられたといいます。

「僕を育ててくれたのは、母親であり現在の父親である」

「大学進学費用、妹の海外留学費用も全て現在の父のおかげである」

と、母親と現在の父親には大きな感謝の念を
持たれているのが解ります。

高校ではラグビー高校日本代表候補に選ばれ
東西対抗に出場しました。

また日本テレビの『全国高等学校クイズ選手権』にも
出場されていました。

地方予選敗退ではありましたが、放送には映っていました。

高校卒業後、一浪してから早稲田大学経済学部経済学科
入学します。

学生ビジネスで不渡手形を掴まされ訴訟を
起こした経験から、法律家を目指すように
なったそうで、1994年に司法試験に合格しました。

弁護士としては、所属した法律事務所内の方針で
手がけている訴訟問題等にも、自身の方針との差異が
大きければ参加を拒否することがあったようです。

1998年に大阪市内に自身の法律事務所として
「橋本綜合法律事務所」を設立して独立します。

弁護士としての主な担当業務は「企業コンプライアンス」
「M&A」「エンターテイメント法」「スポーツビジネス」

などを手掛けていたそうです。

大阪で弁護士として活動しつつ、テレビ出演も
こなすようになります。

2003年頃から全国ネット『行列の出来る法律相談所』
や関西ローカル『たかじんのそこまで言って委員会』
などでレギュラーとして出演していました。

事故、事件、時事問題などについて
触れることが多くありました。

また弁護士らしからぬ歯に衣着せぬモノ言いが、これまでの
お堅いイメージのあった弁護士とは違ったのも人気の火付け
になったのは言うまでもありませんね。

2008年に大阪府知事に就任した後は、法律事務所を
法人化し別の弁護士に運営は任せることになります。

2011年には府知事任期を3か月ほど残し辞職して
大阪市長選挙へ立候補し見事初当選します。

知事経験者が政令市長就任したのは史上初だったそうです。

その後、維新の党の共同代表や、国政政党
おおさか維新の会を結党、初代代表を務めたりと
県政・市政・国政と、政治家として様々な活動を続け
2015年に大阪市長の任期満了を機に、政界から引退しました。

現在は再び本業の弁護士とタレント活動を行っています。

Sponsored Link

橋下徹の父親と出生に壮絶過去

物心ついた頃には離婚していたため、記憶には
あまり残っていないそうです。

橋下徹さん自身も、

「ボコボコにされた記憶しかない」
 と、こぼしていました。

幼少期には父方の親戚筋の家に泊まったことも
あるしお世話になったこともあるようですが
橋下徹さんが中学1年の頃、母親が再婚したころを境に
実父親戚筋とは付き合いが疎遠になったとのこと。

また、実父と実父の弟(伯父)は暴力団関係者
あったというのは、橋下徹さんも周囲の話から聞いたで
非常にやんちゃであったことは事実だと語っています。

その実父も、橋下徹さんが小学校2年の時に
自殺により亡くなっています。

また、実父については、実は韓国籍なのでは
ないかとの噂もあります。

その噂の根拠とされているのが、暴力団関係者で
あったことや、橋下徹さんがマルハン社長と仲が
良いという話からだと思われます。

マルハンは韓国籍のパチンコ店などを経営している
企業です。

また実父はギャンブルにも深く入れ込んでいた等
の全く出元が解らない噂もあります。

これらを併せたイメージで
「橋下徹は韓国の血が流れている」という
噂が作られたのではないでしょうか。

橋下徹の嫁は超絶あげまん!

橋下徹さんの奥さん、典子夫人は高校時代の
同級生だそうです。
嫁
凄く可愛いでしょ?きっと高校でも才色兼備で
モテモテだったタイプですよ・・・間違いない!

親からは結婚を反対され、ほとんど駆け落ち同然で
風呂もトイレも無い古いアパートで同棲からスタート
しています。

そんな高校時代の同級生である奥様自身も成程の優秀な
学生として現役大学生として神戸大学に入学。

海外留学の経験もあり、その背景からも典子さんの
ご実家がかなりしっかりした家柄であった事は想像に
容易いと思います。

そしてそんな環境で育てられた娘が一浪している当時の
橋下徹さんとの同棲生活を大反対したとの事・・・

通常の親であれば当然の事ですよね・・・

嫁
今に近い画像も美人です。

でも彼女は彼(橋下徹)を取った。

一浪の身となるも彼を六畳一間の風呂なし共同トイレ
と言う、とても恵まれたとは言えない環境の中支えて
翌年には早稲田大学入学へと導きます。

お金なんかある訳の無い当時の何も持たなかった橋下徹さんの
早稲田受験から司法試験も彼女はアルバイトをして生活を支えた
のです・・・

神戸大学を卒業したようなまだホントの娘さんがです・・・

そして橋下徹さんの年齢から考えても時は華やかなバブル時代。

どうにでも遊んで派手に海外旅行に行って~と周囲が
する中典子さんは違った・・・絶対この人を支えなくては~
思いや決意が無ければ出来る事ではありません。

だって何の保証もないのだから。

凄いハートフルだしなかなか半端な気持ちで出来る事で
ないのは分かりますよね・・・

そんな典子さんの支えもあり、橋下徹さんは在学中に
司法試験に25歳で合格。

典子さんの先見の明があったのですね~

やっぱ優秀な女性には優秀な男性が付くと言う自然の原理です・・・

この当時の妻(典子)さんの盤石の支えがあったからこそ
絶対叶えて見せると橋下徹さんが奮起し自身の起爆剤になった
のは言うまでもありません。

そんな成り行きを身近で見ていた典子さんのご両親は
当初、娘を思うあまり反対していたものの見事二人は
周囲を納得させて1995年に結婚しました。

そんなご夫婦の間には、今更ですが7人もお子さんが
いらっしゃいます。

1997年生まれの第1子長女から、2007年生まれの
第7子の4女まで。大家族ですね。

司法試験合格、弁護士としての活動から政界に
飛び込み、県政・市政・国政と政治家活躍を
つづけた橋下徹さんを支え続ける典子さん。

そんな典子さんとの間に7人もの子宝にも
恵まれている事も加えて「あげまん」
言われるのは当然の結果でしょう。

だって何も持たない青年の時代にこそ、影に日向に
彼の可能性をひたすら信じて支えてきた存在の典子さんが
あってこその橋下徹なのは間違いないのですから・・・

それにこの少子化で7人!

二人の相性は言うまでもなく他人には図り知れない男女の
相性も超良かったのでしょうね。

素晴らしいご夫婦で羨ましいです。

Sponsored Link

おわりに

 少し毛色の違う政治家として色んなメディアで注目されていた橋下徹さん、最近はまたバラエティ番組に出演される事も増えましたが、政治家であるために発言を憚られていた事も、今は吐き出してると感じる事が多くなったイメージがあります。そして貧困時代や生い立ちなど本人の努力と紛れもない唯一無二のパートナーとの出会いがあってこそ、生まれや出自などは関係ないのだと思い知らされたりもしますね。個人的にも大好きな橋下徹さんの今後の活躍と政界経験者の鋭いコメントとしてこれからも注目していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 岡井千聖アイキャッチ
  2. 杉本彩アイキャッチ
  3. 千秋アイキャッチー
  4. 乙武洋匡アイキャッチ
  5. ミッツマングローブアイキャッチー
  6. DaiGoアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。