羽賀研二の生い立ち~米兵の子として貧困生活と現在の受刑者として

この記事は3分で読めます

羽賀研二アイキャッチ

彼の名前を聞くとモデルの梅宮アンナの元彼の
イメージが強烈に強いタレントの羽賀研二。

常に付きまとう金銭トラブルメーカーのイメージの
まま現在も未公開株詐欺事件で逮捕され受刑者
として刑期に努めているという。

どうしてこうも彼は金銭トラブルが多いのか?

彼の生い立ちからそのルーツと現在の受刑者と
してまでの経緯を追ってみよう~

Sponsored Link

羽賀研二の生い立ち~米兵の子供として

彼の彫の深い顔立ちからハーフと聞いて納得の
元祖イケメンタレントでもあった羽賀研二。

彼は沖縄県沖縄市で米兵の父親と日本人で沖縄
在住の母との間に誕生する。

1961年7月21日本名當眞美喜男(とうま みきお)
として誕生する。

ただ既に彼が誕生した時には両親の関係は既に破綻
しており彼は父親の顔も存在も知らない最初から
母子家庭のシングルマザーの元育てられたようです。

そのあからさまにハーフ顔であった事から米兵との
間の母子家庭と言う事で彼は学生時代はイジメの
対象となったり整った顔立ちに体格も良かったせいか
かなり喧嘩売られたりと本人が望まずとも良くも悪くも
目立つ存在だったようです。

羽賀研二の貧困生活

そして、これらの環境(米兵との子供)でシングルマザー
として子供を育てる女性の多くがそうなように彼もまた
当時相当な貧困生活を強いられたようです。

母子家庭で母子一人であった當眞家でしたが、生活は
困窮を極めていて、住む家にも困る程で、幼少期には
知り合いの電気店の納屋を借りて住んでいた
程困窮
した生活だったと言います。

当然生活の為にも母親の為にも、かなり小さい頃から
新聞配達をするなどして家系の手助けもしていたそうです。

そんな生活の中高校生の時にはバスケットボールに熱中し
インターハイに出場するほどの経験もあり大学進学時には
バスケでスカウトされる程の腕前だったようです。

ただ、その頃時を同じくして友人と買い物に出かけた
高校時代に街でスカウトされ、それがきかっけとなり
芸能界へと進むことになったようです。

まぁあの高身長とあのルックスではスカウトされるのも
納得ですけどね・・・

その後の活躍はみなさん知っての通り、高校卒業後は
ミュージカルを皮切りにみなさん知っての人気番組の
『いいとも青年隊』になり瞬く間に売れっ子タレントと
しての栄華を手に入れたのです・・・

Sponsored Link

羽賀研二の現在は受刑者として

生まれた時から父親の顔も知らず、そして母子
二人の貧困生活を余技無くされて生きてきた羽賀研二。

ただ唯一無二で父である米兵が彼に与えてくれたものは
人より優れたルックスと高身長です。

それらを武器に芸能界で成功したタレントとして活躍
した彼は様々なトラブルがありながら実業家としても
女性相手の宝石商のようなまねごとをして、マダム相手に
相当な売り上げをなしていたと言われています。

そして起きてしまった2007年の6月に未公開株を巡る
詐欺や恐喝未遂で逮捕。

現在も故郷である沖縄刑務所に収監中との事。

彼が受けた懲役は実刑6年の懲役でした。

詐欺容疑の未公開株で詐欺した金額3億9000万円
支払い命令が2016年10月にされるも財産が無いとの
事支払いをしてない状態でしたが、2017年1月に4億円の
隠し財産があった事が発覚。

上記の刑期6年では2019年に刑期満了だったはずの
刑がこの隠し財産発覚で新たな罪として強制執行
行為妨害罪で告発される可能性が高く、これによって
2019年と出所が目前に迫ってきた今、さらなる刑期の
延長となり+3年程刑期が伸びるのでは~と予想されている
そうです。

悪銭身に付かずとはよく言ったもの。

貧しい生い立ちから芸能界へと華やかな世界で大金を
手にすることに慣れてしまった彼は、いくらでも自分
次第で大金を稼げると思いこんでしまったのでしょうか・・・・

年老いた母親の気持ちを考えるといたたまれませんね。

Sponsored Link

おわりに

全てを持って生まれる人はいないと思いますが幸か不幸か彼には壮絶な貧困と引き換えに素晴らしいビジュアルを何も与えてくれなかった父親から授かったのでしょう。でも生かし切れる能力が羽賀研二にはなかったのだろうな~としか思えないお粗末な現在の状況にやっぱり人間悪銭身に付かずとは良く言ったものだな~と思うばかりですね。せめて母親が存命の間に出所出来たら良いですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. アンミカアキャッチ
  2. KABAちゃんアイキャッチー
  3. リリコ
  4. 金村義明アイキャッチ
  5. デヴィ夫人アイキャッチ
  6. ダンプ松本アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。