佐々木健介の生い立ち~父親の虐待と自殺が性格の人格形成になった

この記事は3分で読めます

佐々木健介アイキャッチ

最近はすっかり也を潜めている鬼嫁事北斗晶さんの
夫佐々木健介さん。

佐々木健介さんもプロレスラーとして活躍する人物
でしたが過去には壮絶な練習生を殺人したなどのブラック
な噂も流れた事がある人物です。

バラエティでは見せない裏の性格があると言われるのは
彼の生い立ちが壮絶だったから~と言われているのです。

父親からの虐待と最後は自殺したという彼の生い立ちは
一体どんな人格形成をしてしまったのでしょう。

佐々木健介さんの裏の性格と共に追ってみようと思います。

Sponsored Link

佐々木健介の生い立ち~父親の壮絶暴力

福岡県出身の佐々木健介さんは1966年8月4日
生まれの九州男児として誕生されています。

ただ彼の父親は福岡県で金融業を営んでいたそうですが
思い通りにならない事があると佐々木健介さんら子供に
対しても壮絶な虐待を振るう身勝手な今でいうDVの父親
だったそうです。

当然理不尽な暴力に怯えながら彼は近所の雑貨屋を営む
おじさんにいつも逃げるように駆け込み助けてもらって
いたそうです。

幼い子供だった佐々木さんを庇い匿ってくれた雑貨屋の
おじさんだけが頼りだったのにある日父親にこういわれて
しまうのです。

『もう雑貨屋にはいくな』

身勝手極まりない父親の言葉ではありながらも、歯向かうと
暴力を振るう父親を恐れて、この言葉以降雑貨屋のおじさんに
会いに行くことが出来なくなってしまった佐々木健介さん。

その後も父親の暴力は収まる事なく、父から行くなと
言われていた約束を2年ぶりに破り雑貨屋のおじさんを
頼りに駆け込んだ佐々木さん。

だけどそこには既に更地になって誰も姿形の無い場所に
様変わりしていたとの事・・・

理不尽な暴力に晒された佐々木さんは「強くなるしかない」
との思いでプロレスラーになる事を決意して家を出ます。

佐々木健介の父親は最後自殺していた

家にいなくなった怒りの矛先だった息子たちがいなくなり
父親の暴力の矛先は結局母親に向けられたそうです。

何とも気の弱い父親だったのでしょう。

自分より力の弱い息子や妻に理不尽な暴力を振り続け
結局母親が父からの暴力を逃れるため息子の健介さんを
頼り家を出てきたそうです。

そりゃ~当然ですよね。

その行為に父親は母親に帰るよう言ってくれとお願い
する電話があったとか・・・

この時既に佐々木健介さんが自宅を出て4年の歳月が
経っていました。

でも当然母を庇う健介さんが父親の元に母親を返す訳
もなく結局父親はその状況に悲観したのか、自殺を選んだ
のだそうです・・・

何でも父親の親友が詐欺師で騙された事がきっかけで最後は
自暴自棄になて自殺したとの事ですが・・・

正直散々息子や嫁に暴力を振るってうっぷんを紛らわして
いたレベルの男です・・・

詐欺師の親友に騙されたのも必然だったのではないでしょうか・・・

何というお粗末な最後・・・

そんな手段を選べば家族がどんな思いをするのか?

そうは感がる能力が無かったにしても身勝手極まりなく
最後まで家族に迷惑を掛けて生きて死んでいった父親だと
言えると思います。

お角違いもいいところですよね・・・

それなのに自殺って・・・

Sponsored Link

佐々木健介の性格はこうして人格形成された?

こうした生い立ちが関係したのでしょうか?

意外にも鬼嫁を恐れるバラエティで見る時の佐々木健介さんと
実際のプロレスラーをしていた時の佐々木さんとの評判がかなり
開きがあると言うのです。

かなり性格が朗らかで嫁の尻に曳かれる優しい旦那
といったイメージの佐々木さん。

でも実際は結構エグイ性格だと噂されています。

2014年には現役引退をしている元レスラーですが
現役時代は相当なシゴキや行き過ぎた行為の数々が
有名だったらしく、それが練習生だった当時の西川潤
さんが実名で壮絶なシゴキを暴露しています。

内容は理由もなく殴られ髪をわしづかみにされ、コンクリートに
頭をぶつけられるという壮絶な内容だったとか・・・

こんなエグイ内容の暴力を振るえる行為時代が彼の狂暴な
性格のルーツとなった自身が経験した生い立ちの父親から
受けた虐待が関係あったのでは~と言われているそうです。

結局大なり小なり過去の生い立ちを背負って生きるのが
人間です。

明るく優しい鬼嫁の尻に敷かれているだけの佐々木健介
が全てではないのかもしれませんね・・・

褒められた事ではありませんが・・・

彼ばかりに罪があるわけでもありません・・・

かと言って事実であれば相当いただけない話題ですが・・・

Sponsored Link

おわりに

やっぱり子供は親を選べない~という意味で親の身勝手な行為や理由の無い暴力はクズ意外の何物でもありません。そんな選択の余地がない両親からの虐待を受けて育った佐々木健介さんも又広い意味での被害者なのですから・・・今は素敵な奥様と素敵な家庭を築いている~そう信じたいですね。全てが嘘ではないのだと・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ピータ―アイキャッチー
  2. デヴィ夫人アイキャッチ
  3. 中居正広アイキャッチ
  4. ローラアイキャッチー
  5. 乙武洋匡アイキャッチ
  6. 長嶋一茂
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。