飯島愛の生い立ち~コンクリート事件や引退の本当の理由や真相は

この記事は5分で読めます

飯島愛アイキャッチ

未だに順調だった芸能界引退の本当の理由や
突然過ぎた死因が謎に包まれている元タレントの
飯島愛。

飯島愛の幼少期は成績優秀で大人しい子
だったそうです。

教育熱心で躾の厳しい両親と、彼女の人生を
変える切っ掛けとなり今でも語り継がれている
コンクリート事件の事や、ホステスからAV女優
タレント業への転身などの経緯。

そして突然の引退や理由として囁かれた凄惨な
事件への関与疑いなど、飯島愛の生い立ちから
最後までを追ってみよう~

Sponsored Link

飯島愛の生い立ち~厳しい躾と人生を変えた事件

 
飯島愛は1972年に東京都で生まれました。

 
教育熱心で躾の厳しいい両親に育てられ
小学生の頃は成績もよく、大人しい子だった
といわれています。

両親は中学から東洋英和女学院への進学を
望んだそうですが、受験失敗してしまいます。

その受験失敗を恥じた両親は、せめて高校からでも
東洋英和へ進学してほしいとして、自宅からは遠い
亀戸の中学へ越境入学させたといいます。

 
友達のほとんどいない中学校でしたが、成績は
学年で常に10番以内という優秀さでした。

しかし、同じクラスにどうしても抜くことが
できない女子生徒がいて、母親からなじられる
毎日だったそうです。

 
ある時、数学で90点を取って、今度はきっと
褒めてもらえると思ったところ

「山口さん(仮名)は何点だったの?」

「……」

「4問も間違えているじゃない。どうしてできなかったの」
 
というやり取りがあったそうです。

飯島愛はその時の心情を

「私は、ただ褒めてもらいたかった。父に、母に、一言『頑張ったね』といってもらいたかった」
 
と語っています。
 
そんな中学1年の秋頃に精神的な支えでもあった
祖父が亡くなったことで精神のバランスを保てなくなり
両親からのプレッシャーに耐えられなくなって
非行に走ったといいます。

 
付き合う友達が変わり、それまで出入りも
しなかった地元のゲームセンターなどで
遊び回り、屋上でタバコを吸うような
日々だったそうです。

制服のスカート丈が長い事が当時ワルの
定番となっていた事に漏れず、飯島愛も
そのスタイルになっていたといいます。

 
こうして振る舞いが派手になった飯島愛を
襲ったのが「リンチ事件」でした。

 
中学2年生になったある日、飯島愛はいつも
遊んでいる女子生徒たちに呼ばれ、待ち合わせ
場所の五之橋の下へ行くと、

「てめぇ、イキがってんじゃねぇよ!」
 
と、集まった女子生徒ひとりひとりから
激しいビンタを食らい、土下座しての
謝罪を強いられたといいます。

 
その事件以降、飯島愛は学校でも無視
(シカト)されるようになります。

 
中学校からも居場所を無くした飯島愛が、次の
居場所を求めて辿り着いたのは、原宿代々木
公園横の歩行者天国「ホコ天」でした。

「深夜徘徊、ドラッグ、売春、夜の歌舞伎町にはあらゆる非行への誘惑があった」
 
と、自著で語っています。

 
活動エリアが亀戸から歌舞伎町に移ったことで
飯島愛の生活は本格的に一変し、無断外泊も
するようになり、両親は度々警察に捜索願を
出したそうです。

 
補導されては父親から顔中あざだらけになる程
殴られたといいます。

飯島愛に差し伸べられた救いの手

 

飯島愛はその後も家出や万引きを繰り返し
補導回数が積み重なり、ついに江戸川少年
センターへと連れていかれる事になります。

 
当時の保護司の話では、飯島愛は

「カウンセリングによって更生する見込みはない」

と判断されていたそうです。

そうなればセンターではなく家庭裁判所を経て
少年院に収容される事になります。

それを知った飯島愛を担当していた婦人警官
古川光枝さんが上に掛け合い、なんとかセンターで
カウンセリングを受け続けることができるように
計らったそうです。

 
古川さんは、飯島愛にとって特別な存在だったそうです。

「あの子は、何としてでも守りたかった」

と、よく話していたのだとか。

飯島愛がテレビで活躍する姿を見て、本当に
うれしそうに微笑んでいたといいます。

 
少年センターに通いながら、中学を卒業して
その後都内の私立高校に進学するも1か月で退学。

それから両親や古川さんの前からは姿を消し
ディスコで知り合った男性と同棲生活を
始めていたそうです。

 
カラオケスナックなどでホステスとして
働き始めてから「愛」という源氏名を付けてもらい
そのうちプライベートでも本名の「松恵」ではなく
「愛」を使い始めます。

それは両親との決別の意味もあったといいます。

 
六本木でホステスとして働いていたところ
スカウトされ、1992年にAV女優となります。

AVデビュー後にハプニングゲストとして
テレビ番組に出演してから、徐々に芸能界へ
以降していき、1994年にはAV女優を引退し
タレント業へと転身を果たしました。

Sponsored Link

飯島愛の引退理由だと噂になったコンクリート事件がやばい

 

バラエティ番組などで活躍していた飯島愛ですが
2007年に突然の引退宣言がされます。

引退理由については、週刊誌などで様々な説が
挙がりましたが、2007年3月31日に

「目標や夢が見い出せず、芸能界で生き残っていくことは不可能」
 
として所属事務所から正式に引退が発表されました。

 
その後2008年12月24日、東京都の自宅で
亡くなっているのが親戚の女性に発見されます。

警察などの捜査により、発見時には既に死後
1週間ほど経過していたことが判明しました。

死因は肺炎との事でした。

 
亡くなった飯島愛の引退理由だと
噂されたものがあります。

「足立女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人グループの一味に関係が噂されていた」
 
というものです。
 

この事件は、1988年に起こったもので、アルバイトから
帰宅途中だった女子高生をだまし討ちするようにホテルに
連れ込み、その後加害者の一人の自宅に40日以上に
わたって監禁強姦し、加害者の未成年4人で連日連夜むごい
暴行を受け続け、ついに命を落としてしまいます。

そして遺体の処理に困った少年たちは、ドラム缶に
遺体を詰め込みコンクリートを流し込んで、江東区の
埋め立て地へ捨てました。

 
被害者の少女は、成績もよく、就職も
内定していたといいます。

改めて概要を読んでも、悍ましい事件です。

 
この事件の加害者4人は少年法に守られ、主犯の
少年でさえ懲役20年という判決でした。

 
飯島愛が、この凶悪な事件の犯人グループの
一味に関係が噂されていたとして、大きく
話題に挙がりました。

 
噂の内容としては

「飯島愛が当時付き合っていた男性が、女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人の一人だった。コンクリート事件関係者に脅されている」

というものでした。

大手芸能プロダクション関係者の話によれば

「彼女が最近、何者かに弱みを握られて1億円近い金をゆすられたって噂があった。その弱みと言うのがコンクリ事件じゃないか」
 
という話でした。
 
この噂が立ったのは、飯島愛が引退後のことです。

当然、飯島愛は自身のブログで否定していました。
 

しかしその後に「想像を絶する金額」
事務所の経理担当に横領されたとも書いています。
 

その額が1億円近いということで、ゆすられたと
噂される金額と一致したことから、まことしやかに
ささやかれるようになりました。

また、1億円近くを横領されたと書いていて、警察に
届けていない事から、さらに疑問が広がったようです。

 
飯島愛の引退が2007年、女子高生コンクリート
詰め殺人事件の主犯格が出所するのが2008年と
いう事もあり、このトラブルを予見して引退へと
動いたのではないかと噂が広がっていました。

 
しかし、全て噂話レベルの事であり、根拠が
一切ないのです。

そして、飯島愛が亡くなっている今
これ以上は語られる事も無くなっています。

真相は闇の中です・・・

Sponsored Link

 

おわりに

なんとも、いい加減な噂話で話に尾ビレ胸ビレ生えまくりって感じですね…。それにしても壮絶で波乱に満ちた人生を短命で終えてしまった飯島愛さん。彼女が存命であれば、色々捜査もされたのでしょうけど、既に亡くなって10年です。亡くなっている方に対して無責任な噂を振りまくのは避けたいですね。もしかして苦しい思いをしていたとしたら~安らかにご冥福を祈るばかりです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. ピータ―アイキャッチー
  2. 坂上忍アイキャッチー
  3. 羽賀研二アイキャッチ
  4. 高田万由子アイキャッチ
  5. 中島誠之助アイキャッチ
  6. 乙葉アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。