メンタリストDaiGoの生い立ち~本名や弟にイジメからの下克上

この記事は4分で読めます

DaiGoアイキャッチ

人の心理を自由に操りその心を読めるとして
大ブレークした”メンタリスト”のDaiGo。

一時期やらせ説や電撃引退も話題になりましたが
彼の兄弟はテレビでも有名なあの人だった。

今回はDaiGoの幼い頃の時体験したいじめと
彼を変えたきっかけや、母親との悲しい別れの真相
プライベートが謎に包まれているDaiGoの生い立ちや
生き様を調べてみました。

Sponsored Link

メンタリストDaiGoの生い立ち~本名や兄弟は?

まずはDaiGoのプロフィールを見てみましょう。

活動名:DaiGo
本名:松丸大吾(まつまる だいご)
誕生日:1986年11月22日(31歳)18年9月現
出身:静岡県清水市
職業:メンタリスト

メンタリストとは、彼が肩書として使用し
世間に彼自身が広めた言葉です。

彼の定義によると、心理学に基づく暗示や
錯覚などのテクニックを駆使し、常識では
考えられないようなパフォーマンスを見せる
人のこと。

まさにメンタリストとしての彼を指していますね。

彼が注目されたのは、大学3年生の頃にテレビに
初出演後、反響は凄まじく一躍人気者に。

当時のテレビ出演のオファーは100本以上で
見ない日はないと言っても過言ではないほどでした。

最近は落ち着いていますが、そんなDaiGoには
兄弟がいるのをご存知でしょうか?

長男:Daigo
次男:彗吾
三男:怜吾
四男:亮吾

と、実は4人兄弟で長男だそうです。

それにしても4人はお母さまが凄い!

父親の悟(さとる)を子どもたちの
名前に使用したそうです。

そして、四男の亮吾さんはフジテレビ系
「今夜はナゾトレ!」内の「東大ナゾトレ」
コーナーを担当する松丸亮吾さんなのです。

弟
何となく似てますね。

これまで非公開だったのですが、最近
公表に至りました。

結果DaiGoの本名も発覚したわけですね。

何故今まで公表しなかったのかは
松丸亮吾の兄へのコンプレックス
が原因でした。

どこへ行こうがDaiGoの弟として
扱われるのが苦痛で明かさなかった
そうです。

今では顔を隠さないといけない立場に
なってしまった松丸亮吾ですが、そんな時
にDaiGo自身が「そろそろ公表しないか」
と持ちかけたのです。

その後は2人で同じ番組にも出るほどになりました。

共演
こちらはDaiGoと松丸亮吾がニコ生に出演した際のもの

松丸亮吾は以前に次男の彗吾さんとも
ニコ生にも出演されていたそうです。

兄弟仲は良さそうに思えますね。

メンタリストDaiGoの壮絶イジメからの下克上

さて、そんなDaiGoですが、あれ程人の心理など
を読み解くのが上手い彼には想定外の過去があるのです。

DaiGoは幼少時にひどいいじめにあったといいます。

その内容はかなりショッキングな内容でビックリ。

「小1から中2までいじめられっ子で、友だちが1人もいなかった」
と語っています。

トイレで水をかけられたり、上履きの中に
画鋲を入れられたりしたそうです。

「待っていれば、クラスが変われば、友だちができるかも……先生が変わったら助けてくれるかもって、8年間待ったんですけど、誰も助けてくれないし、誰も友だちになってくれなかった」

と当時を振り返っています。

ある日工作室で授業を受けている時、母親を
バカにされた怒りで突発的に足元にあった
ナタを投げたそうです。

「殺してやろう」と思ったそうです。

ナタを投げたその行動で、周りの見る目
が変わったといいます。

この衝動的というか彼にとっては初の突発的な行動が
彼の人生観も変える事になるのです。

彼はこの行為によって周囲の自分を見る目が変わった
事をハッキリと目の当たりにしたのです。

それまでどれほど強く望んで願っても変わらなかった
周囲が自分の衝動に任せて出てしまった常軌を期した
行動によって激変する。

「自分が動くことで、こんなに簡単に周りの見る目が変わるんだったら」

と、これまでの自分の特徴を全て紙に書き出し
全てを逆の行動言動にしたと言います。

天然パーマだったのを、ストレートパーマを
たり、メガネからコンタクトレンズに変えたり
成績は下から3番目だったのをトップ3に。

子供時代
と1つずつ確実に努力を積み重ねて
変えていったそうです。

いじめられ追い詰められた結果、彼は
自分が変わろうと努力しました。

確かに今とぜんぜん違う容姿ですね。

「いじめられていたのは、今はチャンスだったなと思うんですよ。人間って、変わらなくてはいけない理由がないと変わらないんですよ。当時の僕と同じようにいじめられている子たちは今、変わらないといけない理由があるんですよ。だから、大きく人生が変わるチャンスだと、いつも言っています」

と語っています。

彼なりに試行錯誤して限界に達して出てしまった
衝撃的行動が生んだ結果ですが、その後の冷静な
自己ブランディングによって自らの人生を立て直す
べく取り組んででも変えてやる!

と意思を持って行動したのが素晴らしいですね。

究極の下克上って感じです。

Sponsored Link

メンタリストDaiGoの母親との別れ

そんなリアルな過去自分史上の下克上を持つ彼は
メンタリストとして着実に成功を築いていくのですが
そこにはまだ若かっただろう母親との悲しい過去が
あります。

母は、彼が子供の頃から薬剤師をしており、DaiGoは
その影響で科学に興味を持ったそうです。

DaiGoが「将来、研究者になりたい」と夢を語ったら

母は「あなたが大発明したら鼻が高い」
と喜んでいたそう。

結局DaiGoはメンタリズムに関連する書籍に出会い
メンタリストになる道に進みましたが。

多忙を極め大学も休みがちになっていた頃
DaiGoは母親が引き出しに隠していた抗がん剤を
発見しました。

母は乳がんの再発を家族に隠していました。

DaiGoは相当ショックを受けたそうです。

自分の行末を心配してくれる母に
「テレビの仕事を辞めて、医学部に編入しようと思っているんだ」

と再び研究者への夢を目指す意志を
伝えたそうです。

2012年4月、収録直前のDaiGoに
父親から電話がありました。

母が意識不明に陥ったという報せでした。

彼はすぐには帰らず、収録に挑みます。

収録を終え急いで自宅に帰ると、まるでDaiGoの
帰りを待っていたかのように息を引き取ったそうです。

母親との約束が常に脳裏にあり、テレビで
パフォーマンスを披露する際に後ろめたい気がする。

拍手されるのが怖いと語っていたこともあります。

恐らく彼の現在の年齢を考えても、お母さん
かなりまだお若かったのではないでしょうか?

それに薬剤師だなんてかなり、かなり優秀なお母さま
で自慢の母親だったのでしょうね。

言ってみたら長年のイジメを払拭するきっかけも
母親を悪く言われた事にブチ切れた結果の行動でした。

やはり母親の力は偉大です!

Sponsored Link

おわりに

想定外の壮絶なイジメの過去を乗り越えた今現在はメンタリストとしてだけでなく、多方面で活躍されているDaiGoさんですが、これまでの人生を見ると、人生の転機となったのも母親ですし、誰にとっても母親は特別な存在ですが彼あにとっても又特別で素敵な母親だったのでしょうね。メンタリストにもなるべくしてなったのでは と感じます。今後は明らかに見る目が変わりそうと思いつつ益々の活躍を期待したいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 長嶋一茂アイキャッチー
  2. 佐々木健介アイキャッチ
  3. KABAちゃんアイキャッチー
  4. 松居一代アイキャッチ
  5. ヴァニラアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。