ジャガー横田生い立ち若い頃が壮絶!夫木下博勝との力関係に絶句

この記事は6分で読めます

ジャガー横田アイキャッチ

最近では息子や旦那である木下博勝氏とファミリー
総出の恐妻家としてお茶の間で人気だったジャガー横田。

今回明らかとなった旦那木下博勝氏のパワハラ問題
から現在の反論状態まで妻であるジャガー横田は
木下博勝氏を擁護する姿勢を見せています。

実際は彼女自身もそのパワハラの被害者と言われる
中でです。

今回はそんなジャガー横田の生い立ちや若い頃の
壮絶な過去と夫木下博勝氏との力関係までを追って
みようと思います。

Sponsored Link

ジャガー横田と夫木下博勝の出会いと現在まで

元プロレスラーで現在はタレントとしても
人気のジャガー横田さん。

夫の医師木下博勝さんとはおしどり夫婦で知られ、
気弱な夫と強い妻というコミカルなキャラが
世間では親しまれています。

現在は夫で医師の木下博勝さんの元准看護師への
暴言等パワハラ疑惑が連日報道され、心揺れる日々を
送っておられるであろうジャガー横田さんの生い立ちを
改めて追ってみようと思います。

元悪役女子プロだった過去から、いつもパワフルな
イメージが先行するジャガー横田さん。

現在は女子プロだった現役時代にリングドクターと
して医師の立場で彼女と知り合った夫の木下博勝氏
と知り合い衝撃的な組み合わせの結婚が話題となります。

親子
その後のテレビでの活躍は言うまでも無く二人の間には
かわいい息子さんも誕生し家族総出でユーチューブ初め
バラエティー番組で頻繁にその姿を見てお茶の間を沸かせて
いましたね。

元女子プロと現役医師で年下夫という立場から恐妻家を
演じてその力関係がテレビ的にも面白いとウケが良かった
ジャガーさんですが、ここにきて木下ファミリーの雲行きが
怪しくなってきているようです。

ハイ、今マスコミを賑わせている、いつもテレビで
見ていた夫木下博勝氏の強面オラオラパワハラ疑惑
浮上しています。

それも噂の領域を超える遥かにリアルな情報として
元木下博勝氏の助手として准看護師だった本人が
顔出し音声テープの公開まですると言う緊急事態が
只今発生中なのです。

予想をはるかに超えるパワハラと木下博勝氏の
テレビとはまるで違う人柄と物言いに多くのテレビ
ユーザーは絶句した人が多いのではないでしょうか。

ジャガー横田の生い立ち~

ところで、その前にまずは夫の伴侶として現役医師
の木下博勝氏のハートをゲットしたジャガー横田の
生い立ちを振り返ってみようと思います。

その生い立ちをみると、やはりと言うか成程と思う
壮絶な苦労人であったことがわかります。

東京生まれのジャガー横田さんの父親は電気関係で
生計を立てており母親は飲食店に勤める姉とジャガー
横田の4人家族だったそうです。

ただ、この当時の電気関係で生計を立てていた父は
育ての親でジャガー横田には実の父親の存在がある
をある時知る事になります。

ジャガー横田が母親から知らされた話によると
とび職をしていた実の父親栄一さんは仕事はするものの
酒を飲んでは暴れて母親に暴力を振るう父親に散々苦労
したそうです。

あまりの暴力ぶりに遂に離婚を切り出したものの
ノコギリを持ち出して母親に切りつけるなどの行為を
働き、結局母親は離婚に応じない父親の元を三女と
末っ子だったジャガー横田だけを連れて元夫栄一の
元を飛び出したそうです。

そうなんです。

彼女には生き別れた姉2人が存在していました。

元々家族は父母、姉3人、末っ子ジャガーの6人
家族だったのです。

まだ幼く年はもいかない年齢の三女とジャガーだけを
連れて家を出た後は母親の実家のある群馬県で過ごした
そうです。

恐らくは姉とジャガー横田は母の実家に預けられ母親は
単身赴任状態で東京の飲食店(居酒屋)で働き生計を
支えていたと言います。

当時、母は忙しく、なかなか会えない時期もあり思春期
にはとても寂しい思いをしたようです。

その後飲食店で知り合った後の育ての親となる電気関係
の仕事をする父親と母が再婚し姉妹4人一緒に東京で
暮らすことになります。

ただ哀しいのは、この実の父親と上二人の姉との生き別れ
となったジャガー横田の母子ですが、この母親との別れから
酒乱気味だった父親は豹変したように身体が弱り母親らが
家を出た5年後にはこの世から他界したそうです。

そして最も悲劇的なのが、実の父親の元に残され
ジャガー横田ら姉妹と生き別れ状態となった姉二人
のその後が、とても悲しい生い立ちを辿ったようです。

二人の姉は行き先をなくして何と別々の施設に
受け入れられてしまったとの事…

その事実を知った末っ子のジャガー横田さんは
何を想ったのでしょうね。

結局その後生き別れ状態となった姉と再会できたか
否かは定かではありませんが、思春期にこの衝撃事実
を知った事だけでもかなりのショックを受けたのでは
ないでしょうか。

Sponsored Link

ジャガー横田と義理父との絆

先ほど紹介したように実の父親の元を離れて
母親が生活の為に選んだ東京での居酒屋での
仕事。

その居酒屋で母親が出会ったのが、後のジャガー
らの育ての父親となる義理父吉晴さんでした。

所がその吉晴さんは当時20歳の青年で母親との
年齢差は11歳年下とかなり歳の差のあるカップルです。

とは言え最初は同棲生活からジャガーら母子との
生活を始めた吉晴さんは、若くてもとても誠実で
優しい青年だったそうです。

でも当時物心がついてきたジャガー横田には
実父の死と自分の父親で無い事実を知って既に
年頃だった彼女はかなり血のつながりが無い事に
違和感や抵抗を感じていたそうです。

そんな中の吉晴さんとジャガー横田氏の母との
正式な婚姻手続きが完了して二人は晴れて夫婦と
なります。

当然それまで母親姓の瀬沼から吉晴さんの姓
横田に変わった事で彼女は学校でイジメに
あった
そうです。

それを知った吉晴さんが取った行動が校長室に
乗り込んで

『うちの娘がイジメられている』と校長に宣言。

この宣言に校長も
『いじめだなんて無い。イジメの現場を見たわけではないでしょ?』
と言って応戦したそうです。

それでも吉晴さんは引かずに、こういったそうです。

『イジメられているところなんて見て無くても分かる。私は利美(本名)の父親ですから』

こう言い放って引かなかったというのです。

この一見以来、血のつながりが無い事に
違和感を感じていたジャガー横田さんは
育ての親である吉晴さんの事を本当の親子
として受け入れる事が出来るようになったと
言われていました。

そんな学校生活の中、部活は卓球部だった
ようで推薦入学が決まるほどの実力でしたが
経済的負担を理由に女子レスラーへの道を
選択しています。

きっと父親吉晴さんの負担を少しでも軽く
したかったのではないでしょうか。

その後の活躍は言うまでも無く、女子プロレスラー
界全盛期に悪役レスラーとして一時代を築き
その世界でレスラーと医師という玉の輿婚を
見事成就させたジャガー横田。

結婚後も子宮筋腫を克服し、第一子を
体外受精で授かることとなり高齢出産を
物ともせず困難を乗り越えています。

このような若い頃の苦労が見えないほど、今は
家庭的で愛情あふれるお母さんとして立派に
尽くす姿が多く見られお茶の間でもジャガー人気
がタレントとして認知されてきたのでしょう。

ジャガー横田と夫木下博勝の恐妻家はテレビ用?

だからこそのテレビで見せるジャガー一家の
恐妻かは確実にテレビ用だったという事実に
世間はセンセーショナルに報道するのですが…

ジャガー横田

ジャガー横田さんのプロレスラーの前歴や
凄みのある目つきと対照的に、気弱で頼りない
恐妻家を演じている夫の木下博勝さん。

実はこのキャラ設定はテレビ用ではという
憶測が多く見られます。

実際のジャガー横田さんは、子供の教育にも
熱心で良き母、良き医師の奥さんとして尽くす
様子が伝えられています。

25歳でプロレスを引退しましたが、弟子にも
親身になって指導しとても優しい人という評判です。

反対に夫の木下博勝さんの評判はテレビで見せる姿
の、気弱な優しいイメージとは違って以前あった
愛人騒動や、現在の看護師へのパワハラ疑惑の数々。

極めつけは、今回のパワハラ疑惑も疑惑処か近所では
今回の報道に誰も驚いていないとの報道が相次いでいる
のです。

ようするに近隣住民は既にその仮面の下の木下博勝
の本性を地元で何度も見ていたとのこと…

自由奔放な言動が昔から見えていたようで、
亭主関白であったのではと言われています。

ジャガー横田と夫木下博勝の力関係が絶句!

ジャガー横田さんと夫木下博勝さんの力関係
は周囲にもわかるほど絶句の内容だったようです。

ジャガーさんの夫木下さんは周囲の医療スタッフ
への暴言や暴力が日常的にあり、「医者が一番偉い」
という考えを前面に出していたことは誰もが知って
いたといいます。(12月21日livedoor NEWS)

東大大学院を出て様々なメディアにも引っ張り
だこの方ですからプライドも高いのでしょう。

ジャガー横田さん同席の時にも、彼女を激しく
叱責したり、お金の請求に執着する態度が強く
出るなどワンマンな様子がうかがえるのが日常的で
あったようです。

木下さんがいない時、ジャガーさんが

『学もなく家事も出来ず収入も多くはないから木下さんに養ってもらってるのだ。』

と漏らしたことがあるといいます。

またありし日のジャガー横田家の一家の生活の様子を
テレビで放送した映像は夫である木下博勝氏の為に
全ての魚の骨を取り除くジャガー横田の健気な姿が
移され、恐妻家は、テレビ用の一家のブランディング
なのでは?と思ったと評しているコメンテイターも
居た程だそうです。

確かに幾らなんでも魚の骨を全て取り除いて
差し出さないと食べてくれない?
との嫁の言い分は
幼い子供なら理解はできても正直夫となると違和感
や夫婦間の力関係を疑わずにはいられません。

常日頃から妻のジャガー横田さんは普段の生活の
中でもそうしたコンプレックスを感じ、夫のパワハラ
で押さえつけられていたのではないか?と思えて
仕方がありません。

Sponsored Link

おわりに

元プロレスラーと若手医師という注目の結婚と熱心な子育てで注目されたジャガー横田・木下博勝夫妻ですが、ジャガーさんの生い立ちや若い頃は壮絶な苦労があり、子を授かったジャガーさんにとってはようやくつかんだ幸せでした。
強いジャガーさんと恐妻家の木下さんというのはテレビ用のキャラ設定にすぎず、本当は双方の力関係は真逆で木下さんの亭主関白だったようです。
夫婦あってのタレント活動、子育てで、思春期の子供と向き合う大事な奮起の時でもありますから、出来ることなら譲り合って対等な夫婦関係修復に向かわれることを期待します。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 山口もえアイキャッチ
  2. デヴィ夫人アイキャッチ
  3. 黒柳徹子アイキャッチ
  4. 長嶋一茂アイキャッチー
  5. 橋下徹アイキャッチ
  6. ヴァニラアイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。