KABAちゃんの生い立ち~母が超奔放の強烈家庭と現在の名前は?

この記事は3分で読めます

KABAちゃんアイキャッチー

性同一性障害と真向から向き合い女性化を着実に
勧めて現在では完全なる女と変身したタレントで
あり振付師でもあるKABAちゃん。

だがここまで来た彼女の生い立ちは決して平坦では
なかった。

破天荒な母親のお陰で強烈な家庭環境だった彼女の
過去と現在の戒名した名前も追ってみよう。




Sponsored Link

KABAちゃんプロフィール

芸名  KABA.ちゃん
本名  椛島永次(かばしま えいじ)
生年月日 1969年6月19日(47歳)
出身地  福岡県福岡市博多区
身長   172㎝
血液型  A型

KABAちゃんの生い立ち~

両親と姉と兄と弟の6人家族だったはずのKABAちゃん。

両親の仲が結婚当初から喧嘩続きだった両親は
そのたびに母親の家出となっては親戚のおじさんの
仲裁で寄りを戻すなどの繰り返しが続いたそうです。

生い立ち
出典:http://www.oricon.co.jp/news/84248/photo/6/

そんな感じで家庭が不安定だったからか長女であった
姉はKABAちゃんらが幼少期には親戚の家に養子に出されて
いたそうです。

実の姉であるのにかかわらず、親戚のお姉さんとして
紹介され接していたとこの事。

この事をかなり大人になってから知った彼は驚愕した
と話しています。

KABAちゃんの母親が自己中過ぎ

父親との喧嘩が絶えなかった事も一つの要因ですが
KABAちゃんの母親事体もかなりのくせ者。汗

子供ら曰く相当な不倫体質だったとか・・・
母親
出典:http://susumu2009.xsrv.jp/?p=1275

やっぱり男好きなんでしょうね・・・
不倫体質の方に限り美人かと聞かれるとほぼ当てはまらない
気がします・・・

男を作っては不倫して何度も家を空ける。
当然帰宅したら父と激しい喧嘩となる。

そこで又イヤになって相手を見つける。
不倫となりまた家出する・・・みたいな
とても少数派の自己中で奔放な母親だったそうです。

でもある日、ど真ん中だったのかそんな母が
ついに家族の元から本格的に帰らなくなってしまいます。

そんな母親を持ったKABAちゃんは父親さえも実の
父親ではないのでは?と真剣に思っていた程だった
そうです。

大丈夫だったらしいですが、彼に名前を付けてくれた
叔父さんが実の父親では?と疑惑を持っていたそうです。

恐いお母さんですね。母
出典:http://gozzip.jp/7944/

姉ちゃんに似てますね~笑

何時の時代にも見えますが本気で怖いです。

そんな母親に似たのか兄が現在行方不明
弟は福岡の中州で飲食店関係を5店舗経営
されてるようです。

今となっては養子に出した姉も母親とテレビ出演
したりなど母親も23年ぶりに父の老後を心配して
家に帰ってきたそうで
、今のことろ一件落着って
感じで樺山家も落ち着いているようです。

しかし老後が心配で23ねんぶりに帰宅って・・・
自分の老後でしょうね、きっと・・・

許した父親も凄すぎます。汗




Sponsored Link

KABAちゃんの現在の名前は?

そんな特殊な家庭環境に育ちながら自らの望む
道を模索して立派に芸人としても活躍するKABAちゃん
は長年の夢を着実にその手に収めます。
現在
出典:https://laughy.jp/1436867752276182106

なかなか魅力的な女性でしょ~素敵ですね。

性同一性障害と真向から向き合い去年無事女性化
の手術も受けてお顔もどんどんキレイになった今
最後に変えたのが、名前ですね。

元々の永次は叔父さんが付けた名前だったので
今度こそ新たな人生を歩むつもりで両親に名前を
付けてもらいました。

その現在の名が椛島一華(いちか)です。

素敵な名前で人生の再スタートを思うままに謳歌して欲しいですね。

おわりに

KABAちゃんの自由奔放過ぎる母親には本当にビックリですが、同時にそんなめちゃくちゃな家庭環境でも、あそこまで努力して自らの夢を掴んでマイノリティーの苦しみも乗り越えた彼女は本と立派です。誰のせいでもない。人生は自分で切り開く。そう改めて思わせてくれる生い立ちでしたね。これからもますます綺麗になって活躍して欲しいですね。




Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 乙葉アイキャッチ
  2. 神田うのアイキャッチ
  3. 坂上忍アイキャッチー
  4. アンミカアキャッチ
  5. リリコ
  6. 羽賀研二アイキャッチ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。