五嶋龍が結婚した松尾由起子とは何者?母の節と父の馴れ初めも衝撃

この記事は5分で読めます

五嶋龍アイキャッチ

現在30歳でありながらヴァイオリニストとしての
キャリアは20年超えの天才音楽家五嶋龍。

母の五嶋 節、異父姉の五嶋みどりもヴァイオリニスト
として第一線で認められる音楽家として活躍。

また、父も元ヴァイオリニストを目指していた
過去を持つ、まさにヴァイオリン一家で育ってきた
五嶋龍に、最近結婚の噂が浮上しました。

現在もアメリカNYを拠点にして世界的に活躍する
ヴァイオリニストとして、その華麗なヴァイオリニスト
一家として以上にイケメンで高身長の彼は世界の注目の
的でもあります。

そんな彼の気になる、お相手はソプラノ歌手の
松尾由起子と言われていますが一体なぜ?

本当に結婚したのか?その真相とドラマティックな
両親の馴れ初めも紹介したいと思います。

Sponsored Link

五嶋龍が松尾由起子と結婚していた?

まずは五嶋龍のプロフィールです。

名前:五嶋 龍(ごとう りゅう)
ミドルネーム:ブライアン
生年月日:1988年7月13日(30歳)18年11月現
出身:アメリカ・ニューヨーク
職業:ヴァイオリニスト
学歴:ニューヨークトリニティ高等学校、ハーバード大学物理学科卒業
趣味:空手、ギター、鉄道

アメリカ・ニューヨーク出身で、3歳の頃から
ヴァイオリンを始め7歳の時、札幌市にて
「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」
でパガニーニの難曲「ヴァイオリン協奏曲第1番」
でコンサートデビューしています。

その後、ソリストとして国内だけにとどまらず
ワシントン・ナショナル交響楽団、ロンドン
フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン交響楽団
フィルハーモニア管弦楽団、トスカニーニ交響楽団
オルフェウス室内管弦楽団、バンベルク交響楽団
上海交響楽団、中国フィルハーモニー管弦楽団など
世界各地のオーケストラと共演しています。

小さい頃から世界的な音楽家たちと共演し、世界に
認められる天才ヴァイオリニストとして現在も
活躍しています。

さらに、母方の祖父が空手の師範代だったこともあり
空手も三段の腕を持ち、こちらも7歳から始めていて
ヴァイオリニストらしからぬ肉体美も持ち合わせています。

そんな五嶋龍が2017年3月、「題名のない音楽会」
の司会者を降板したのは記憶に新しいですが
ネット上では結婚の噂が囁かれています。

そのお相手は、ソプラノ歌手の松尾由起子では
ないかと言われています。

3歳の頃からヴァイオリン漬けで、トップ
ヴァイオリニストの五嶋龍も30歳、確かに
結婚しててもおかしくない年齢です。

ハーバード大学卒業、イケメン長身、世界的な
ヴァイオリニストという完璧過ぎる経歴ですから
結婚の噂は絶えません。

しかし、調べてみたところ結婚の情報が出てきません。

なぜ結婚相手にソプラノ歌手の松尾由起子が
挙がるのでしょう?

五嶋龍の嫁松尾由起子とは何者で馴れ初めも

調べてみたところ、ネットで噂が入り乱れたが
故に勝手に拡散された情報でデマでした。

なぜこんな噂が流れたかというと、それは五嶋龍が
かつて「題名のない音楽会」に出演していたことが
きっかけでした。

松尾由起子
2015年から司会者に抜擢されたのですが、同番組で
アシスタントを務めていたのがテレビ朝日系の女子アナ
松尾由美子でした。

この松尾由美子との関係が噂に発展した結果
これがねじれて最終的に松尾由起子との結婚が
噂されるようになったみたいです。

松尾由美子
松尾由起子

かなり似ていますね。

一字違いで、口に出しても間違えそうな名前です。

松尾由美子が松尾由起子になったのも、松尾由起子が
ソプラノ歌手という事も関係しているでしょう。

お相手がソプラノ歌手であればヴァイオリニストと
接点がどこかであったのでは?と考えられます。

実際にこのふたりが一緒に仕事をしたという
情報もなく、結婚情報はガセということで
間違いないでしょう。

アメリカ育ちということもあり、ガールフレンドの
ひとりやふたりいそうですが、実際のところは
わかりません。

五嶋龍は公式サイトのQ&Aで、

将来親になったらヴァイオリンを勧めると思います。もし子どもが興味を持っていたら、僕の知っていることは全部教えます。
「子どもがイヤと言ったら」の件は、うーん、、、「泣くと止められる」と思うようになるのは良くないので、泣いたからといってどうこうすることは無いと思います。

とぼんやりとですが結婚後について語っています。

いつかはお相手が現れるのでしょうがどんな
相手か楽しみですね。

どんな女性が五嶋龍の💛をゲットするのか見物です。

Sponsored Link

五嶋龍の母と父の馴れ初めも衝撃

天才ヴァイオリニスト五嶋龍の、母親の
五嶋節(ごとう せつ)と、父親の金城摩承
(かねしろ まこと)
の馴れ初めもかなり
衝撃的なものでした。

ちなみに母親の五嶋節もヴァイオリニスト
父親はセガのアメリカ法人の副社長などを
歴任した人物です。

五嶋みどり
五嶋龍の姉、五嶋みどりとは父親が違い
五嶋みどりの父親は五嶋節の前夫になります。

この前夫とは、後藤節が、あまりに音楽に没頭
する姿を見て見兼ねて、強引に見合いを勧められ
1970年に結婚しました。

五嶋みどりは翌年に産まれています。

だが既に有り余る才能を備えていた母節は3歳で娘の
みどりにヴァイオリンの手ほどきをするも、その娘の
才能にこのままではダメだ。と心機一転。

”この才能を最大限に伸ばす為にはここではダメだ”

そんな閃きで彼女は娘との渡米を決意する。

当然家族は大反対!

それでも、娘の才能に気が付いてしまった母節は
家族の反対を押し切り、今度は娘である五嶋みどりを
世界的なヴァイオリニストに育て上げるために1982年
母子でニューヨークへ渡り、「ジュリアード音楽院」
へ留学させます。

そこで名ヴァイオリン教師、ドロシー・ディレイの
元に娘を預けます。

この時に、ドロシー・ディレイのアシスタントを
務めていた金城摩承に出会います。

出会った頃の金城摩承は、ジュリアード音楽院に
留学していた日本人の女性と付き合っていて、後に
その女性と結婚しています。

五嶋節はこの女性とも知り合いだったので、ふたりの
結婚式に参加しています。

その後、五嶋みどりのレッスンで顔を合わせることが
多かったこともあり、ふたりはどんどん惹かれていき
不倫関係に発展します。

金城摩承はどうしても五嶋節と結婚したくて、妻に
別れを切り出します。

妻は、離婚の条件として金城摩承に音楽活動を
一切辞めることを要求したと言います。

それでも彼はその妻の条件を全て飲んで離婚を選びます。

6歳の頃からヴァイオリニストの夢を追っている彼が
簡単にヴァイオリンを捨てられるはずはないと思い
この条件を出したのでしょう。

そして離婚が成立し、ふたりは結婚します。

このふたりの間に産まれたのが五嶋龍です。

父親が金城なのに五嶋龍の姓が金城でないのは
結婚前に産まれたからとも言われています。

異父姉弟である五嶋龍と五嶋みどりの年の差は
17歳とかなり開いてます。

なかなか複雑な家庭環境ですが、ヴァイオリンが
ふたりを巡り合わせたのだと思うと、五嶋龍が
天才ヴァイオリニストと称されるのも必然なような
気がします。

表面的な見た目では分からないヴァイオリンと言う繊細
な楽器を愛する芸術家のパッションを感じる両親の
エピソードですよね。

そして愛の結晶である五嶋龍のなんとも色気のある
ビジュアルも、またそんな両親の馴れ初めを彷彿
させる魅力を持ち合わせた青年であるところが不思議です。

Sponsored Link

おわりに

天才ヴァイオリニスト五嶋龍に結婚の事実も噂も無いことがわかりましたが、今後はやはり音楽と関係のある女性と結婚するのでしょうか?
仕事で世界を回ることも多く、忙しそうですがもしかしたら海外の女性と結婚するかもしれませんね。
ご両親の複雑な出会いも興味深かったですが、このご両親がいたからこそ、世界的なヴァイオリニストへの道が作られたのではないかと思います。
今後も日本、世界で活躍してほしいです。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。